スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日は『熊本尺八フェスティバル2010』と、当店で『火鍋を囲む会』です

こんにちは~

今日からバンクーバー五輪開幕ですか!?

先日もご紹介したように、仕入れた甲イカにも五輪のマークが…

IMG_3052.jpg

しつこいですか(笑)


さてさて!!

本日は2つ告知です。


1つ目は、

明日14日は当店での『火鍋を囲む会』概要はコチラです。

夕方17時頃から当店「おんの字」にてバー「八点鐘」のマスター達と火鍋で遅めの新年会をします。

当然、明日は営業していますから座敷を貸しきっての鍋会となり、カウンターは通常営業となりますので、当店スタッフ一同は仕事をしながらの参加となります。

飲み物は、当店の飲み物に加えて持ち込みやなんかもOKです。

食事に関してもちょこちょこと出していく予定ですので、参加をお待ちしております~

会費は3千円です。

参加のご連絡は当店096-352-2002にお願いします☆


そしてそして!

2つ目は、知人の英会話教師ジェフ・ケアンズによる『熊本尺八フェスティバル2010』リンクコチラです。

flier_a.jpg


崇城大学市民ホールにて、開場18時、開演18時半です、無料ですよ☆


フェスティバル事務局サイトによる概要を添付しておきますネ。

“日本の伝統的な楽器である「尺八」は中国の唐を起源とし、日本に伝来しましたが、その後空白期間を経て、鎌倉時代から江戸時代ごろに現在のかたちの祖形が成立されました。

江戸時代は尺八は法器として普化宗に属する虚無僧のみが演奏するものとされ、建前上は一般の者は吹いてはならなかったのですが、実際には尺八をたしなむ者はいました。明治時代以降には、普化宗が廃止されたことにより虚無僧以外の者も演奏するようになりました。

また、尺八の吹奏人口についての本格的な調査はされておらず、正確な人口は不明ですが、推定では3万人程度といわれています。

1960年代から尺八はクラシック音楽等の現代音楽でも使用されるようになりました。1964年にニューヨーク・フィルハーモニックと尺八の横山勝也、薩摩琵琶の流れをくむ鶴田流の琵琶奏者鶴田錦史のために作曲された武満徹のノヴェンバー・ステップスは世界中に大きな反響を呼びました。

「尺八」は現在少数の有名な演奏家によって世界的に認められている楽器になってきましたが、日本ではまだまだ認知度が低いというのが現状です。

第一回 『熊本尺八フェスティバル ひとつ息、ここに。』をきっかけに多くの人々に「尺八」の素晴らしさを知っていただきたいと願っています。”

興味のある方は、足を運んでみて下さいネ。



そんなこんなで、やっぱりバレンタインデーですからお客様からの心付けも楽しみにお待ちしていたり…!?

優しくしておくと、ホワイトデーには素敵なお返しがあるかも???

…なんちって☆


『火鍋を囲む会』のご参加、心よりお待ちしております。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

CHATEAU FERRET 2003

こんにちは。

昨日までとはうってかわって寒くなった熊本です。

明日は、また真冬並みの寒さに戻るとか!?


今日は、当店で取り扱い中のボトル赤ワインのご紹介です~

IMG_3067.jpg

『CHATEAU FERRET 2003(シャトーフェレ2003)』

この赤ワインは、フランス高級格付けのAOCワインです。


AOC(アーオーセー)というのは、Appellation d'Origine Contrôlée(アペラシオン ドリジーヌ コントロレ)の略称で、例えばワイン、チーズ、バター等のフランスの農業製品に対して与えられる認証です。製造過程から最終的な品質評価によって、特定の条件を満たしたもののみに与えられる品質保証でもあり、要するに特定の条件を満たした品質の良いものですよということです。


うちで現在グラス売りのみ取り扱いが残っているシャンパン・JEAN MAIRE同様にこちらも現在では輸入元終売になってしまいました。

スパイシーな香りと豊かな味わいが特徴のフルボディで、葡萄はメルローとカベルネソーヴィニヨンが使用されています。

安くて美味なフルボディってなかなかフランス産のものは見かけませんが、こちらはコストパフォーマンスも大変良く単体で楽しむのにも充分です。


こちらの『シャトー・フェレ2003』は、ボトル売りのみで1本4,400円です。

グラス売りの赤ワインはコチラ(ポール・ボーデの2009年ボジョレー・ヌーヴォー)をお出ししています。こちらはライトなタイプながら大変果実味に溢れていて、香りがとてもフルーティーです。


さて…

すっかり忘れているうちに明後日はバレンタインデーではありませんか!?

