スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フグの美味しさとは何か

親しい友人と、先日フグコースを食べに行って来ました。

フグを出すにはフグ免許が必要ですし、食材そのものがそもそも高価です。

しかしながら、フグ(を含めた白身魚)は日本人以外には中々理解されがたい食材でもあります。

同じ日本人でさえ、あれはポン酢の味しかしない!なんて悲しいことを言う人が居る位です。。

でも、フグの美味しさって何だろう??とあらためて考えましたので自論を紹介させて頂きます。


フグの美味しさを、ピアノの音階に例えるならばフグそのものの味は単音です。

その心地よい単音に、薬味やポン酢やお酒といった他の音が加わって和音となるのです。

フグを締めてからの熟成時間にもよりますが、日本食以外の食べ物のように積極的に食べ物が味を主張してくると言うよりは、その淡い味に人の味覚が波長を合わせて共鳴することによって初めて味わいが増すと言うことだと思います。

その後に、フグ唐やフグ鍋を味わい、徐々に味わいに対する緊張感をほぐしていくことによって、最後は〆の雑炊をほっこりと頂けるところに和食としてのわびさびがあるのではないでしょうか。

世の中の料理は分かりやすいものと、味覚を研ぎ澄まして自分から味を探しにいくものとに大別できると私は思っています。
割烹クラスからの和食は後者を含んでいることにより料理そのもの以外に、食べる側に気持ちの緩急を持たせるところが美徳だと感じます。

だから本来の意味での和食というのはそのまま外国に持ち込んでも売れないんでしょうね。
だって外国の料理は前者にしか属さないと私は思いますもの。逆にラーメン等はこちらに属するので外国人にも受けるのだと思います。

そんなことを考えながら、いざ行って参りました。

『かじゅある割烹』という料理本で知った、西新宿の「板前心 菊うら」さんです。
月替わりのコースがメインでアラカルトもありますが、今回頂いたフグコースは今月いっぱい、2日前までの要予約となっています。

ふぐだけのコースかと思っていたら…

お通し
IMG_4322.jpg

イイダコとネギの酢味噌和え

前菜盛り合わせまで!
IMG_4333.jpg

右下から時計周りに、フグのにこごり、ホタルイカのマリネ、ふきの梅煮(これがまた美味でした!)、クリームチーズと酒盗、雲子ポン酢です。この一枚だけでお酒が4合は飲めてしまいますが、フグが控えているのでおさえめにして、定番のクリームチーズと酒盗はお皿からよけておき、ちまちまと料理と料理の間に酒のアテとして食べるのがおすすめです。

てっさ!
IMG_4337.jpg

ふぐ唐
IMG_4343.jpg

ふぐ鍋
IMG_4344.jpg

肉厚なシイタケは青森産だとか、美味しかった。

IMG_4346.jpg

しゃぶしゃぶ用のフグ
IMG_4347.jpg

お雑炊は、厨房で作って頂きました。
IMG_4348.jpg

淡い味で、食べ終わる頃にちょうど良い味付けです。流石、良くわかっていらっしゃる。。

デザート
IMG_4352.jpg

ふぐのひれ酒もたくさん頂いて、友人と2人とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
平日にもかかわらず、予約で満席というのが実力や人気の高さを感じさせますね!

お御馳走様でした!


~和食居酒屋「おんの字」の元店主がたまに綴るブログ~

☆熊本市中央に位置する手取本町和食居酒屋「おんの字」は、職人仕事をリーズナブルにより身近に感じていただけるようご提案する和食居酒屋です。鮮度や温度管理、注ぎ方にまでこだわった生ビール、日本酒やワイン、季節の和食、居酒屋メニューまで御座います。コース料理や飲み放題、お酒のお持ち込み等何でもご相談下さい。

ご相談、ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい↓
スポンサーサイト

高級寿司店に食べに行く機会がありました

つい先日、お台場にあるホテルの寿司カウンターに研修で食べに行って来ました。

IMG_4447.jpg

元々が日航ホテルだったこともあり、地元熊本の日航ホテルにある寿司カウンターの様に庭が見える造りとなっています。

青梗菜のお浸し、ガリやお漬物です
IMG_4453.jpg

糸がき鰹節が繊細ですね。

クエです
IMG_4455.jpg

クエを喰え…ってダジャレが出そう。。

かすご
IMG_4456.jpg

赤身の漬け
IMG_4459.jpg

ぶりの15分の漬け
IMG_4463.jpg

白魚です
IMG_4465.jpg

お寿司で季節感というのは、和食程には出せないものの、こちらの白魚は桜の葉の香りを移してありました!勉強になる。

サバの藁焼き
IMG_4468.jpg

鰹の藁焼きは高知あたりではメジャーなところだと思いますが、サバを藁焼きにすると鰹節の様な風味が生まれてます!
青魚の血合いをうま味に変えるのが藁焼きなので、これは納得。

蟹肉
IMG_4469.jpg

私は、これが一番好きでした。単純に蟹が好きなのもありますが、やはり蒸した蟹はポン酢につけるというところから考えても酢飯に合うのは理に適ってます。

ノドグロの炙り
IMG_4460.jpg

去年、石川県でも食べましたがノドグロは安定した美味しさです。

平目の昆布〆
IMG_4476.jpg

煮穴子
IMG_4478.jpg

柚子の削ったものを軽くかませてあります。

トロ
IMG_4472.jpg

かんぴょう
IMG_4481.jpg

かんわさ、と言って干瓢と山葵の組み合わせ。
私、かんわさ大好きなのでこれは嬉しい。

赤だし
IMG_4473.jpg

デザート
IMG_4484.jpg

大きなホテルなので、やはり調度品も良い感じですし、花活けもちゃんとしてあって良いなぁと感じますね。
真空調理機なんかも設備が揃っているはずですし、色々な事が出来て楽しそうです。

今回は、同期や講師の先生と8人で伺いました。
板前さん方に色々と質問をさせて頂く事も出来て、非常に有意義な2時間半でした。
夜行けばおこのみでやはり3万円程はかかるということですので、私個人としては行くお店ではありませんが、お昼のこういったお決まりものなんかであればたまに勉強と思って食べに行っても良いかなという感想です。

