スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の店休日のお知らせです

この残暑はいつまで続くのやら…。

熊本にはアクアドームという施設があり、夏はメイン会場がプール、冬場はスケートリンクになります。

通年でサブプールの25mがありますが、何と言ってもメインプールの50mが泳ぎ良いのです!

そんなアクアドームの50mプールも、今夏は今日で泳ぎおさめ…。

通常は1.5kmとか泳いでも2kmなんですが、明日がお休みだしと気合を入れまして平泳ぎで4kmぶっ通し泳いできました。

ま…書くまでもないんですけど、、案の定あがってしばらくするとフラッフラでぶっ倒れそうでした(爆)。

ちなみに、70kgの男性が100分で4km平泳ぎをすると消費カロリーはおよそ1200Kcalになるそうです。


ま、そんなこんなで9月の店休日を正式にアナウンスしておきます。

9月は…

 1日(水曜日)
 7日(火曜日)
13日(月曜日)
14日(火曜日)
21日(火曜日)

がお休みとなっております。

いつも通りに予約の入り方次第では変更になる可能性もありますが、今のところはコレで行きます!!


しかし、、さすがに4kmは頑張り過ぎました。。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。
9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
スポンサーサイト

「さくら」へ行って来ました

まずは9月の店休日がまとまりましたので、最後のほうに載せておきます。

今日は、出勤前に私用でカーディーラーさんへ行ってきたのですが…9月末までのエコカー補助金、実際は9月中頃には終わるというお話を小耳にはさみました。

何でも減税補助金の予算枠が決まっているそうで、今のままのペースで行くと9月中頃には予算枠を超えてしまうのだとか。

というわけで、エコカーをご購入予定の方はどうぞお早めにだそうです。


昨夜は営業後に、私も載りました『モコス9月号』(参照はコチラ→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-235.html)に載っている「さくら」さんへ寄って来ました。

実は現在減量中で御座いまして、自分への取り決めを作っております。

どんな内容かと言いますと…

・朝はしっかり食べる
・週に3回程度の定期的なエクササイズを取り込む(特に水泳)
・夜は炭水化物を摂らない
・野菜や食物繊維を豊富に摂る
・深夜を過ぎてのアルコール摂取は週に1回以下
・度を過ぎた飲酒はしない

という6か条(^^)

始めて1週間になりますが、73kgだった体重が今朝は70kgまで落ちてました。

どんだけ飲んで深夜に食ってたかって話ですねぇ(ーー;)

このまま、目標はあと6kg絞って64kgまで落とし、筋肉をつける予定です~。


ま、そんなこんなで何ヶ月ぶりかに自炊生活をしているわけなのですが、昨日は外食に行ってきたわけです。

「さくら」さんは本日月曜日が休み、おまけに昨日は日曜日の遅い時間でしたので食材も少ないだろうと思ってましたがなかなか時間的に行ける時に行っておかないとと思って行って来ました。

親仁さんと女将さんとお二人で切り盛りされているお店で、頑固そうな感じの親仁さんでしたが…話をすればするほど人間の奥深さを感じられて、やっぱり行って良かったです。

こちら、お通し
IMG_0755.jpg

アボカドを白和えにしたような感じのお通しでした。

冷やし茶碗蒸し
IMG_0756.jpg

鮑の柔らか煮の入った茶碗蒸しを冷たく冷やしてあり、それにオクラをたたいて多分出汁で伸ばした餡がかかっていました。猛暑でほてった身体を冷ましてくれるような1品で嬉しかったです。

前菜の盛り合わせ
IMG_0757.jpg

カウンター上に大鉢のお料理が並んでおりまして、それらと色々を組み合わせた個性的な味付けのものばかり。

親仁さんには子供がおらず、レシピも紙に残していないそうで、親仁さんが亡くなったらこの味はおしまいなんだそうです。きっと素敵な生き方してきた人に違いない。

私は6か条の取り決めで胃もちっちゃくなっておりますのでここいら辺で日本酒とそれから後はスパークリングワインを親仁さんと一緒に飲みながらお話を聞いておりました。

しめ鯖
IMG_0759.jpg

浅く浅くしめたしめ鯖です、全体的に優しい味で、ちょっと表面だけ見ただけでは単に頑固なだけに見られてしまいそうな親仁さんですが、食べたらやっぱり人柄の奥深さや優しさが滲み出ていますねぇ…。

冷たい炊き合わせです
IMG_0760.jpg

上品な味付けで非常にあっさりしていました。

京都のみず茄子
IMG_0762.jpg

梅肉ドレッシングがかかっていて、こちらも個性的。

以前もブログに書きましたが(コチラ→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-117.html)、料理人って熟練していくとその人の個性が味として出てきます。

こちらの親仁さんは味がしっかりと確立している様子です。

オクラすり流し
IMG_0763.jpg

さきほどの冷たい茶碗蒸しの餡です、こういうのがあっさりとしていて意外とつまみになるからとこれだけを下さいました。

今回の外食は、とても素敵な親仁さんとの出会いがあり、幸せです(*^o^*)

それと、写真でお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、店内の光が一方向から当たっていてそれも印象的でした。


帰り道、「Bar Hironosuke」に「まんじぇ」の女将が見えていたので寄って久しぶりのシャンパーニュを抜いてきました。

HENRIOT(アンリオ)というシャンパーニュで大好きなものなのですが、知る人ぞ知るロバート・パーカーが5つ星の評価をしている生産者のものですね。

記憶が飛び飛びな位に少し度を過ぎた飲酒になってしまいましたが、今日はまた水泳に行ってきました。

さぁ…64kgまでちゃんと絞れるかなぁ???

