スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セレンディピティー

こんにちは☆

う~ん、毎日暑くなってきました(○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・

もうすぐ本格的な夏を迎えるのでうちにしかない新しいメニューを考案しようと思っています。


ところで、セレンディピティーという言葉をご存知ですか??

この“Serendeipity”という単語は18世紀に造られた造語なのですが、とても興味深い意味を持っています。


↓意味としては↓

“何かを探しているときに、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。

何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」を指す。

平たく言えば、ふとした偶然をきっかけに閃きを得、幸運を掴み取る能力のことである。(Wikipediaより)”


そう…ふとした偶然をきっかけに(ここが大切!)、求めていたものではないにしても他の新しい何かにつながるというまさに結果オーライ的に近い感じで何かを発見する能力なのです!!

以前私はメンズ服のデザイナーをやっておりました。

デザインというのはテーマに忠実にモチーフを生み出し、展開するという方法が1つあるのですが、試行錯誤している時に偶然あらわれた模様が意外にもテーマのモチーフとして最適だと発見したということもありました。

これも小さいながらある種のセレンディピティー。


身近な物で例えれば、今私達が便利なものとして使っている付箋(ふせん・ポストイットメモ)もセレンディピティーが関与した典型的な事例です。

付箋は、1969年のアメリカの「3M社」で強力接着剤を開発中に偶然生まれた“非常に弱い接着剤”の使い道から生まれたものなんです。

当初、弱い接着剤なんて何の役にも立ちそうにありませんでしたが(そりゃあ接着剤ですからより強力なものを普通は求めますよね)、同社の開発研究員が本の栞(しおり)の代わりに利用できないかと紙にこの弱い接着剤を組み合わせたところから始まったそうです。

これがこれが!

紆余曲折あったものの大企業の秘書課で大人気に!!

そして、1980年堂々発売の運びとなったそうです。


う~ん、このセレンディピティーという能力がいわば新しい発見や発明につながるってわけですね。

この言葉自体を知らなくても、意外と日常生活の中でこの活動をやっていることってたくさんあります。

さぁて、新メニュー開発の為にもセレンディピティーを研ぎ澄ませましょうかねぇ。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

5月の店休日は、6日(木曜)、10日(月曜)、18日(火曜)~20日(木曜)、27日(木曜)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。