どうしても和食の仕込みに比べると寿司の仕込みというのは種類が少ないと思いますし、寿司はネタの原価が大きいところはあるとは思いますがもし仮に1万円の寿司か割烹かと聞かれれば私はやはり割烹を選んでしまうと思います。

個人店でもしするのであれば、割烹と寿司の良いところを上手く組み合わせていけたらな…というのが私の理想です。

IMG_4486.jpg

勿論、大きなホテルですので和食も鉄板焼きも、天麩羅カウンターも寿司カウンターも同居していますからお金のあるお客様からすれば寿司は寿司カウンターで充分、和食は和食の食事処で充分となるのでホテルと町場では色々と考え方も違いますね。

とにかく、勉強になりました。


~和食居酒屋「おんの字」の元店主がたまに綴るブログ~

☆熊本市中央に位置する手取本町和食居酒屋「おんの字」は、職人仕事をリーズナブルにより身近に感じていただけるようご提案する和食居酒屋です。鮮度や温度管理、注ぎ方にまでこだわった生ビール、日本酒やワイン、季節の和食、居酒屋メニューまで御座います。コース料理や飲み放題、お酒のお持ち込み等何でもご相談下さい。

ご相談、ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい↓

鳥佐野@西新宿

西新宿にある老舗の鳥料理屋へ行ってきました。

創業49年目という事ですが、旦那さんは数年前に他界されて今は女将さん御一人で営業をされています。

寿司を勉強している同期と2人で食べに行きましたが、ここの名物はつくねと鳥刺しです。

つくね
IMG_3920.jpg

鳥のささみの刺身
IMG_3922.jpg

全体的にシンプルな味付けのものばかりで素材感が生きています。
鳥のささみはこんなに大きく切ったものは初めて!ネットリとしていてまるでマグロです!

国内の多くの寿司屋と同じく、後継ぎの問題であと何年できるかなと寂しいことをおっしゃっていましたが、我々が帰るころにはお店も満席になって伊達に49年もやっていないなぁ…と感心させられたところでした。

ねぎま
IMG_3923.jpg

唐揚げ
IMG_3926.jpg

軟骨
IMG_3930.jpg

唐揚げに至っては、半身を骨ごと叩いて味付けは塩のみ!という潔いまでのシンプル!…なのに何故かとても奥深く滋味深い味わいでした。

足りないものには、足す。
余計なものは、削ぐ。
程好いものには、余計なことをしない。

日本料理のシンプルさは、素材に敬意を払うことにあると思います。

こういったお店は、いつまでもなくならないで欲しいノスタルジーですね。


~和食居酒屋「おんの字」の元店主がたまに綴るブログ~

☆熊本市中央に位置する手取本町和食居酒屋「おんの字」は、職人仕事をリーズナブルにより身近に感じていただけるようご提案する和食居酒屋です。鮮度や温度管理、注ぎ方にまでこだわった生ビール、日本酒やワイン、季節の和食、居酒屋メニューまで御座います。コース料理や飲み放題、お酒のお持ち込み等何でもご相談下さい。

ご相談、ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい↓

2月21日

いやいや、最近また更新が滞りがちになるところでしたよ(^^;)

国会中継のラジオでやっておりましたが、日本の米が上海や北京で現地のお米の何倍もの値段でも飛ぶように売れる中、何で減反政策なんかするんでしょうねぇ??

某将軍様の国への支援だって、現金じゃなくてお米にすればいいのに…。


さてさて、21日と22日の連休は阿蘇と宮崎まで行って参りました。

今回のブログは、21日のことを。

昼過ぎに準備をして、阿蘇方面までドライブです。

以前も書きました、お知り合いから鍵をあずかっている阿蘇の別荘地へ行ってきたところ
IMGP0664.jpg

何と、残雪がありました!

この日は熊本市内で日中14度位ありましたが、さすが阿蘇です。


それから大観峰へ…
IMGP0675.jpg

う~む
IMGP0686.jpg

まさしく熊本のグランド・キャニオンやぁ~(本物には行った事ないですが)


聞こえてくるのは風の音ばかり
IMGP0689.jpg

新鮮な空気がデトックスな雰囲気です。


それから下道で運転していくこと、およそ4時間。

宮崎市内に着く頃には既に21時を回っておりました。

大学時代の親友を呼び出し、まずは「あんばい」へ
IMGP0696.jpg

宮崎でドラフト・ギネスを飲める稀有なお店です!

地鶏刺し4点盛り
IMGP0697.jpg

そういえば、鶏インフルエンザなんですが宮崎までの往路に何箇所か消毒ポイントがありました。

しかし、消毒ポイントはトラック等の車両のみが入っていく様子でして、私共も止められましたがそのまま通過の指示が出てました。

親友曰く、口蹄疫の時は全車両に消毒が課せられたそうなのですが…。

こちらは、牛のレバー刺し
IMGP0700.jpg

熊本では、当店でも人気の馬レバー刺しが有名なところですが実は馬のレバー刺しは初めてでして。

馬よりも若干あとのほうが血なまぐさく感じましたが、これはこれでありかも。

食べ方は馬レバーと同じで、胡麻油に塩を加えたタレをつけます。

食感は馬レバーのゴリゴリした感じとは違い、柔らかめ。

山芋茶碗蒸し穴子のっけ
IMGP0703.jpg

多分、山芋をすりおろして出汁や調味料でのばして蒸したものに餡をかけてあった様子です。

これは、美味しかった!


そして、2軒目へ。

地鶏もも焼きの銘店「嵐坊」
IMGP0706.jpg

炭火でバリッと焼いてるお兄さん方は何故か皆スキンヘッド!

地鶏もも一枚焼き
IMGP0708.jpg

これを鋏で切ってとりわけます…。

炭火の香りと言い、焼き加減のレア加減といい、絶妙!!