秋冬物を格好良く着こなす為にも、頑張ります!!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。
9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

ビールテイスト飲料???

最近、気になったことがあります。

“キリンフリー”や“レーベンブロイ アルコールフリー”等…近年話題のビールテイスト飲料、一般的にノンアルコールとの認識が高いと思うのですが…実際はノンアルコールじゃないものも!?

こちらは、2010年8月21日(土曜日)の『日本経済新聞 NIKKEIプラス1』の特集の記事です。
IMG_0747.jpg

「ビール通が選んだビール風味飲料」と銘打ち、以前までは“ノンアルコールビール”のジャンルとして普通に売られていたものから近年新発売となったものまでをランキングしてあります。

1位~10位までの“ビール通”が選んだ銘柄を箇条書きにしていきますが、アルコール含有率にもご注目下さい!


 1位 (ドイツ)レーベンブロイ アルコールフリー (Alc.0.5%未満)

 2位 (オランダ)バクラー (Alc.約0.5%)

 3位 (サントリー)オールフリー (Alc.0.00%)

 4位 (ドイツ)クラウスターラー (Alc.約0.4%)

 5位 (キリン)休む日のAlc.0.00% (Alc.0.00%)

 6位 (アサヒ)ポイントワン (Alc.0.1%未満)

 7位 (オーストラリア)ブローリープレミアムラガー (Alc.0.9%以下)

 8位 (キリン)キリンフリー (Alc.0.00%)

 9位 (サッポロ)スーパークリア (Alc.0.00%)

10位 (ドイツ)アインベッカー (Alc.0.0%)


なんと、10位中アルコール0.0%以上含有のものが半分も!?

以前は“ノンアルコールビール”等と表示されていたこれらも、微量とはいえアルコールを含む商品が多い為に、実は2003年に公正取引委員会が表示の適正化を求めて、これらは“ビールテイスト飲料”等の表示になったそうです(全く知りませんでした…)。。

又、ビールテイスト飲料は事実上の取り扱いは“清涼飲料水”となるらしい。

これがどういう事かと言えば、ビール風味飲料はアルコール度数が1%未満なので「酒税法上では」酒に分類されないということ!!


う~ん、しかしやはりアルコールが確実に0でない商品についてはやはり「飲酒」の危険性があるということも書いてあります。

同紙によれば“アルコールがゼロでない商品は、飲んで酔っぱらうこともある。車を運転すれば、事故の危険性が高まり、酒気帯びなどでつかまる可能性もある。アルコール健康医学協会によると、アルコール濃度が薄くても濃くても、酔い方はアルコール分を正味何ミリリットル摂取したかで左右される。アルコール分が含まれるビール風味飲料の場合、大量に飲んでアルコール摂取量がその人の限度を超えれば、酔ってしまい、アルコールが抜けるまで時間もかかる。”…と書いてありました。


例えば、うちに置いている割り物用の“ホッピー”ですが
IMG_0752.jpg


品質表示のラベルはこうなってます
IMG_0750.jpg

品名:炭酸飲料 アルコール分:0.8%


かと思えば、キリンフリーはこうです
IMG_0754.jpg

品名:炭酸飲料 アルコール分:0.00%


同じ炭酸飲料とは言え、ホッピーは5~6本も飲めば事実缶ビール1本を飲んだ時と同じアルコール分量を摂取したのと大差ないということ!

現実的にそんなにホッピーを飲むかどうかはわかりませんが、これは意外な事実です。。


先日、うちのお客様から試しにといただいた同紙7位のブローリープレミアムラガー
IMG_0749.jpg

“とことん飲める 本格ビアテイスト飲料”

清涼飲料水、と書いてありつつアルコール分は0.9%以下とも併記してあります。

5本も飲めば、350mlの缶ビール1缶分とほぼ同じ…。

そんな、、とことん飲んではいけません(笑)


同紙には飲酒との因果関係や締めくくりがありませんでしたが、つまりは「ビールテイスト飲料でも、0.00%以外のものであれば飲むと飲酒運転になる!!」ということです。

う~ん…これは意外と意識されていないのではないかと思い、今回のブログテーマと致しました。


英語でfreeと言えば、「自由」以外にもいくつかの意味があり、特に名詞の直後に連結させると「影響を受けていない」という意味合いになります(例えばバリアフリーなら障壁=バリアを取り除き生活しやすくすること;ストレスフリーならストレスの影響を受けない状態のこと)。

同紙1位のレーベンブロイアルコールフリーは“アルコールフリー”と表記しているにもかかわらずアルコール分は0.5%未満となっています!?

これは景品表示法違反なのでは???


まぁ…そんな専門的な話は専門家の方たちに丸投げ(笑)しますが、とにかく以前のようにノンアルコールビールの認識でいたら、現在のビールテイスト飲料では飲酒になってしまう可能性もあるという注意が必要なわけです。

どうぞご注意の上「飲むなら乗るな!乗るなら飲むな!」を徹底し、楽しい外食をエンジョイしていただけたら幸いで御座いますm(_ _)m


8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

A YEAR & HALF

気が付けば、今日は開業1年半の節目となります…!