バレンタインデーは、カップルの為の日ではありません。

当店で火鍋を囲む会の日ですよ!!!!


すっかり宣伝広報をするのを忘れていた(*_*)のでまだ人数に余裕があります!!

夕方17時頃からぼちぼちやっていきますので、是非是非ご参加下さい!!!!!!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

『グルメぱぁ~てぃ大図鑑』掲載のお知らせ

こんにちは。

昨夜は遅い時間にバー「八点鐘」ユニークアクセス8888記念で飲み放題イベントへ行って来た店主です。

久しぶりに赤ワインをたくさん頂いたらまだお酒が抜けた感じがしません。。

「八点鐘」さんのイベントは、あと1週間位はやっているはずですので皆さんどうぞ行ってみて下さいネ☆


さてさて、2月28日発売予定の『グルメぱぁ~てぃ大図鑑』に当店が載ることになりましたよ。

Clipboard01.jpg

こんな感じでゲラがあがってきています。

楽しみですね~、皆さん買って下さい☆


そういえば、明後日からはバンクーバー五輪が開幕です。


うちで仕入れた甲イカちゃんも、五輪マークがついていました…

IMG_3052.jpg

(笑)

ちゃんちゃん☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

『LANSON BLACK LABEL』と『KUMAMOTO SPARKLING』

こんにちは。

熊本は昨日から雨が降ったりやんだりと極端ですね。


今日は、開店午後3時少し前から常連のお客様の一人がいらっしゃいました。

手に携えていらっしゃったのは…??


IMG_3054.jpg


“Kumamoto Sparkling”の白とロゼでした!!

熊本ワイン株式会社が製造販売する熊本のワイン、スパークリングは各100本限定の珍種です。

その2本をなんと当店へプレゼントです!?


泡物と言われれば居ても立ってもいられない店主です、早速冷やしにかかって従業員一同と共に試飲の支度です!

IMG_3057.jpg


とりあえず、白のスパークリングを抜栓にかかります。

IMG_3058.jpg


720ml入り、Demi Sec(ドゥミセック→甘め)、アルコール度数9%です。

IMG_3059.jpg


泡物ではいつもBRUT(ブリュット→辛口)が多いのですが、甘めもなかなかのもの。

葡萄の香りが豊かで、度数も低い為にワイン初心者にも飲みやすい感じがします。


熊本ワインの公式サイトに載っていない商品なのでそれ以上の詳しいことはわかりかねますが、ラベルによると…

“熊本県産のシャルドネ種を100%使用し、一度凍結させた後、0℃で凍らない濃厚な果汁のみをやさしく搾り、スパークリングワインにしました。皆様の熱い要望にお応えして、自信を持って新登場です。当ワイナリースタッフが1本1本心を込めて手作り致しました。ソフトな香りと、凍結シャルドネならではの奥深い味わいがお口の中で弾けます。後味すっきりで男女問わずお楽しみ頂けます。キリッと冷やしてお楽しみ下さい。”

とのことです。

熊本県産の地産地消にこだわったワイナリー、珍しいものを頂戴いたしました☆感謝です!!

ロゼはまた次にいらした時にあけることになりました、早い時間に頻繁にいらっしゃるお客様なので運よくご一緒できたらご相伴にあずかれるはずです☆


ところで泡物と言えば、当店で取り扱ってきたシャンパーニュ「JEAN MAIRE CUVEE BRUT」も残すとろこグラス売り用が数杯のみとなってしまいました…。

JEAN MAIRE(ジャンメール)は国内終売となりましたので、次に国内でお目にかかれるのはいつのことになるのやら…大変美味しいシャンパーニュでした。


そこで!