熊本にも宮崎地鶏のもも焼きの店がありますが、良い悪いではなしにとにかく全然違います。

「嵐坊」は、親友曰く「ここより美味しいもも焼きにまだ出会えていない」という事で、私も宮崎地鶏のもも焼きならばここをおすすめしておきます!!

大根サラダ
IMGP0709.jpg

せせり南蛮
IMGP0710.jpg

うちの店でも偶然せせり南蛮(鶏首肉のチキン南蛮)を出してますが、ここのも美味しかった。

南蛮酢に、キャベツは合いますよね。

思わず感心してしまったのが、この包丁ケース(?)
IMGP0711.jpg

雑誌をガムテープでぐるぐる巻きにしてあります(笑)

確かに、鋼の包丁は使わない時は油紙か、なければ新聞紙にくるむので理にかなっている!

3人で生ジョッキ3杯に、もも焼き、大根サラダ、せせり南蛮、おにぎり3個で4千円と良心価格。


続いて向かった3件目は、「CORNER」です。

アーケードの角に佇む、こじゃれたフード&バー。

気になっていたアサヒスーパードライのエクストラコールドがあるではないですか
IMGP0713.jpg

グラスも氷水で冷やしてあって、氷点下の味わいということでしたが、いまいちよくわからなかったものの雰囲気だけで大満足(^^)

ちなみにサーバーには本物の霜がついてます!

こんな感じの
IMGP0717.jpg

店内1Fです
IMGP0719.jpg

ちなみに2Fもあります。

今回はいきつきませんでしたが、ベルビュ・クリークのドラフトも置いてありました。

意外とあなどれない、こじゃれた粋な店が多い宮崎県。

熊本とはまた違う雰囲気です
IMGP0721.jpg

なぜか店頭には、宮崎産の大根と白菜が格安でおいてありました。

ついつい、1個ずつ買ってホテルへ帰りましたけど(笑)

野菜だけでなく食品の値段が高騰しているこのご時勢に、大根1本80円なんて!


レタス巻き発祥のお店「一平」にも行きましたが、今回はシャリがきれた後という事で縁がなく…しかし、プロ野球のキャンプに配達をしているみたいな情報を入手しました。


ホテルに戻ったのが深夜を過ぎておりましたが…翌朝6時過ぎに起床でした。

22日の事はまた次のブログにでも。


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※暫くの間、午後3~5時の営業につきましてはお客様のご予約がある時のみとさせて頂いております。

次回、店休日は未定です。

ご予約の入っていない日を店休日にあてておりますので、是非ご予約のお電話をお願いいたします。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)


↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

京都へ行って来ました

1月31日と2月1日と、久しぶりの連休。

大学1年生の時以来、約10年ぶりに京都まで行って来ました。

目的は、京都国立博物館で行われている『筆墨精神~中国書画の世界~』を見て来る事でした。

31日は18時台のJR→新幹線の乗り継ぎで京都駅に着いたのが23時頃、せっかくなので行ってみたいと思っていたお店もあったのですが、事前のリサーチでは23時にはどこもしまってしまう様子でしたのでとりあえずホテルにチェックインしてブラブラと歩いてみました。

すると…
IMGP0424.jpg

偶然ながら行ってみたかったかの「技櫓技櫓」の前を通ったり。

またしばらく歩くとちょいと気になった店構えの「雪月花」という割烹があったり
IMGP0426.jpg

「雪月花」と言えば、空間の使い方が面白いからと熊本の美人バーテンダーから同じ名前のバーを教えてもらっていたのですが、こちらは月曜日定休でしかもこちらの割烹とは関係のない様子でした。

で…

また歩いておりましたらこんな店構えが
IMGP0428.jpg

わぁぁ…

気になります。。

古い町家を改造したイタリアンのお店ですって、夜1時ラストオーダーとのことで早速中へ(ドキドキ)
IMGP0434.jpg

一枚板のカウンター、窓からは鴨川を望みます。

お通し
IMGP0433.jpg

ピクルス、生ハム、ミモレットチーズ。

シャンパーニュを注文
IMGP0437.jpg

ボトルで、久しぶりのテタンジェです。

注文した料理が出てくるまで、寒かったですが川床へ出させてもらって鴨川をパシャリ
IMGP0439.jpg

川床からお店のほうをパシャ
IMGP0440.jpg

左に写るお座敷やら、2階席まであります。

襖には、かの『ちびまるこちゃん』の作家がご来店の際にまることおじぃちゃんの画付サインが!

カウンターの中にはソムリエがいて、話を聞けばもともと会員制の倶楽部だったそうです。

3年程前から一般に開放して、今はイタリアンを提供しているのだとか。

しかし…ご他聞にもれず、寒い月曜日というせいもあるのでしょうがお客様は少ない様子でした。

もともと、このお店がある通りというのは地元の人もよっぽど目的がなければ通らない通りという話もありましたけれども(たん熊などの高級料亭が立ち並んでおりましたし…)。

さて、バーニャカウダーです
IMGP0441.jpg

イタリアンならイタリアンらしくフォークとスプーンで来るのがとてもポイント高い!

これは好みの問題かもしれませんが、せっかくソムリエまでいるのにここでお箸なんて出てきた日には興醒めもいいところです!!

続いては、トリッパの煮込み
IMGP0443.jpg

牛の4つある胃袋の内で第2胃袋“ハチノス”と呼ばれている部位の煮込みです。

ワインビネガーを使って下茹ですることで、臭みを消してから調理をします。

なかなか美味しいです!

蝦夷鹿のロースト
IMGP0446.jpg

ソースはブルーチーズも使ってあります。

柔らかい蝦夷鹿のロースト、ワインがすすみました。

空間の使い方が、ゆったりしてはんなりして、熊本にはこういった感じのお店はなかなかないので勉強になりました。




翌日、2月1日。

朝はホテルのバイキングでお粥を。

それから目的の京都国立博物館へ行って来ました(^^)

書画に関心のある方には本当に、是非おすすめしておきますとだけここではコメントしておきますね。


お昼ごはんは、前夜のソムリエさんから教えてもらった「わらじや」という鰻茶漬けのお店へ行ったのですが
IMGP0456.jpg

あいにくの店休日。

京都は火曜日定休のお店が多いのかな??