本当に早いなぁ。

今回は今年からブログを始めて239個目の記事になりますが、その間に撮って使った写真がおよそ700枚。

今年飲んだシャンパーニュが既に70本、ワイン全体では100本、日本酒が30本と…物凄いペースできてしまった反動か、今週頭から帰りの寄り道をしないようになり、仕事後は直帰して朝晩自炊生活をエンジョイしております(^^)

日々の積み重ねが今の自分であり、人それぞれ日々積み重ねてきた歴史があるからこそ、今までの出会いがあり、今こうして出会いがあり、これから先の出会いがあるんだと思っております。

人を好きだとか、人が嫌いだとか、あの人が憎いとか、あの人が愛おしいとか、生きていれば色んな感情が沸いてきますが、その人に出会った意味がそこに何かあると思うんです。

思うに、人が宝物にしてる物って単純に希少性があってレアだからとかそんな簡単な理由ではなくて、その物に対して色んな思い入れや感情や、例えば苦労して手に入れた物だったり、大切な人から頂いた物だったり、初任給で使った物だったり、親や祖父母から受け継いだものだったり、そういった人それぞれ個人個人が何か強く思い入れている物なんです。

だからきっと、好きだとか、嫌いだとか、憎いとか、愛おしいとか、そういった人生の中でも絶対忘れないような出来事って、ある意味で宝物みたいな物なんだと思いました。

そういった思い出みたいなものを、たくさん経験したり作ったりできるお店という空間は、宝箱なのかもしれません。


フランス語の中に、「souvenir」という単語があります。

英語ではスーベニア;(旅行、場所、出来事等の思い出となるような)記念品又はお土産、と言う意味ですが、フランス語ではスーベニール;(忘れずに)思い出す、と言う意味です。


人生の中には、良くも悪くも思い出す出来事がたくさんあると思います。

そんな思い出すような出来事がたくさんある人生というのは、思い出す価値があるほど凄いことなんだと思います。

これからも出来れば良い思い出のほうをたくさん増やしていけるように、頑張っていこうと思いました(^^)

今後とも、宜しくどうぞです☆


8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

幸せのお裾分けを頂きました

今日は、嬉しいことがありました(^^)

自分の友達が結婚することになったのです☆

旦那様は、某TV局の芸術家ダンディAD。

奥様は、超~美人女医。

お二人に出会ったのは熊本に帰ってきて間もない頃ですから、もう4年程前でしょうか。

当時から行き始めたシャンパン&ワインバーの「ヴィラージュ」にて、詳しく書くと長くなるのですが不思議な出会いでございました。

そのお二人が…晴れてご結婚です、本当におめでたい!


昨夜いらした上に今夜もいらっしゃるということで、うちも何か出来ないかなぁと思い、まずは先日入れ替えたカウンターの薔薇を整理して新しいものに入れ替えました。
IMG_0738.jpg


それから、前の薔薇の花びらのキレイなところだけを選りすぐって掃除。
IMG_0737.jpg


…これをシャンパンクーラーに浮かべて、うちからのお祝いの一本と一緒にプレゼントしました(*^^*)
IMG_0736.jpg


写真は、飲み上げられた後のボトルですので空ですが、中身はフランスの次代を担う30人の醸造家に選ばれたジャン・クロード・マス氏のリリーパッド・ピンク・スパークリングワインです~!


柔らかいピンクの花びらと、リリーパッドの印象的なピンクのコントラストがとても素敵でした。

折りしも明日はうちが開業して1年半目。

いやぁ…何だか幸せのお裾分けをいただいたみたで、こちらまで嬉しくなっちゃいました!

お二人とも、おめでとう御座います☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

日本最古の酒を復元「鶴亀諸白」

今日も暑いです…。

昨日と今日は、筋肉の超回復を狙って水泳はお休みです。

暑いので泳ぎに行きたいのですが、休憩も必要なんだとか。


さてさて!

数は少ないですが、今回はとても珍しい日本酒が手に入りました。
IMG_0732.jpg

タイトルにもある通り、250年前の日本最古の幻の清酒を復元した「鶴亀諸白(つるかめもろはく)」です。

新潟県新潟市竹野町は上原酒造株式会社が復元したこのお酒、箱の説明書きはこうです…


“蘇った江戸時代・宝暦年間の酒、そして良寛酒寿(りょうかんさかほがい)

 この清酒は、今を去る二百五十年前、江戸時代宝暦年間(1751年から1763年)に醸造された「最古の日本酒」復元を目指したものです。

 その原型は新潟県で発見されました。

 当醸造元では古文書に基づいた試験醸造を繰り返し、計画より五年間の歳月を経て、ようやく復元にこぎつけました。その製法は日本酒本来の古典醸造法とされる古式生もと(キモト)造りを採用しました。つまりこの清酒は現在日本で行われている醸造法の中で極めて古い製法で造られた清酒なのです。

(「生もと」とは伝統的な酒母の造り方で、山おろしと呼ばれる櫂入れ→つまり混ぜる事、の作業を伴い、自然界の乳酸を取り込みつつ、酵母を大量に培養する方法です。人工的乳酸添加等はいっさい行いません)”

 また出来る限り宝暦年間ころの成分分析値に近づくよう試みました。

 その結果、健康の源とされるアミノ酸や乳酸が、通常純米酒の約7倍という驚異的な含有量でしたが、それはこの古典酒復活=日本酒ルネッサンス運動の副産物でした。

 江戸時代の人は、なんと贅沢なお酒を味わっていたことでしょう。

 ところで宝暦年間といえば、わが良寛禅師のお生まれになった時代です。修行時代を経て、越後に帰られた良寛禅師が好まれたお酒が、ちょうどこの「鶴亀諸白」と同じような製法により、同じような味わいと酔い心地を持っていたことは想像に難くありません。

 どうか皆様、この古式豊かな「江戸時代の風味」をご堪能ください。

(良寛禅師・酒の歌)
 さす竹の君とあひ見てけふは酔ひぬ この世になにか思ひ残さむ
 うま酒を飲みくらしけり同胞(はらから)の眉白たへに雪の降るまで

 よしあしのなにはの事はさもあらばあれ共につくさむ一杯の酒
 うま酒に肴持て来よいつもいつも草の庵に宿は貸さまし
 さす竹の君がすすむるうま酒に われ酔ひにけりそのうま酒に