新しく仕入れたのが、最古のシャンパンハウスの1つでもあるLANSON(ランソン)です。

IMG_3061.jpg

少し前から輸入元がアサヒビール株式会社になり、エチケット(ラベルの事)も少し新しくなっています。

“LANSON BLACK LABEL BRUT(リンク先は英語です)”は店主が最も愛するシャンパンの1つ。


JEAN MAIRE(ジャンメール)同様、グラス売り1杯1,200円、ボトル売り7,200円ですが、今回は3本のみ限定でのご提供となります。


シャンパーニュは、フランスのシャンパーニュ地方で決められた手順と決められた葡萄を使って作られた発泡性のワインです、750ml、アルコール度数は12.5%、そこは先述の熊本ワインと違うところですね。

シャンパン(あるいはシャンパーニュ)というものは、フランスの法律できっちりと決められたワインです、アルコール度数も一応決められています。

がちがちの伝統を守ったシャンパンも、新しい風の熊本ワインも、どちらもそれぞれの良さがあると思います。


お酒も料理も、飲んだ分、食べた分、見識が広まり、また深くなるものだと思っています。

しかして、やっぱり泡物大好きな店主で御座いました☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

ART BRUT JAPONAISEの紹介

こんにちは!

今日は朝から凄い雨です…やはり休日には雨が降るという当店のジンクスは健在!?


さてさて、今日はお店とは関係ないお知らせです。

今年あたまに高校の同窓会があり、久しぶりにあった同級生の弟さんがフランスのパリ市立アル・サン・ピエール美術館でひらかれる『ART BRUT JAPONAISE(アール・ブリュット・ジャポネ)』という展覧会に絵を出展なさるそうです。

IMG_0001.jpg


以下、ウェブサイトより文章を拝借です~

“展覧会の背景

 滋賀県社会福祉事業団の運営する「ボーダレス・アートミュージアムNO-MA」とスイス ローザンヌ市の「アール・ブリュット・コレクション」との連携事業(2006年~2008年)の一環として開催された企画展「JAPON」が2008年1月より開催されました。
 この展覧会は、欧州を中心に大変好評を博し、その結果、会期が約1年間延長となり、その後、オーストリア ウィーン市にある国立美術館「KunstHausWien(クンストハウス・ウィーン)」にも巡回しました。
 昨年の夏、「JAPON」展を訪れたパリ市立美術館「HALLE SAINT PIERRE(アル・サンピエール)」館長の目にも留まり、日本の作家による大規模企画展を開催できないかとの打診がありました。
 これを受けて、ボーダレス・アートミュージアムNO-MAから情報提供をし、館長自らが2009年5月15日~21日に来日して企画を進めて来ました。その結果、63名の作家による展覧会が芸術の都パリで開催されることとなりました。


 事業目的

 この展覧会を通じて精神科病院や知的障害者施設等を利用する障害者の制作する作品が、美術的な価値を認められることによる、芸術を通じた障害者のエンパワメントを目指しています。
 また、この展覧会を多くの方にご理解いただくことにより「障害」という言葉そのものが、社会に肯定的な意味として認知され、障害者が地域で自立した生活が出来る社会の実現に大きく寄与することも目的としています。


 パリ市立アル・サン・ピエール美術館

 1868年に建設され19世紀の金属建築の美しいサンプルの一つとして知られる市場を、1986年に美術館に変更、オープンしたパリ市の立美術館。「芸術の都パリの中でもとりわけ様々なアーティストが集まることで知られるモンマルトルの丘の麓に位置する。現代のポップ・アート、ワイルドアート、アウトサイダー・アート、奇抜なアートを積極的に取り上げ、美術界に問題提起している。 ”


英語でこんな格言があります。

“Beauty is in his eyes.”

つまり「美は、個々の瞳に宿る」というわけです。


どんな感想でも、個人の中の感情が反映する(あるいは、個人の感情によってしか反映されない)ということですね。

食事もそうですが、色んなものを食べなれてこそ真摯な感想というものが出てきます。


この展覧会は今年3月24日から来年の1月2日まで開催されるようです。

フランス・パリまでいらっしゃる方は、是非立ち寄って下さい!

新しい発見が、そこにはきっとあるはずです。

IMG.jpg


ところでヨーロッパの交通網はよく発達していて、EU間であれば移動も簡単です。

留学時は夜行バスやフェリー、鈍行列車を使ってたくさん見聞を広めたものでした。

今となっては8年前の出来事ですが、当時の記憶で宜しければおすすめの場所もたくさんありますので聞いて下さいネ☆


※本日は、店休日です。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

スポンジ洗浄の日です

こんにちは!

今日は急に暖かくなった熊本です~

…ん?

てことは夜は雨でしょうか orz...