それで、ぶらぶらと歩いて蕎麦屋へ。

まずはビール
IMGP0459.jpg

左の蕎麦茶ですが、何だかチキンラーメンみたいな不思議な香りがしてました(美味しかったけど)。

名物にしんそばと鯖鮨のセットを
IMGP0461.jpg

にしんは大分甘く炊いてありました、十割蕎麦なのでとても美味しい!

鯖鮨のほうは、シャリが固くなってて今ひとつ残念。

せっかくなのでざるも1枚
IMGP0462.jpg

…食べ過ぎました。

それから、三十三間堂をまわり、清水寺まで歩いて参拝。

IMGP0471.jpg

清水の舞台
IMGP0473.jpg

わぁぁ…。

有難いお水を
IMGP0478.jpg

200円を出すと、お土産として持って帰ることのできる梵字の入ったカップをもらえます。

それからまた歩いて下っていきますと、情緒溢れる町並みが。

先の蕎麦屋で使ってた七味唐辛子が美味しかったので、同じのを作ってるお店を探し当ててお土産に買いました(^^)

それと、大好きなふきのとうの漬物を個人的なお土産に購入です。


さてさて…
IMGP0486.jpg

あっという間に帰りの新幹線の時間になり、短いながら充実した旅となりました。

次回、機会がある時は今回いけなかったお店やらまたリサーチして巡ってみたいものです。

なんせ、今回行く事を決めたのは1月28日でしたからね(^^;)


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※暫くの間、午後3~5時の営業につきましてはお客様のご予約がある時のみとさせて頂いております。

次回、店休日は2月7日(月曜日)となっております。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)


↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

久しぶりの「藤乃井」さん

朝も早くに月極へ預けっぱなしの愛車を取りに行き、温泉にでも行こうかと思ったのが午前5時のことでした。

たまたまメンテナンス中で温泉があいてなかったので、たまには実家でメシでも食おうかと実家に辿り着いたのが午前6時過ぎ。

誰も起きている気配がありませんでしたので、台所でゴソゴソと朝食の支度です。

昆布を取り出して、鰹を削って、出汁をとっている間に齢92の祖母が台所へあらわれました(*^^*)

おばあちゃんはいつ見ても可愛い。

両親が起きてきて、キノコと大根とネギをたっぷりのお味噌汁を作っての、多分正月以来ぶりに実家でメシを食いました。

お芋さんがふかしてあったのでこれまた久しぶりに食べたら美味しいこと☆

里芋なんてほっくりして、ちょうど肌寒くなってきたので美味しいですねぇ。


そんなこんなで朝ごはんを食べてから、私は博多へ行って来ました。

先日亡くなった知り合いにまだ線香を上げに行ってなかったので線香を上げに行ったんです。

用事だけ済ませて、帰宅して、休みなので昼寝して…の夕方は水泳へ。


水泳終わって20時半、それから街に出ました。

久しぶりの「藤乃井」さんへ。

お通し
IMG_1025.jpg

キノコみぞれ和え、みぞれ和えってのは大根おろしで和えたもののことです、さっぱりしてキノコでねっとり。

しめ鯖
IMG_1026.jpg

青さかな美味しいですよねぇ…ひれ酒が出てたのでひれ酒と共に。

今年初のアンキモ!
IMG_1027.jpg

あんまりにも美味しかったのでおかわりです(^^;)
IMG_1029.jpg

それから、土瓶蒸し
IMG_1030.jpg

秋の味覚ですねぇ
IMG_1031.jpg

鱧の湯引きはもう鱧がおっきくなっちゃって時期が過ぎてしまったので、あとは天ぷらか土瓶蒸しで楽しみましょう。

ゲソ塩焼き
IMG_1032.jpg

軟骨のあたりがまた何とも言えません…。

お寿司を握っていただきました。

タコ&イカ
IMG_1033.jpg

タコが柔らかくってシャリを邪魔しません。

ヒラメの昆布〆
IMG_1034.jpg

トロの炙り
IMG_1035.jpg

子持ち昆布
IMG_1036.jpg

子持ち昆布って言うのは、数の子が昆布についてるものです。ニシンが昆布に卵を産み付けた状態のものですね。

車えび
IMG_1037.jpg

イクラ
IMG_1038.jpg

関係ないですが、オクラって英語らしいです。

穴子
IMG_1039.jpg

ふっわふわ。

ウニ
IMG_1040.jpg

天草のウニはもう苦味が出てきた頃でしょうか。

鯖の棒寿し
IMG_1041.jpg

ここの名物、鯖の棒寿司です。

8貫なんですが、残りの6貫はいつもお世話になってる酒屋のバイトの子達にもっていってあげました。

相変わらずエンゲル係数が、激高い私…。


それにしても昨夜は街中の飲食店はだいぶ暇だったみたいですねぇ…景気の良い話なんて一つも聞きません。

シャンパン&ワインバーの「ヴィラージュ」さんに寄って、グラスシャンパーニュを1杯。


それから「QUATTRO」の社長と社員さんとに混ざって「まんじぇ」で白ワイン飲みました。

アテのお漬物がまた何とも…。

そういえば最近好きなものと言えば、梅干し、お味噌汁。


最後はバー「八点鐘」さんに寄ってきました。

こちらのブログにもあるとおり(http://hattensyo.blog57.fc2.com/blog-entry-637.html)、chuckさんの快復を願って乾杯です。

ついでに、今年一年で周りの色んな大切な人が亡くなってしばし欝っぽい症状の出ていた私が快復したからお祝いですとシャンパンをあけて下さいました。

こういうはからいが粋なマスター。

最後は蕎麦屋に寄って一緒にメシ食って帰りました。


人の死は避けられないものですが、大切な人間が急にこの世からいなくなることには、いつもためらいがあります。。。


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

10月の店休日は、7日(木曜日)、13日(水曜日)、19日(火曜日)、20日(水曜日)、25日(月曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

再び「さくら」さんへ

髭が薄いせいなのか、もみあげが薄いせいなのか、しわが目立たないせいなのか、それとも単に遺伝なのか…マイナス5~10歳位に見られることの多い私です。

いや、実際にアンチエイジングしたり若作りしたりと言った努力はしてるんですよ!