「越後諸白」の召し上がり方

 江戸時代のお酒はアルコール度数で17から18度前後であったと想像しています。ドイツの貴腐ワインを彷彿とさせる成分と味わいが特徴です。酸甘アミノ酸濃厚で旨味成分の豊富なこのお酒は、江戸時代には、アルコール度数で12度前後に薄めて飲まれていたと言われています。確かに、旨み成分の少ない大吟醸や端麗辛口の現代清酒とは違い、薄めてアルコールを落としても、旨みは十分に残っています。食とのバランスも少し薄めたほうがよいのではないでしょうか。

 また、夏にはオンザロックで召し上がるのも一興かと思われます。ぜひお試しあれ。


「越後諸白」のヴィンテージ性と保存性

 このお酒の長期保存性の良好さについては、250年の間、酸化することなく新潟県の古民家の土蔵で保管されていたことからも証明されています。現在は広島の国立醸造試験場にて大切に保管されています。

 その保存性の高さについては高濃度のアミノ酸、酸、糖度によるものとされています。

 ですから、貯蔵は特に冷蔵は必要なく、常温保存で充分と考えております。もちろん直射日光、高温は避けてください。地球環境保全の意味からも、品質保全のため冷蔵保存でぴりぴり神経を使うお酒よりも、常温での適正熟成タイプのお酒こそ本来のお酒であると考えています。

 また、ほとんど原酒に近いお酒であることから、この復元酒もまた250年の長期保存には原則的に耐え得るものと考えております。3年、5年、10年と熟成を待ち、封を開ける時のときめきも楽しいものです。長期熟成用酒としてもお試しください。

 同様にワインにおけるヴィンテージ的な意味合いで、醸造年度、醸造地域を明記しました。というのも、このお酒は古典醸造法で造られ、また精米歩合も90%であるため、各年度のお米の出来具合や醸造時の温度などの自然条件にお酒の仕上がりが左右されることが多いからです。”


…引用が長くなりましたが、それだけ長文で説明する価値のある日本酒ってことです!

う~ん、なんてったって長期熟成用酒として保存が出来るというところが素晴らしい!!!

うちで仕入れたものは全て「越後国竹野町 平成二一年醸造」です。

説明書きの通り、高温を避けた常温で保存しておきますので、オンザロック等でお召し上がりいただきたいと思っています(^^)

これは、間違いなく過去からの遺産ですね☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

馬スジとトマトのシチュー風煮込みを仕込みました

この暑さは10月まで続くとか(ーー;)

う~ん、、ちょうど良い季節が短い熊本です。

たまぁに脱出したくなりますが。。

熊本に限らず、知り合いの服屋では秋冬物の動きが非常に鈍いそうです。

また、ひどい円高の為に並行輸入屋さんは助かっているとか。


それにしても、今月後半は街中に人が少ないですねぇ。

2月8月は暇と言われておりますが、まさしくそんな感じでしょうか???

お店では、久しぶりに馬スジとトマトのシチュー風煮込みを仕込みました。

コラーゲン質とビタミンCでお肌プルプルになること請け合い☆

今回は前回よりも1ポーショん当たりの量を20%増量して、値段はそのまま11食分仕込みましたよ(^^)


話は変わりますが、最近は「健・情・美」がブームの様子で、健康・情報・美容が生活でもビジネスでも重要なテーマのようですね。

毎日こう暑いと、ブログを書く気がおこりません(ーー;)


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

『グルメぱぁ~てぃSpecial 2011』がもうすぐ発売です

昨日は午後に、今日は午前中の出勤前に水泳へ行ってきました。

先日、約5ヶ月ぶりに水泳へ行ってからこれを機会に水泳を再開しようかと思っています(^^)

飲食業は立ち仕事ですので、結構腰に負担がかかるのですが水泳は無理なく続けられるトレーニングですので暑いし涼みがてらやっていこうかなぁ…と。


そうそう、水泳の行き帰りに感じたことがあります。

ルート上、どうしても対面通行で信号機はないけれど横断歩道のある道路を通ります。

ここで、歩行者がいる場合にどうするか???ということです。


皆さん、どうしてますか??

良く考えてみれば日本では普通は車が止まらずに、歩行者の方が横断できるまで待っています(少なくとも私はそういう場面の方をたくさん見かけます)。

これが、私の住んでいたイギリスやフランスでは違います!


どんなに後ろに車がつっかえていようが、進路方向の車も対向車も必ず停まって歩行者の横断が優先なのです。

初めての時は戸惑いましたが、場合によっては横断歩道のないところで渡ろうとキョロキョロしているだけでも両方向の車が停まることさえありました。

う~ん、国民意識というか交通モラルというかそこの違いなのでしょうかねぇ…。


一応、日本でも「信号のない横断歩道」は法律的に「歩行者用信号が青と同じ意味」と考えるので常に歩行者最優先なのですが…“歩行者の横断歩道を自由に渡る権利”があまり尊重されていないのが現状ということみたいです。


ちなみに、中国に住んでいた大学の時のアメリカ人教授が言ってました。

※ケースとしては、直進車と左折車の場合(日本だと直進車と右折車の場合)です。

バイクと車の場合は、車が優先。

普通車とトラックの場合は、トラックが優先。

メルセデスとトラックの場合も、トラックが優先。

そして、仮に歩行者とトラックでも、トラックが優先。

…らしいです。

車種やブランドに関係なく常に大きいもののほうが優先されるのだとか!?