明日は当店はお休みなのですが、店休日の度に雨ばかりのような気がします。。


さて、それはさておいて今日はスポンジ洗浄の日なんです。

スポンジ洗浄と言ったって、飲食業以外の方には聞きなれない言葉ですよね??


先月のブログでも紹介しましたが、美味しい生ビールを提供するためにはサーバーの洗浄が不可欠なんです。

毎日営業後には「水通し洗浄」と呼ばれるものを行っているのですが、それに加えて週1回以上のスポンジ洗浄というのをしています。

当店の生ビールはアサヒビールのスーパードライです。


開店する前の準備期間中に、アサヒビールの営業の方がいらっしゃって当店で講習会がありました。

美味しく注ぐ方法から、洗浄・メンテナンスの仕方まで。

受講した証明として、『アサヒ樽生クオリティセミナー修了証』というものを発行してもらっています。

IMG_3050.jpg


当店ではビアサーバーがむき出しの状態ですので、特にピカピカに磨く必要があります。

IMG_3042.jpg


しかし、人間同様いかに外面が綺麗でも内面も美しくないとどうしようもありません!!


そこで!!!!!!


登場するのがこれらの器具です。

IMG_3041.jpg


洗浄樽と、スポンジと、ブラシです。

水洗浄という水を流す作業をした後に、コック部分を分解します。

IMG_3043.jpg


そしてそして、この部品を組み替えてこんな感じで取り付けなおします。

IMG_3044.jpg


次に、液化炭酸ガスから生樽につながる部分を洗浄樽につけなおします。

IMG_3045.jpg

↓↓↓

IMG_3046.jpg


スポンジをはめこみます。

わかりにくいですが、白いところにある茶色のやつですね。

IMG_3047.jpg


そしてガスを通してスポンジを通してやるんです。

IMG_3048.jpg

だいたい2~3回すればOK!


終わったらコックをもう一度取り外して丁寧に丁寧にブラッシングしてあげます~

IMG_3043.jpg


グラスの洗浄、ビアサーバーのメンテナンス、適正なガス圧、そして注ぎ方全ての基本を踏まえるとこうやって美しく美味しい生ビールを提供することが出来るんです!

IMG_2785.jpg


あ…お気づきの方は写真が一部使い回しだと思われたかもしれませんが、作業はちゃんとしてますのでご安心を(笑)

食品に関しては、使いまわしなんて絶対にしてませんから~!

そんなこんなで、毎日の水洗浄と最低でも週1回以上のスポンジ洗浄を行って、美味しい生ビールをご提供できるよう日々努力を続けております。

本当に美味しい生ビールを、どうぞお召し上がり下さい☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

OYAKI

こんにちは~

まだまだ寒い日が続きます、巷では入試の時期でしょうか??

本職がメンズ服のデザイナーだった私も、思い返してみれば調理師専門学校を受験したのもこの時期だったような??


私は結構学ぶことが好きなのか、大学を卒業してすぐは服飾専門学校へ、そしてしばらくしてから調理師専門学校にも行っているので変な経歴ですねぇ。

大学では比較文化学士を修得、服飾専門学校は中退したのですが、調理師専門学校では調理師免許と食育インストラクターの資格を取りました。

人生勉強の連続、本音はお金と時間に余裕があって行けるもんならまだまだ大学へ通いたいものなのですが…。


さてさて


うちの料理長が何やら試作をしておりました↓↓

IMG_3039.jpg

これは…さて何でしょう。


中の具はこんな感じで↓↓

IMG_3040.jpg


手前のは熊本名物の高菜です、奥のはまた違った餡が入ったもの。

来月の郷土料理はこれに決まりかな??

それにしてもさすが料理長は叩き上げの職人です、もっている引き出しの数が全く違います。


車の免許と同じで、調理師免許も取ってからが出発地点。

私も日々精進あるのみですね☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)です。

純米酒入荷です

こんにちは!