若さを保つ秘訣と言えば、恋をすることとか良く聞きますが、それは私にゃあ当てはまってません(爆)

食道楽が私の趣味ですから食べたいものを食べて、定期的に運動をして、美容に気を使い、オシャレに生きるのが一番のアンチエイジングです!!!

それからやっぱり既製品は避けること。

最近は無添加の出汁の素なんかも出てますが、やっぱり昆布と鰹でとった出汁には絶対にかないません。

服にしても食にしても、本物を知ることが肝心です。

勿論、本物にはそれなりの出費がいりますから毎日…と言うわけには行きませんが、出来る限り贅沢をしましょう。

お金は社会の血液ですから、循環させて循環させて循環させてあげないと社会が死んでしまいます。。。

さて、昨日は営業後にうちの料理長と「さくら」さんへ行って来ました。

お通し
IMG_1007.jpg

クラゲの酢の物でしょうか。

この日は予約でほぼ満卓でしたので親仁さんとゆっくり喋る機会がなかったのが残念、その分うちの料理長とたくさん喋ったので有意義だったのですが。

白和えです
IMG_1008.jpg

器も味付けも格上で上品!!!

前菜の盛り合わせ
IMG_1010.jpg

見た目にもとっても素敵ですねぇ…。

私はタバコをやめてもう3年になりますが、灰皿を見つけたので一枚。
IMG_1009.jpg

食事中の喫煙は賛否両論、料理人の喫煙にも賛否両論あるとは思いますが…それはともかく灰皿をよくよくみてみるとイタリアの陶磁器メーカー、リチャード・ジノリの灰皿じゃないですか!?

お洒落~(>_<)

昔リチャード・ジノリの皮ブランドであるGIGLI(ジリ)の財布を使っていたので懐かしくもありましたが、ジノリの灰皿なんてそうそうお目にかかりません。。

お刺身
IMG_1012.jpg

そして…最後は海老芋をいただいてからお暇しました。

24年も生きてるお店は、やっぱりそれなりの理由があります。

大変、参考になりました。


ところで、白・赤・泡ともに精鋭ワインが近々数種類入荷しますのでお楽しみに…☆


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

10月の店休日は、7日(木曜日)、13日(水曜日)、19日(火曜日)、20日(水曜日)、25日(月曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

再び「二貝」さん

いやぁ…連日飲み過ぎていけません。。

されど最近はうちの料理長と飲みに行ったり、同業者さんと飲みに行ったり、お客様と飲みに行ったり、ブログ仲間と飲みに行ったり…と貴重な意見交換や有意義な時間を過ごせて幸せです☆

そんな中、『MOCOS 9月号』の特集で仲良くなった干物・練り物「二貝」さんに最近良く通ってます。

熊本の郷土料理、一文字のぐるぐる
IMG_1015.jpg

はしょって説明すればネギを塩茹でしてぐるぐる巻いたものに酢味噌をかけたものですが、これが私大好きなんです。

最近では冷凍したぐるぐるも売ってあるらしいのですが…。

そうだ!

冷凍とか既製品と言えば、思い出しました。

先日とあるスーパーに寄った時のこと、私達世代にはお馴染みのタコさんウインナーがなんと既製品になってました(*_*)

ただ、ウインナーに切れ目を入れて焼くだけなのに…なんでもかんでも既製品にしてしまうとはこらぁどうし。。

他にも最近は30秒がテーマなのかどうかは知りませんが30秒で親子丼が出きるだの何だの言う製品とか30秒でシチューの下ごしらえだかなんだかをしてしまうとか、とにかくちゃちゃっと出来てしまうような製品がありますけれども、料理は一手間が大事なんです!

時間をかけた愛情のこもった料理が一番美味しい。

昔、ある料理人が言っておりました。

「今までで一番美味しかったものを思い出して下さい。あなたのお母さんが作ってくれた料理が一番美味しかったはずです。」

つまりは、自分のことを思って一生懸命に作ってくれたからこそ一番美味しく感じたはずでしょうということ。

料理は、やっぱり作る人が食べる人に向ける愛情が大切なんです。

時間がない、時間がない、と下ごしらえをはしょったりせずに、食べ物に感謝しようじゃありませんか!

大好きなサザエのつぼ焼き
IMG_1016.jpg

私みたいなのん兵衛には一番最後に出てくる肝の苦味がたまりません(*^^*)

水餃子
IMG_1014.jpg

餃子大好きな私…ここの焼き餃子もとても美味しいんですよ!!!

勿論、お店で作られていますから機械で大量生産されたものなんかと比べ物にならない美味しさです。

1つ1つが大きめで、皮のふんわりした柔らかさと具のふんわり感がマッチングしていて最高です。

酢豚
IMG_1017.jpg

こうやって考えると、私中華料理大好きなのかも???

和食は見た目、洋食は香り、中華は味、と言いますが美味しいものはどれでも美味しい。

そんな「二貝」さんにガールズバーに連れて行ってもらったら中学の同級生がおりました…こらぁどうし。

ガールズバーも色んな形態があるみたいで、そこのハコは前が某クラブPでしたからガールズバーと言うよりキャバクラみたいでした。

たまには若い女の子と喋るのもいいもんですね。


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

10月の店休日は、7日(木曜日)、13日(水曜日)、19日(火曜日)、20日(水曜日)、25日(月曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

最近の外食から

先日、祝日の営業の後にどうしてもお寿司が食べたくて…歩き回りながらあいてるお店を探していたら久しぶりに入った「纏寿司(まといずし)」

お刺身盛り合わせ
IMG_0922.jpg

赤身が程よく柔らかくて美味しかった。

おつまみ数の子
IMG_0923.jpg

立派で大きな数の子のおつまみ、老舗の寿司屋には良く置いてあります。

ゲソ塩焼き
IMG_0924.jpg

日本酒のアテに丁度良し。

穴子
IMG_0925.jpg

「やっ古」の穴子もそうですが、ご年配の寿司職人の穴子は大きくてふっくらしてて本当に美味しい!