これが当事のゼミの場合、一般的に日本人はブランド意識が強いせいかメルセデスのほうがトラックより優先っぽく考えてしまいましたが、そこがカルチャーショックであり、いかに日頃からブランドという認識にとらわれがちであるかということでもあったのかもしれません。

まぁ、あまり深く考えてもどうしようもないのですがそういった事を思い出したので書き留めておきます。


さてさて、カウンターの花を変えました。
IMG_0729.jpg

久しぶりにバラの登場です~。

前回の写真掲載から2度生花の入れ替えをしていたのですが、ブログにアップしておりませんでした。。

バラは綺麗ですねぇ(*^o^*)


そしてそして、厳選したこだわりのお店約100件を本物志向の30~40代中心に向けて発信する年1回発行の『グルメぱぁ~てぃSpecial 2011』の販売が、いよいよもうすぐです!

今回は、“大人が通う路地裏の隠れ家”として4店舗の中の1つとして一番最初にご紹介を頂いておりますm(_ _)m
gurupaSP2011.jpg

担当者によると、書店に並ぶのは大体3日後でしょうか???

去年まではクラブの掲載もありましたが、今回は飲食店限定の様子です。

そして…宮城県仙台市が本店のつけ麺屋さんの「おんのじ」(うちのは「おんの字」)も掲載されておりますが、うちとは相変わらず関係ありませんから(笑)。


そもそも、まずかぶることはないだろうと思ってつけた屋号だったのですが…オープンして半年も経たないうちに同じ読みのお店が出来たのでビックリでした。。


ま、それは良いとして『MOCOS 9月号』のほうもようやく手に入りましたので少しご紹介しておきます☆
MOCOS201009.jpg

今回の『MOCOS』では、“「特別」な真心を、「こじんまり」な空間で”と銘打った“S級(Special&Small)ダイニングの美学。”がテーマです!

その中でも「もてなし」の匠・10人としてご紹介を頂き、非常に恐縮しております(^^;)


以前もブログに書いておりますが、うちのお店は“居抜き”と言って前のオーナーさんの内装をほとんどそのまま引き継いで始めました。

居抜きとスケルトンの話→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-159.html

オープンして今月28日でやっとこさ1年6ヶ月目。

昨今の景気の中、内装から自由に造れるほど理想的な形でオープン出来たわけでもなく、そんな中でこうして認めていただけるというのは本当に本当に有難いことなので御座いますm(_ _)m


しかし、実際にはまだまだ及ばずのところだらけです。。

お店側は生徒、お客様が先生と思い、日々勉強させて頂いておりますm(_ _)m


どうぞ、今後とも当店「おんの字」を宜しくお願い申し上げます!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「熊一」本店へ行ってきました

一昨日は飲み過ぎた様子で記憶が曖昧なのと、昼過ぎても酒が抜けずに夕方頃までうなだれておりました。。

しかし、不思議なもので昨夜最後にいらっしゃったお客様からビールを1杯いただくと何か元気に(笑)

今日がお休みですので、帰りは(つけたところでどうしようもない)精力でもつけようかと一人で焼肉を食べて帰りました。


銀杏通りの焼肉「熊一」本店です。

生ビールと、和牛のユッケ
IMG_0722.jpg

上ネギタン塩に上ミノ
IMG_0723.jpg

ムンチサラダ
IMG_0724.jpg

冷麺
IMG_0725.jpg

大根サラダ
IMG_0726.jpg

ハラミ(横隔膜)
IMG_0727.jpg

あと…撮り忘れましたがピリ辛サラダってのも食べてます(^^;)

いやぁ、ここのサラダは随分と量が多いのですが1人で3人前も食べたからさすがに苦笑いされていました。。

自分、本当は野菜→魚→お肉の順番で好きなんです。

そして、色々と食べて回ってきましたが「熊一」のサラダは今まで食べてきた中でとにかく本当にコストパフォーマンスが良いんです!

ぶっちゃけ、サラダならあと3枚はいけたかも…。


おまけに帰宅してからは今日のお昼ご飯の冷や汁まで仕込みましたから、どんだけ食べるんだ!?って感じですね(^^;)


…さてさて、つい最近知り合いの女性がつけていたボディーミストがとても良い香りだったので教えてもらい買ってみました。
IMG_0721.jpg

「BODY SHOP」のホワイトムスクです(^^)

ボディーミストとついでにシャワージェルまで買ってしまいました☆

本当に良い香りで、オススメです!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「二貝」と「肴」へ行ってきました

16日発売の『MOCOS 9月号』で掲載されていたお店がいくつか気になっておりまして、昨日は営業終了後に2軒だけ回ってきました。


まずは干物居酒屋の「二貝」さん。
IMG_0711.jpg

遅い時間だったのと、明日がお休みということで色々サービスしてもらったりしつつ。
IMG_0712.jpg

本ししゃも(メスのみ)
IMG_0713.jpg

イカ一夜干し
IMG_0715.jpg

オーナーさんと飲みながら談笑、オープンしてまだ1年程度という話でした。

雑居ビルの中にあるにも関わらず坪庭が見える風の店構えになっておりまして、なかなか素敵なお店でございました(^^)


2軒目は「食家 蛍」の2号店で「肴」というお店。

ここのオーナーさんは実家が漁師ということもあって、魚介類の鮮度が気になります。

まずは馬肉のウニ和えを。
IMG_0718.jpg

そして、鮮度がわかりやすい鯖の刺身を。
IMG_0717.jpg

あぁ~なるほど!確かに鮮度がいいのが一目でわかりますね。

こんなに良い魚はぶっちゃけ値段でも仕入れでもうちには真似できるもんじゃあありません。

白山の方に「うしお」という居酒屋があって、こちらも実家が漁師というお店なのですが、どちらも仕入れが安く上がるし鮮度も良いしで、これはこれで素敵なことだと思います。