天気は良いですが、まだまだ寒いですね。

昨日はお客様から従業員一同に早めのバレンタインチョコを頂きました~

しかも、GODIVAです

IMG_3036.jpg

嬉しいなぁ~(*^n^*)

とりあえず、今年はもらえなかったという事態は避けられたようです(笑)


さてさて

今日は純米酒が3種類の入荷ですよ☆

IMG_3038.jpg

左は先日もご紹介した「辛口純米酒 福小町」ですね。


真ん中は、「鄙の雪蔵(ひなのゆきぐら)」という新潟の純米酒です。

こちらの純米酒は、独立行政法人酒類総合研究所 日本酒造組合中央会 共催 平成21年全国新酒鑑評会で金賞受賞蔵となった「高の井酒造株式会社」のものです。


右は、インターナショナルワインチャレンジ2007で純米酒部門金賞受賞という山廃純米で福島の「末廣(すえひろ)」というお酒です。

なんとこちらの杜氏は平成20年度に校正労働大臣表彰を受けたという現代の名工が仕込んだ酒です!


あ…ところで山廃純米と言ってもご存知ない方も多いと思いますので、ここで少し日本酒のお勉強会を開きましょう☆

日本酒にはいろいろと酒類が御座いますが、基本的なものは5種類。

・吟醸

・純米

・特別本醸造

・本醸造

・普通酒

です~


それぞれの特徴を簡単に申し上げますと、

「吟醸」…精米歩合60%以下、フルーティな香り、色沢が良好で、醸造用アルコールを添加してあります。

「純米」…精米歩合70%以下、脳雑な日本酒らしい味わいが特徴です。

「特別本醸造」…精米歩合60%以下。酒造好適な香味があり、色沢が特に良好で、醸造用アルコールを添加してあります。

「本醸造」…精米歩合70%以下、香味、色沢が良好で、醸造用アルコールを添加してあります。

「普通酒」…精米歩合80%以下、醸造用アルコールを添加してあります。


※山廃純米というのは、昔ながらの製法であり空気中を漂う乳酸菌などの微生物を取り込んで自然のままに培養・育成し、これらの微生物によって有害な雑菌をしめつさせ、更に酵母の育成環境を整えるところから始まります。

やがて乳酸菌を含むこれら微生物は、麹が糖を生成し、乳酸菌自身が生成する乳酸によって消滅に至ります。

こうして有害な雑菌がなくなった環境で、優良な清酒酵母が大量に増殖し育成されるということにより、人の手の加わらない工程を経ることによって自然の摂理にかなった醸造をすることにより、時間はかかるものの、独特な旨味と味わいを伴うお酒が出来上がるわけです。


さてさて勉強会はこの位にして…百聞は一見にしかず。

今、美味しい純米酒が豊富に揃っています。

とにかく一度飲んでみて下さいネ。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

ピンチはチャンス!!

おはようございます!

早い物でブログも32回目になりました。

ちりも積もれば何とやらとは申しますが、頑張って続けていきますよ。


さて、あっという間に2月も5日目に入りました。

私はここ1週間以上、1日が3日くらいの感じで過ぎていく感覚です。


去年の話ですが、当店でも取り扱いのある生ビールをつくっているメーカー「アサヒビール」の荻田社長が入社式でこう仰っていました。

“大変な時期に入社したと考えるか、変革期こそチャンスと考えるかで、皆さんの行動や成長は違ってくる。前向きに考えれば、知恵と工夫が生まれる。”


人間は、考え感じる生き物です。

ただ与えられ、出来る範囲のことだけ一生懸命やっていればいいというわけではありません。


先日、仲の良いR25のバー「八点鐘(はってんしょう)」に未払い分の飲み代を払いに伺った時です。

営業前の時間だったので当然お客様はいない筈でしたが、ドアを開けるとスーツを着た若い男性がカウンターに座っています。

しかし、マスターはやはり営業時の服装ではありませんでした。

少し話しを聞いてると、どうやら雑誌の営業マンの様子です。


うちも飲食関係のフリーペーパーから地元の雑誌社の営業マンまでたくさん営業にきますが、どの子達にも共通することがあります。


それは…

誰も実際に食べに来たことがないし、食べに来ないということ!


「八点鐘」ではR25(つまり24歳未満お断り)が、うちでは月替わり全国各地の郷土料理と午後3時から飲める店、というのが大きな特徴です。

ちょっとネットでも開けば色々と情報収集が出来る時代にも関わらず、下調べすらせずに勝手に土足で上がりこみ、挙句の果てに「これこれでいくらです、ページを買って下さい」なんて厚かましいにも程があります…。

食べたこともない、入ったこともないお店の一体何を知っているというのでしょう。

どんな店かなんてどうでもいい、ただ契約さえ取れれば営業マンとして立派なんだとでも思い込んでいるんでしょうか!?