ウニ子
IMG_0926.jpg

天草産のウニは夏場が一番美味しくて、これから冬にかけて少しずつ苦味が出てきます。甘みを堪能できるのはもう最後かな???

お味噌汁
IMG_0928.jpg

本当かどうか、昔はエノキが貴重だったらしく料亭のお吸い物に1本2本入っていたかどうかだったそうですが…本当かな。。。

もっかい穴子
IMG_0929.jpg

美味しすぎ!私、穴子とか鱧とか鰻とか細長い魚が好きみたい(^^;)


そして昨日…お店はお休み。

久しぶりにトータルリラクゼーション「カトルフィーユ」さんに行って来ました。

月末まで予約いっぱいで、今やなかなか入れない超人気店!!!

初めてのガムセラピーをしてもらい、歯茎やほっぺがふわふわに(*^o^*)

夕方からは「さくら」さんへ。

お浸し
IMG_0930.jpg

血合い抜きの鰹節しか使わない正統派の出汁でしか出来ないこのあっさり上品な味。

かご料理
IMG_0932.jpg

あしらいは、山葡萄。つたや葉の形や小さな実や弯曲具合が格好良い。

オクラは種を除いて叩き梅肉を入れてあったり、穴子は煮こごりと2層に仕上げてあったり、一手間が素敵☆鰯の梅煮は美味しかったなぁ…。

お刺身
IMG_0935.jpg

今年初めての大トロ…塩分が絶妙のトロでたまに食べると美味しいのね。

今日一番はコレ
IMG_0933.jpg

京都海老芋の唐揚げ。

何とも言えないホクホク感
IMG_0934.jpg

衣に醤油を使ってあるのか山葵が良く合います、そして振り塩の加減が絶妙。

水茄子
IMG_0937.jpg

鱧を炊いたもの
IMG_0938.jpg

う~ん、勉強になる。

そして…この日ご来店の相席は70代の陶芸家諸先生方と熊本現代美術館の館長以下関係者。

『暮らしの工芸展』に出品されたおよそ300点を審査する為の来熊なんだとか。

聞いているだけで勉強になる話ばかりでしたが、器と食事の関係って深いのね。

陶芸やってみた~い!!!!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「わいん食堂 ぼるどう」へ行って来ました

いやぁ…久しぶりに4軒とか飲んで歩きました。。

仕事帰りに何度も書いている今月の『MOCOS 9月号』のうちも載った同じ特集が他店でも評判が良いらしく、私も何箇所か行ってみましたが確かにテーマにそくした良い内容なので今回は新しいところに色々と出て行ってます。

昨夜は「わいん食堂 ぼるどう」さんへ。

もう閉めるか閉めないかのギリギリの時間に到着すると、明日のワイン会の準備をしていたにも関わらず快く店内へ入れてもらえました(^^)

IMG_0834.jpg

開店2年目のお店だそうですが、真空パック器具、スチームコンベクションオーブンの大きなやつがあったので真空調理にも対応している本格派!!!

ワインセラーも停電があった時には予備電源まで作動する鍵付の高級セラーが置いてあり、5大シャトーがたくさん保存してあるのだとか!?

今日は、久しぶりのシャンパーニュHENRIOTを
IMG_0839.jpg

数年前に「Bar Hironosuke」でこれを飲んでからシャンパーニュ狂いになったという1本。

こちらも、ワインセラー導入したら絶対に置きたい!!!

さてさておつまみなのですが、量的に食べたい物を注文するとだいぶ多いようでしたので盛り合わせていただきました。
IMG_0836.jpg

肥皇豚の自家製ロースハムと、黒毛和牛和王ローストビーフです。

どちらもシャンパーニュのつまみにもってこいなのですが…やはり「おお!」と感動したのがこちら
IMG_0837.jpg

天草大王レバーのテリーヌと、普段はついてこないらしいレバーの燻製。

いやぁ…シャンパーニュとのマリアージュ最高でした、1本まるまる飲んでしまった(^^;)

最後にカナッペが
IMG_0840.jpg

クリームチーズに茎わさびと、クリームチーズをラムレーズンで和えたものですね。

その後…「Bar BLUE」に約半年ぶりに行き、それから「THEE ROCK CASTLE」さんへ初めて足を運び、それからバー「八点鐘」さんに寄って帰宅したのが午前3時半頃でした(ーー;)

う~ん、、久しぶりに飲みすぎました。。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「手取本町 くじら」へ行って来ました

一昨日で打ち切りになったエコカー補助金。

エコカーを取り扱うディーラーさんはエコカー特需でぬれ手に粟のご様子ですが、その余波を受けているのか平日の街中には人類と思しき知的生命体が全くいません!

まぁ、そんなこと言ってもあけなきゃいけないのがお店なんですが…只今、店内にワインセラーの導入を検討しております(^^)

ワインセラーとは言うものの、日本酒の4号瓶だって入れられるのでそうすれば今までより沢山のお酒を皆様にご提供できるというわけです。

置き場や、電力を考えると32本用のセラーが適当かなぁと考えておりますが意を決して100本超のものを買ってしまうかも???


さてさて、営業後に同じいちのいち通りの「手取本町 くじら」さんへ行ってきました。

オーナーさんと前日に昼と夜の2度お会いしておりまして、何か縁を感じたので行って来たわけなのです(^^)

まずは、限定のくじら肉
IMG_0825.jpg

ユッケみたいになっています、軽く塩がしてあってそのまんまで美味しい☆

自家製肉味噌のレタス包み
IMG_0826.jpg

ボリュームもあり、サラダ感覚でさくさくいただけて美味しかったです。

コロッケ
IMG_0828.jpg

ここいら辺にくるまでに…実は、オーナーさんと生ビールを1杯、スパークリングワインを1本、赤ワインを1本半…ときておりましたので、、さすがに詳細まで覚えておりません(^^;)

楽しい時間を過ごしてマンションに帰ったら、これまた今や予約の取れない人気リラクゼーションサロン「カトルフィーユ」のオーナーさんとお会いしまして、なぜか焼肉を食べに行った記憶が…(ーー;)

う~む、、おかげで今日はかなり体調不良です。。

にも関わらず、2.5km泳いでから出勤いたしました。

バテバテです!!