まだまだ気になっているお店がいくつかありまして…回れる時には回っておかないとですね。

以前にも書いたかもしれませんが、お店というのは一見では計り知れない部分がたくさんあります。

1度目の印象が悪くても、2度目は違った印象になったり、3度目になってやっと料理や接客の質がわかるような。

というのも、客としての自分は1度目は緊張していたり、お店側も初めてのお客様がお相手では何も情報がないので好き嫌いや人柄、どんなお酒がお好みだとか、趣味は何をなさっているかとか、全くわかりませんので探り合いから始めるしかできません。

2度目になれば「あぁ、前回は日本酒でせめられていたから日本酒がお好きなんだろうな」とかで好きそうなものを薦めることも出来ます。

3度目になると、前回の反省も踏まえてだいたいお客様の好みが分かってくる感じです。


なので、私は気になったお店には最低3回は行こうと思っています。

明らかに既製品、接客はバイト、というお店ならそこまではないですが、丁寧さが感じられて、人間味が感じられるお店であれば尚更です!


又、例えばうちの店なんて顕著なんですが、お品書きに書いてあるメニューなんていうのはその日その時にオーダー頂いても出切るようなちょっと言葉は違いますが簡単なメニューばかりなのです。

仕込みに手間がかかって、職人技を感じられるような仕事を堪能するには、コース料理がオススメです。

お店によってもコースは普通のお品書きの単品の組み合わせだけだったり様々でしょうが、うちのような和食の店の場合はそんなことはありません。

そして、例え週に2度、3度のご来店があったとしても同じものを出したりもしません。

同じものは2度出さない、それがルールというかお店側としてのマナーでもあるからです。


というわけで、コース料理は少なくとも前日のご予約でしか承っておりませんが、是非一度お試し下さい。

コース料理は3,500円を基本に、内容や価格は応相談です☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

生ビールが美味い!

ふぃぃ~暑ぅございますなぁ…。

出勤中の車内温度計を見たら40度ですって(*o*)
201008211504000.jpg

ぎゃ~こらぁどうし。。

ロシアでは猛暑から一転、初雪が降ったそうですが(^^;)

ちょっと外を歩いただけでも噴き出す汗の量が凄いです。

夏の甲子園は春夏共に沖縄が連覇、熊本勢も惜しいところまで頑張りました!


こんなに暑いのに、アパレル業界では重衣料のリリースラッシュです。。

クーラーのガンガンにきいた部屋ででもないとチェックする気にすらなりませんが、これは欲しいなぁと思うアイテムがありました。

img56934887.jpg

roar(ロアー)のブランドシンボル的な二丁拳銃がスタッズで表現されたダブルジップパーカーです。

パーカーは身近なアイテムですが、スタンダードなアイテムとして毎度提案しているメーカーでも毎年少し丈をかえたり、素材や色やディテールに変化を持たせていたりします。

私はパーカーがあまり似合わないほうなのですが、ちょっとした丈やディテールの違いで不思議と似合うことなんてあったりするもんです。


料理も似たようなもんで、暑ければ酸味の強めが美味しかったり、寒いときは少しコクが強いほうが美味しく感じたりするもんなんですよね。


そんな中、今うちで一番売れているのがやっぱり生ビール!

メーカーさんによれば、1度上がるだけでも売れ行きが全然違うとか!?


通常、今はやってない飲み放題の時にでもグラスの在庫がきれそうになることなんてありませんでしたが…昨日に至っては冷えたグラスの在庫が残り3個までに追い詰められて、グラスを洗って冷蔵庫に入れて、注文が先か冷えるのが先かでヒヤヒヤする場面すらありました(^^;)

今はやっていない飲み放題付のコースですが、先日は「おたくの生ビールが美味しいから飲み放題でやってくれ」とおっしゃるお客様まで。。


そりゃあ、うちの生ビールは管理も値段も精一杯頑張っていますもの!

本当に美味しい生ビールとは何か??

答えはコレです→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-5.html

そして、その為に絶対怠らない努力がコレです→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-35.html

開店以来、数え切れないくらいの生ビールをお客様にご提供しておりますが、そのどれもがアサヒビールさんも認めてくれる本当に美味しい生ビールだと自負しております(^^)


たまに、お客様は知らないだろうからとか思っているのでしょうか?アサヒ樽生クオリティーセミナー修了書を堂々と掲げておきながら、ふざけた残念な生ビールを出すお店が多いです!

時には生ビールと偽って、発泡酒を出している酷いお店まであります。。


生ビールの話に限った事ではありませんが、何にでも誠実に頑張っている人が必ずいるのに、一部の心無い人達の所為で同類項は同類項だろうと決めてかかられるのはとても悔しいです(:_;)

しかし、だからと言ってそれをやめるわけには行きません!!!


心を込めて作って貰っている品質を、最後の最後のお客様の口に入るまでしっかりと届け果たすことこそが飲食サービス業の使命だと思って頑張ります☆


それにしても、昨今ビールが苦手だと言うお客様に出会うことも多くなりました。。

味覚は変化していくものなので、将来飲めるようになった時、本当に美味しいビールに当たって欲しいとただ願うばかりです…。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

つかれている…!?

今日から仕事再開…!!