とても信じられません…。


当然、そんな営業マンにはこう言ってやります。

「貴方は、当店がどんなお店かご存知ですか?」

今まで来た営業マンは、誰も答えられませんでした…。

知らない人がいきなり入ってきて、何も知らないのに大切なものを預けられる人なんていません!


借金をしてまでこのご時勢に開業した私の大事な大事な店の宣伝を、こんな何も知らない奴等にお金まであげて預けられるわけがありません。


私は本業がもともとアパレル(洋服関連)ですから、こう言います。

「洋服を売る販売員は、一人一人が独立した営業マンです。そのお店の商品をお客様にプレゼンテーションし、売るのですから、当然お店で売っている洋服を着て仕事をしています。しかも普通は会社支給ではなく、ほとんどが薄給の中からの自腹です。」

だから販売員の服装やディスプレイを見てお客は服を買うことがあるのだし、だから飲食店の口コミは一度行った人のリアリティがあって他人の心に響くんです!!


もし真剣に仕事をし、真剣に自社の製品を愛し売ろうとする営業マンならば、もっと違ったアイデアを出し違ったアプローチ方法を考えるはずでしょう。

通常、熊本の場合では有料雑誌2分の1ページに1度掲載するのに8万円以上もします。フリーペーパーならもっと高い上に年契約なんてことさえ有り得ます。


飲食店は数が多い上、人間が飲食できる量も決まっていますから全部を回るというのはとても大変ですが、例えば

「最初の一ヶ月は無料で掲載します、もし効果を実感して頂き今後も掲載をして頂けるのであれば契約をお願いします。」

…と提案されるのなら話は別です、1度効果があるかどうか試した上で契約を検討できるからです。


福沢諭吉が言ってます。

“およそ世の中に何が怖いと言っても、暗殺は別にして借金ぐらい怖いものはない。”

みんな大好き一万円札の“あの福沢諭吉”の遺訓だと思えばそれ以上説得力のある言葉はありません!


今は当然のごとく余剰金があるような時代ではないので、借金を増やしてまで何かもわからないものが対費用効果に相当するか実験している余裕なんてないんです!


ちょっと前から中間管理職が一番人気だなんて、責任を取りたくなければ真剣に仕事をしたいわけでもないのが見え見えです…。

全く、情けのないこと…弁当男子とかそんなの作る暇があるならもっと仕事に精を出しなさいと言いたい。。


職人でさえ、ただ職人の仕事だけをしていれば良い時代ではありません。

職場で出来る仕事とは関係のないことでも、やろうと思えば可能性はたくさんあります。


時代やテクノロジーの進化のように人間の進化は早いものではない。

しかし、この現状が事実であるならば考え方・やり方を変えていくしかないでしょう。


それでも初志貫徹、どんな不況でも軸がずれないように頑張っていただきたいんです。

憎いからとか嫌いだからとか言うわけじゃ全くありません!


仕事では嫌われたとしても、願わくばそれがバネになり、後々はそれが社会に恩恵としてフィードバックされるならそれで充分なんです。

プライベートで好かれればそれでいいと思ってます。


世の中にはしたくないのに仕方なくそれをやっている人もいるかと思います。

しかし、どうせ結局同じことをやるのなら遣り甲斐や創意工夫を見出したほうが得です!


一つこんな時代だからこそ気概を持って仕事して行きましょう!!

一生懸命働いたそのお金で食べに来て頂けるお客様に感謝を込めて、只今当店「おんの字」と「八点鐘」さんで使える“次回10%オフ券”を差し上げています。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

お通しが変われば、気分も変わる

こんにちは~

まだまだ寒いですねぇ…体調管理大変ですが、風邪などお召しになりませんように。

店の今のお通しは“アンキモ豆腐”です。


私は料理屋を出す前は、メンズ服のデザイン関係や家具を作ったりする仕事をしてました。

14273359_2487335229.jpg

これは、フランスのボルドーからちょっと南に行ったところにあるビアリッツというリゾート地にナポレオン3世が建てた離宮の、家具メンテナンスアトリエで働いていた時の写真です。


それぞれの地域にはそれぞれ違った特色の文化があり、日本と似ているところがあれば、全く違うところもあります。


和食屋の良いところは、最初の“お通し(突き出し)”です!