そして…街中はガラガラです!!!!!


ま、焦ってもどうしようもないのでどっしりと構えることにいたしましょう。

そうそう、そういえば今年は土瓶蒸しを出そうと思いまして土瓶を買って来ました(*^^*)

夏の名残りのハモと、秋の味覚松茸のコラボレーション!!!

土瓶蒸しに日本酒をクイッとやったら最高ですね~。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「しん」へ行って来ました

昨夜も営業後に外食へ行って来ました。

昨日と一昨日と泳ぎに行かずに食べて飲んでばかりなのでいけませんが…。

去年7月にオープンし、当店にも何回か足を運んでいただいていた「しん」さんへ。

お通し、くらげの酢の物
IMG_0805.jpg

こちらのお店もMOCOS9月号(参照URL→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-235.html)で同じ特集に載っていたお店です。

馬刺し
IMG_0806.jpg

かわはぎ
IMG_0807.jpg

牛すじポン酢
IMG_0808.jpg

馬コリコリの唐揚げ
IMG_0809.jpg

馬の心臓あたりの血管だったかをコリコリといいますが、それの唐揚げで珍味です!

付属の塩は、醤油を作る過程でできる余剰品らしいです。

いくらの醤油漬け
IMG_0810.jpg

最近、いくらが気になります(^^)

鶏肉の唐揚げ
IMG_0812.jpg

唐揚げも気になります☆

話題の米粉で揚げてあるそうです。


そんなこんなで、昨日も一昨日も外食、しかも一昨昨日と3日水泳をさぼってしまったので今日は行って来ました。

今日はなぜかプールに人が多かったので思うようには泳げず、平泳ぎ2kmと水中ウォーキングを500mです。

まぁ、3日も休んだのであがってからの体力の消耗もなく楽な感じでした。

午後は「いちのいちカクテルプロジェクト」の会合があり、街へ。

夕方からはライブに行く予定ですが、21時からは用事で久留米まで行かなくちゃぁなりません!

ハードな1日になりそうですが、それはそれでいいかなと思ってます。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「さくら」へ行って来ました

まずは9月の店休日がまとまりましたので、最後のほうに載せておきます。

今日は、出勤前に私用でカーディーラーさんへ行ってきたのですが…9月末までのエコカー補助金、実際は9月中頃には終わるというお話を小耳にはさみました。

何でも減税補助金の予算枠が決まっているそうで、今のままのペースで行くと9月中頃には予算枠を超えてしまうのだとか。

というわけで、エコカーをご購入予定の方はどうぞお早めにだそうです。


昨夜は営業後に、私も載りました『モコス9月号』(参照はコチラ→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-235.html)に載っている「さくら」さんへ寄って来ました。

実は現在減量中で御座いまして、自分への取り決めを作っております。

どんな内容かと言いますと…

・朝はしっかり食べる
・週に3回程度の定期的なエクササイズを取り込む(特に水泳)
・夜は炭水化物を摂らない
・野菜や食物繊維を豊富に摂る
・深夜を過ぎてのアルコール摂取は週に1回以下
・度を過ぎた飲酒はしない

という6か条(^^)

始めて1週間になりますが、73kgだった体重が今朝は70kgまで落ちてました。

どんだけ飲んで深夜に食ってたかって話ですねぇ(ーー;)

このまま、目標はあと6kg絞って64kgまで落とし、筋肉をつける予定です~。


ま、そんなこんなで何ヶ月ぶりかに自炊生活をしているわけなのですが、昨日は外食に行ってきたわけです。

「さくら」さんは本日月曜日が休み、おまけに昨日は日曜日の遅い時間でしたので食材も少ないだろうと思ってましたがなかなか時間的に行ける時に行っておかないとと思って行って来ました。

親仁さんと女将さんとお二人で切り盛りされているお店で、頑固そうな感じの親仁さんでしたが…話をすればするほど人間の奥深さを感じられて、やっぱり行って良かったです。

こちら、お通し
IMG_0755.jpg

アボカドを白和えにしたような感じのお通しでした。

冷やし茶碗蒸し
IMG_0756.jpg

鮑の柔らか煮の入った茶碗蒸しを冷たく冷やしてあり、それにオクラをたたいて多分出汁で伸ばした餡がかかっていました。猛暑でほてった身体を冷ましてくれるような1品で嬉しかったです。

前菜の盛り合わせ
IMG_0757.jpg

カウンター上に大鉢のお料理が並んでおりまして、それらと色々を組み合わせた個性的な味付けのものばかり。

親仁さんには子供がおらず、レシピも紙に残していないそうで、親仁さんが亡くなったらこの味はおしまいなんだそうです。きっと素敵な生き方してきた人に違いない。

私は6か条の取り決めで胃もちっちゃくなっておりますのでここいら辺で日本酒とそれから後はスパークリングワインを親仁さんと一緒に飲みながらお話を聞いておりました。

しめ鯖
IMG_0759.jpg

浅く浅くしめたしめ鯖です、全体的に優しい味で、ちょっと表面だけ見ただけでは単に頑固なだけに見られてしまいそうな親仁さんですが、食べたらやっぱり人柄の奥深さや優しさが滲み出ていますねぇ…。

冷たい炊き合わせです
IMG_0760.jpg

上品な味付けで非常にあっさりしていました。

京都のみず茄子
IMG_0762.jpg

梅肉ドレッシングがかかっていて、こちらも個性的。

以前もブログに書きましたが(コチラ→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-117.html)、料理人って熟練していくとその人の個性が味として出てきます。