と思っていたらです、朝から急な熱発を起こしました。。


…ことの発端は朝の8時前位だったでしょうか、7年前に亡くなった祖母の夢を見ました。

夢の中というのは不思議なもので、時々夢か現実か判別できないどころか夢ではなくそれが現実だと疑いもしない時があります。

私は根っからのおばぁちゃんっ子ですので祖母の夢を見ると何とも言えない心地良さを感じて目が覚めて、そして白昼夢宜しく寝ぼけた頭では少しの間、祖母がいないことすら忘れてしまうことがあります。


午前8時、よくある事ですが携帯の着信音で夢から現実に引き戻されて普通に寝起きが良い私はメールに返信をしたり今日の予約の確認をしたりしてから本来は10時過ぎに起きる予定でしたので再び床に着きました。


すると、どうでしょう!?

自分の体が透明になるではないですか???


過去一度だけ金縛りにあったことがありますが、それとも違うし幽体離脱のような現象でもないし、とにかくベッドに横たわったまま腕だけが上にあがっていく感触が確かにあるにも関わらず、意識して動かせないその自分の腕が透明に透けているのです!!?

物凄く重たい腕が、一瞬なのかそれとも終わりのないほど気の遠くなる一瞬なのか今ではわかりませんがとにかく現実に回りにあるものを触る感触さえありました。


野生の感と言うのか、あきらめにも似た悟りと言うのか、頭のどこかで『…あぁ、お迎えが来たんだ』と徐々に感じていくのがわかりました。


一瞬、意識が遠のきそうになると“…南無阿弥陀仏…”と自分なのかそれとも他の誰かなのかが念じているのが感じられました。

その瞬間、さながら寝たままキョンシーのポーズをとっていた私の透明な腕がもとの気を付けの状態に戻り、それから間もなく目が覚めたのですが、まるでひどい二日酔いのように頭が重たく、8時過ぎに普通に起きた事を考えれば異常なまでの寝起きの悪さです。


それから…また間もなく睡眠の奥深くに引き摺り込まれて、、またしても一からへ逆戻りです。

腕が透明になり、再び得も知れぬ力で体から引き摺り出されそうな感覚に抵抗すら出来ませんでした。。





どれ位抗ったかもわからないうちに、意識は暗黒の、奈落の底の、深く深く、光さえ届かない暗闇におちていたようです。




目が覚めてみればたったの2時間も経っていませんでした。

しかし、何となく体が変です。


体中、気持ちが悪いくらいに汗をかき、測らなくてもわかる位に酷い熱発を起こしていました。。


連休明けの始まりが、こんなおかしな目覚めに始まり…家を出るまで嫌な汗が止まりません。。

仕事中は普通に仕事出来ましたが、汗のかきかたがいつも以上でおかしい。


帰り道、知り合いが誕生日でしたのでプレゼントを渡しに行ったら「どうしたの、つかれてるんじゃない?」

と言われたのが一瞬「憑かれてるんじゃない?」と言われている気がしたのが何となく滑稽でした。


帰宅してしばらくも、何となく後ろに何かいるような奇妙な感覚でしたが…やっぱり“ただ疲れているだけ”なんだと思います。


真夏の夜の怪談ではありませんが、、亡くなった祖母の夢の続きだったこともあり、未だに不思議な感覚なのであります。。

そんな不思議な出来事に始まった一日でしたが、普通に良い連休明けの1日で御座いました(^^;)


皆さんもそんな不思議な体験をなさったことはありませんか???

それとも、単に偶然が重なったから不思議体験のように感じてしまっただけなのでしょうかね。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

アロガント・フロッグ試飲

昨夜は、バー八点鐘さんが飲み放題イベントの日でしたので皿洗い等のお手伝いに行って来ました(^^)

自宅から、先日購入したワインを2本持参しての参加です。

New wave of wine、フランスワインの明日を担う30人の醸造家にも選ばれたジャン・クロード・マス氏のブランドワイン、アロガント・フロッグです。

アロガント・フロッグというのは、フランス人が傲慢なカエルと揶揄されるそのまんまの表現を名前に冠した実にアイロニックな名前のワインなのですが(^^;)

フランスワインらしくなしそのカエルの絵のラベルと、コルクではなくあえてスクリューキャップというのが特徴!

IMG_0685.jpg

まずはリベットピンク・シラー・ロゼです。

フランスはラングドック・ルーション地方原産、濃厚でスパイシー、そしてパワフルでエネルギッシュなインパクトのあるシラー100%のロゼワインです。

蛍光灯の下ではどぎつい程にビビッドなピンク色なのですが、写真では光の加減でちょうど良い感じですね。

香りが果実的なので飲みやすいのかとなめてかかると明らかにドライな味わいなのが印象的でした!


そして、次。
IMG_0687.jpg

リリーパッド・ピンク・スパークリングです。

葡萄は、世界で最も栽培されている黒葡萄品種のカベルネソーヴィニヨンと、同葡萄と一緒に良く栽培されていて酸味が低く柔らかいタンニンが親しみやすいメルローです。

前者に比べて甘く感じ、飲みやすいワインでした。


お越しになったお客様にもふるまって、味見をしていただきましたよ(^^)


しかし…バーという営業形態も大変なんですねぇ。

仕事上がりにカウンターの中に入れさせてもらうことは今までにも何度かありましたが、オープンからラスト&片付けまで中に入ったのは初めてでした。


うちのお店でもあることですが、酔っ払った人間の変貌というのは時折はかりしれないものがあります。。。

そういえば、別に昨日の話ではありませんが何故か酔っ払うと政治の話や宗教の話や説教を始めたがる人がいたりします。。

何が楽しいのかはさっぱり理解できませんが、お酒の席でそんな話をされてもどうしようもありません(ーー;)

素面の時に説法をするのには構いませんが、酔っ払いの説法ほど性質が悪いものもありませんので私はこれら(政治、宗教、説教)のトピックスを酔っ払いの3大悪事とよんでいます(笑)。


まぁ、説法やってる本人達はそれが楽しい(?)のでしょうけれども。。


お酒は楽しく美味しく飲みたいもので御座います。

楽しい雰囲気や場を作るのも、楽しい会話を作るのも、時には真面目な話で建設的(←ここが重要!)意見交換や情報交換するのも、お客様とお店がそれぞれそうなるようにと努力してこそなのではないかなぁ…と思う今日この頃です。

毎日、勉強になります。


明日からはまた営業再開です(^^)

楽しみだなぁ…☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

DASSAIスパークリング

本日、連休3日目でございます。

え…?