店の常連になると、人によっては週何回もご来店いただくような方もいらっしゃいます。

毎回飲むお酒、食べるものが同じでも、この“お通し”がいつも同じなのと、同じものが出てこないというのとでは、全く食事の雰囲気が変わってきます。

季節に合わせた食材なのは勿論のこと、お通しが毎回新鮮な驚きであればあるほど、その後の食事が楽しいものです。

考えても見れば、いつも決まったものしか食べられないのはつまらないですもんね。


なので、私達料理屋は同じお客様には同じものを2度出さないように心配りをしています。

また定番のメニューをご用意しておりますが、毎日別紙で日替わりメニューも10~20種類提案しております。

お酒も、定番とその時美味しいものとご用意していますよ☆


今はホテルになっているくだんのナポレオン3世の離宮も、季節毎に全部の部屋と全部の家具のメンテナンス及びリノベーションをやっていました。

人間ですもの、変化はある程度あるほうが楽しいですもん。


そして仕事の後に1杯ひっかける…という文化は、どうやら日本と変わらなかったみたいです☆

14273316_4210634026.jpg

2008年の出来事でした。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

nobodyknows+ご来店

おはようございます☆

いやぁ…先日他店にて旦那の悪口を言っている女性の方が同じカウンターにいらっしゃいました。

悪口って、言うのも気分良くないですが、言われるのはもっと気分が良くないものです。

皆さんも一度は経験があると思いますが、悪意ある言い掛かりをされたり、勘違いよろしく感情的にモノを言われるとどうしようもありません。

おまけに他人の悪口に至っては聞いていて決して気分の良いものじゃない。

「以前のブログ」にも書きましたが、人の良いところをたくさん見つけたいものですね。

そして、不安と怒りのない人生…常にそうありたいものです。


さてさて!


昨日はKKTの取材で紅白歌合戦にも出演した“nobodyknows+”のダミ声担当ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさんがご来店でした!

お店はお休みでしたが、仕事着に着替えて「いちのいちカクテルプロジェクト」の宣伝です。

熊本市役所裏の通りはもともと名前がなかったので人に説明するのが難しく、去年から「いちのいち通り」という名前がつくようになりました。

その認知度を上げる為に、県からの助成金を受けてカクテルをテーマに16店舗がオリジナルメニューを開発したのです。

当店では、熊本名物「カラシ蓮根」をアレンジした“いちのいちカクテル蓮根”というメニューを提案しています。

IMG_3023.jpg

試食と軽い会話で約30分弱の取材でした。

IMG_3024.jpg

当店を含め全6軒が取材対象になったとか??

IMG_3025.jpg

ノリ・ダ・ファンキーシビレサスさんです。


去年、一般の方との意見交換会を兼ねて3度の試食会をしました。

商品開発は味や見た目もさることながら、コンセプトやアイデア、テーマとの関連付けがとても重要な作業です。

特に商品名には苦労しましたねぇ…。

いちのいち通り、カクテルがテーマ、カラシ蓮根…幅広く通りを認知してもらいたいという想いと、カクテルとカラシが同じ「か」で始まるので結局“いちのいちカクテル蓮根”という名前に決定しました。

お蔭様でお客様からの評判もなかなかのもので、新しい熊本の名物になったら良いなぁと願うばかりです。

芸能人初来店でしたので、サインをお願いしました♪

早速、店内に飾っておきましたよ☆

IMG_3029.jpg


しかし…肝心の放送予定日を聞き忘れてしまいました(爆)

なので、わかり次第ブログに載せようと思います(笑)


夕方は、祖母のお見舞いへ行って来ました。

ネギを焼いたのが好きなので、白ネギを大葉と豚肉で巻いて焼いたものに大根おろしとポン酢で和えたおかずを持参。

いつものように大変喜んでくれて感激でした(^^)

祖母のお見舞いは、いつも元気をもらえます♪


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

初午大祭

こんにちは!

皆さんお元気ですか??

昨日は2月1日、初午(はつうま)でしたね。


午後、ちょうど用事を済ませて歩いていたら前日いらしたお客様とばったり出会って一緒に初午へ行って来ました~

IMG_3017.jpg

テキヤさんがたくさん☆

最近はお好み焼きを串にさしたものとかあるんですね!?