こちらの親仁さんは味がしっかりと確立している様子です。

オクラすり流し
IMG_0763.jpg

さきほどの冷たい茶碗蒸しの餡です、こういうのがあっさりとしていて意外とつまみになるからとこれだけを下さいました。

今回の外食は、とても素敵な親仁さんとの出会いがあり、幸せです(*^o^*)

それと、写真でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、店内の光が一方向から当たっていてそれも印象的でした。


帰り道、「Bar Hironosuke」に「まんじぇ」の女将が見えていたので寄って久しぶりのシャンパーニュを抜いてきました。

HENRIOT(アンリオ)というシャンパーニュで大好きなものなのですが、知る人ぞ知るロバート・パーカーが5つ星の評価をしている生産者のものですね。

記憶が飛び飛びな位に少し度を過ぎた飲酒になってしまいましたが、今日はまた水泳に行ってきました。

さぁ…64kgまでちゃんと絞れるかなぁ???

秋冬物を格好良く着こなす為にも、頑張ります!!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。
9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「熊一」本店へ行ってきました

一昨日は飲み過ぎた様子で記憶が曖昧なのと、昼過ぎても酒が抜けずに夕方頃までうなだれておりました。。

しかし、不思議なもので昨夜最後にいらっしゃったお客様からビールを1杯いただくと何か元気に(笑)

今日がお休みですので、帰りは(つけたところでどうしようもない)精力でもつけようかと一人で焼肉を食べて帰りました。


銀杏通りの焼肉「熊一」本店です。

生ビールと、和牛のユッケ
IMG_0722.jpg

上ネギタン塩に上ミノ
IMG_0723.jpg

ムンチサラダ
IMG_0724.jpg

冷麺
IMG_0725.jpg

大根サラダ
IMG_0726.jpg

ハラミ(横隔膜)
IMG_0727.jpg

あと…撮り忘れましたがピリ辛サラダってのも食べてます(^^;)

いやぁ、ここのサラダは随分と量が多いのですが1人で3人前も食べたからさすがに苦笑いされていました。。

自分、本当は野菜→魚→お肉の順番で好きなんです。

そして、色々と食べて回ってきましたが「熊一」のサラダは今まで食べてきた中でとにかく本当にコストパフォーマンスが良いんです!

ぶっちゃけ、サラダならあと3枚はいけたかも…。


おまけに帰宅してからは今日のお昼ご飯の冷や汁まで仕込みましたから、どんだけ食べるんだ!?って感じですね(^^;)


…さてさて、つい最近知り合いの女性がつけていたボディーミストがとても良い香りだったので教えてもらい買ってみました。
IMG_0721.jpg

「BODY SHOP」のホワイトムスクです(^^)

ボディーミストとついでにシャワージェルまで買ってしまいました☆

本当に良い香りで、オススメです!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「二貝」と「肴」へ行ってきました

16日発売の『MOCOS 9月号』で掲載されていたお店がいくつか気になっておりまして、昨日は営業終了後に2軒だけ回ってきました。


まずは干物居酒屋の「二貝」さん。
IMG_0711.jpg

遅い時間だったのと、明日がお休みということで色々サービスしてもらったりしつつ。
IMG_0712.jpg

本ししゃも(メスのみ)
IMG_0713.jpg

イカ一夜干し
IMG_0715.jpg

オーナーさんと飲みながら談笑、オープンしてまだ1年程度という話でした。

雑居ビルの中にあるにも関わらず坪庭が見える風の店構えになっておりまして、なかなか素敵なお店でございました(^^)


2軒目は「食家 蛍」の2号店で「肴」というお店。

ここのオーナーさんは実家が漁師ということもあって、魚介類の鮮度が気になります。

まずは馬肉のウニ和えを。
IMG_0718.jpg

そして、鮮度がわかりやすい鯖の刺身を。
IMG_0717.jpg

あぁ~なるほど!確かに鮮度がいいのが一目でわかりますね。

こんなに良い魚はぶっちゃけ値段でも仕入れでもうちには真似できるもんじゃあありません。

白山の方に「うしお」という居酒屋があって、こちらも実家が漁師というお店なのですが、どちらも仕入れが安く上がるし鮮度も良いしで、これはこれで素敵なことだと思います。


まだまだ気になっているお店がいくつかありまして…回れる時には回っておかないとですね。

以前にも書いたかもしれませんが、お店というのは一見では計り知れない部分がたくさんあります。

1度目の印象が悪くても、2度目は違った印象になったり、3度目になってやっと料理や接客の質がわかるような。

というのも、客としての自分は1度目は緊張していたり、お店側も初めてのお客様がお相手では何も情報がないので好き嫌いや人柄、どんなお酒がお好みだとか、趣味は何をなさっているかとか、全くわかりませんので探り合いから始めるしかできません。

2度目になれば「あぁ、前回は日本酒でせめられていたから日本酒がお好きなんだろうな」とかで好きそうなものを薦めることも出来ます。

3度目になると、前回の反省も踏まえてだいたいお客様の好みが分かってくる感じです。


なので、私は気になったお店には最低3回は行こうと思っています。

明らかに既製品、接客はバイト、というお店ならそこまではないですが、丁寧さが感じられて、人間味が感じられるお店であれば尚更です!


又、例えばうちの店なんて顕著なんですが、お品書きに書いてあるメニューなんていうのはその日その時にオーダー頂いても出切るようなちょっと言葉は違いますが簡単なメニューばかりなのです。

仕込みに手間がかかって、職人技を感じられるような仕事を堪能するには、コース料理がオススメです。

お店によってもコースは普通のお品書きの単品の組み合わせだけだったり様々でしょうが、うちのような和食の店の場合はそんなことはありません。

そして、例え週に2度、3度のご来店があったとしても同じものを出したりもしません。

同じものは2度出さない、それがルールというかお店側としてのマナーでもあるからです。


というわけで、コース料理は少なくとも前日のご予約でしか承っておりませんが、是非一度お試し下さい。

コース料理は3,500円を基本に、内容や価格は応相談です☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。