ブログ書くなんてよっぽど暇なんだろうですって!?余計なお世話です(ーー;)


今日は、連休直前に入荷した獺祭(だっさい)のスパークリングの紹介です。

IMG_0659.jpg

精米歩合50%のスパークリングにごり酒!

シャンパンのハーフボトルに入ったこのスパークリング日本酒のコルクはシャンメリー同様にプラスチックでした。

コミカルな漫画で、栓の抜き方の注意事項が説明してあります。
IMGdassaimanga1.jpg

結構遊び心がある感じなんですね。
IMGdassaimanga2.jpg



気になる中身は、居合わせたお客様と一緒に味見をば。

私は日本酒好きですが、にごりはあまり得意ではありません。

しかしながら、飲みやすい喉越しと甘めのお酒ですので女性がお好きかも。

ついでにお客様よりいただいたコチラのお土産を。

IMG_0656.jpg

いかたこせんべい唐揚げですって!

何でも羽田空港で行列に並ばないと買えない程の人気お菓子らしい。

IMG_0657.jpg

この手のお菓子ってどれも平均して美味しいですよね(*^o^*)


昼は久しぶりに水泳に行って来ました、3月以来でしたので約5ヶ月ぶり!?

終わってプールからあがったら体が重くてショックでした。。


そして…

この連休に入ってから食べた量が尋常ではありません。。

連休初日は、百貨店勤務の友人と2人で某チェーン居酒屋にてサラダ、単品8品。

その後バーを2軒はしごした挙げ句に、深夜の酢豚、ホルモン煮込み、白ご飯1杯、そしてタイピーエン。。

2日目は、同業の友人とこれまた焼肉屋さんでしこたま食べた挙げ句に寿司屋へはしご。。。

今日は、水泳に行った後に中華料理屋で定食に単品をプラス3品食べたのにまだ余裕の腹具合と言う。。

全くもって、食費がバカになりません(TT)


今日は、夕方からバー「八点鐘」さんにボランティア行って来ます。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

“口当たり”の話

4連休2日目です~

休みなのに飲み歩く位しかすることがありませんが…まぁ良しとしましょう。。

実は昔に某アパレルサイトでコラムを掲載させていただいていた私なのですが、インターネットショッピングは本当に便利ですねぇ。

商品を実際に手に取ることができませんので、写真の撮り方が大きなポイントとなります。

実際よりも良く見えてもダメだし、悪く見えても勿論ダメです!

かといって…商品の魅力を引き出せなくては購買意欲につながりません!!!

まぁ、アパレルの現場に携わった人間からすると素材の名前や寸法やブランド毎の商品タグにつけられたカラー番号(例えばガッバーナの末尾4桁が9001ならデニムブルー)を見ればだいたいブランドイメージからそのアイテム毎の試着イメージがわかるもんなのですが、一般的にはそんなこと難し過ぎて無理です。。

これが食べ物の写真になったらもっと難しい!!!!!!

だって、、食べ物の味は伝えたくても伝えようがないんですもの。。


既製品を使っているお店は別にして、通常お店の味っていうのはそれぞれの板前の腕に左右されます。

そして、その職人さんの味見がそのお店の味になってますよね☆


ところで職人さんは“口当たり”と言って、自分で味見して美味しいと思う味付けが調味料の割合になってます(^^;)

なので、通常の料理本にはきちんと大匙何杯とか何グラムとかはっきりと明記されているのですが…これが和食専門書になるといまいちはっきりしません。

↓例を載せましょう↓

(90ccレードル)
出汁4.5
薄口0.5
濃口0.5
味醂  1
砂糖0.5



上は私が教わった専門学校のある料理人の丼地(どんじ;丼物用の割り下のこと)の割合なのですが、普通に考えたら小学生でも2倍して整数で整えますよね???

ところが!

ここに口当たりの秘密があるのです!!!

0.5という表記は、一応0.5のつもりで計量をするのですが「結果0.6になっても0.4になっても後は味見をして“口当たり”の良いように決めなさい」ということなのです。

味見をする本人の体調やその日の天候によって、味というのは変わります。

勿論、味そのものが変わる訳はなく味見をする本人の味覚が変化するわけです。

なので、味付けに正解というものはありません。

料理本やレシピに載っている調味料の割合で、もしピンと来なかったらそれはその日の貴方の体調には合わない味だったということ。

そんな時は足りない味を意識して探してみてください(^^)

酸味が足りなければ酸味を足す。

旨味が足りなければ旨味を足す。

しかし、足しすぎたらどうにもなりませんのでそこはご注意を!

既製品の中にも良く出来た割合の調味料があったりしますが、それでもいつも使っているとたまに「?」となる時があったりします。

既製品を使っている料理が必ずあまり良い評価にならないのは、人間の体調は日々変化しているのに、いつもおんなじ割合の調味料を押し付けているからなのかもしれませんね。

今日は、口当たりのお話でした。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。