私、実は本業がメンズ服のデザイナーだったんですが…趣味が高じて25歳で調理師免許を取りに行った頃から、料理コンテストに出品したり(賞をとったり新聞にも載ったこともあるのでそのうち紹介しますネ)、食育インストラクターの資格をとったり、もともと食には随分と興味があったものですから、面白いものを発見するとウキウキします。


IMG_3018.jpg

ちょうど、お餅投げがあっていました。

IMG_3019.jpg

一年の中でも2月1日は一番縁起の良い日なんだとか。

着いたときにはちょうどお餅投げが終わって人の流れがドッと帰る方向にきたもんだから、つい私も波に飲まれて一緒に出て行ってしまいましたが…(苦笑)。


そうそう!

先日から頑張っている確定申告は、去年の分の会計伝票整理がやっと終わり後は残り4か月分の領収書を整理したらPCで入力です。

あとちょっとで終わると思うと本当に気が楽ですね~。


今日は、お店はお休みですが取材が入っていたり夜まで予定でいっぱいです(^^;)

何もないより充実していていいかなぁと気楽に構えてます。


皆さんも、どうぞ良い一日を☆


※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)の予定です。

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

ポール・ボーデのボジョレー・ヌーヴォー

しとしと雨の昼下がり、いかがお過ごしでしょうか??

昨日は母から京都土産の八つ橋をいただいたのですが、和菓子も日々進化しているようでなんと“チョコ八つ橋”でした!

珍しいもんだから、遅い時間にうちのスタッフ達とカウンターのお客様とで試食。

これがまた、先日入荷した「AMBER」と相性の良いこと良いこと。

「AMBER」はメープルシロップのようなスコッチのリキュールなのでクセがあり、コーラで割ったりしても美味しいのですが、ストレートとチョコレートの組み合わせもなかなかのもんでしたよ。

ちなみにこの「AMBER」はメニューには載せていないので、ブログを見ているお客様だけに特別サービスです。


さて、今日は当店で今使っている赤ワインの話です。

去年はメーカーさん、インポーターさんのご協力を得て試飲会にもいくつか行ったのですが、その中でも印象的だったのが日本が誇るソムリエ・田崎真也さんの師範を務めたこともある初代世界最高ソムリエのジャン・リュック・プトー氏のワインセミナーでした。

実は一昨年に短い期間でしたがフランスのビアリッツという小さなリゾート地のホテルへ料理の修業へ行っていた私、なので微妙なフランス語を喋ります(笑)。

そこで、つたないフランス語で喋りかけてみたらなんと一緒に写真を撮って下さいました!

IMG_1513.jpg

結局は通訳さんがいたのでその後は日本語で大丈夫だったのですが…(爆)


このセミナーはちょうどボジョレーが解禁になる直前にありました、プトー氏が仰っていた通り2009年のボジョレーは稀に見る当たり年で、ドキドキしながらボジョレーヌーヴォーを樽で20リットルも仕入れたうちの店でしたがその味わいたるやそこいらへんのライトタイプのワインなんか比べ物になりませんでした!


というわけで、今うちの店で使っている赤ワインは去年のボジョレーだったりします。

IMG_3007.jpg

ピッカピカに磨いたグラスに、繊細な赤。

香りのバランスが素敵で、絶妙です!

生産者はポール・ボーデ。

薀蓄(うんちく)は抜きにして、良い買い物でした。

まだまだ美味しく楽しめますよ、ワイン好きには是非とも試していただきたい1本です。

グラス売り 600円也。


おまけですが、セミナーでプトー氏からサインとメッセージも頂戴しました(嬉)

IMG_1518.jpg

でも、フランスまで行ったのになんで和食居酒屋かって!?

それは、現地で逆に和食の良さに心底気付いたからです(爆)。。





さて、明日はお休みなのですが、KKTの番組『ROCKET COMPLEX』「いちのいちカクテルプロジェクト」で出している当店の「いちのいちカクテル蓮根」の取材に来るそうです~

どうやらヒップホップグループ「nobodyknows+」のメンバーが試食する内容だとか??


それはそうと、KKT(くまもと県民テレビ)のマスコットキャラクター“てれびたん”が好き過ぎて困っている店主です…

100127-t2.jpg

グッズがあったら真剣に欲しいです(笑)


※2月の月替わり郷土料理は、みんな大好き「だご汁」です(^^)
店休日は、2日(火曜)、9日(火曜)、15日(月曜)、22日(月曜)の予定です。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。
プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。