スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

島原日帰りの旅~具雑煮~

こんにちは☆

あっという間に今年も6月に入ってしまいました、早いなぁ…。

先月は、店休日がピンポイントで100%雨というすごい1ヶ月でした。

今日の店休日は、とりあえず晴れ(^^)

久しぶりの晴れで、本当に嬉しくって遠出することにしました。

先月知り合ったブログ仲間のAさんを誘ってフェリーでいざ島原へ!

良い天気☆

IMG_3506.jpg

遠ざかる熊本新港を眺めつつ、阿蘇のほうには結構雲がかかっていましたね。

IMG_3507.jpg

う~ん、気持ちが良い(^^)

IMG_3508.jpg

私達が今回乗ったフェリーでは、5m未満の車で同乗者1人の場合、片道3,800円でした。


14:50分に熊本を出て、約30分程で島原に到着。


到着………

……








( ̄□ ̄;)!!





雨だ。。

IMG_3509.jpg


島原は、まさかの雨。

雨男は、料理長ではなくまさかの自分でしたw


目指すは、ここ「姫松屋」です。

IMG_3510.jpg


今回の一番の目的は、島原の郷土料理である“具雑煮(ぐぞうに)”を食べること。

そして「姫松屋」は、元祖具雑煮のお店なのです。


「姫松屋」ウェブサイトによると、“具雑煮”とは…


“「具雑煮」とは島原半島地域で正月などに食べる独特な雑煮のことです。

この「具雑煮」の由来は、寛永14年(1637年)の島原の乱のとき、一揆軍の総大将であった天草四郎が3万7千の信徒達と共に原城に籠城した際、農民達にもちを兵糧として貯えさせ山や海からいろいろな材料を集めて雑煮を炊き,栄養をとりながら約3ヶ月も戦った時のものが始まりと言われています。

これをもとに文化10年(1813年)、初代糀屋(こうじや)喜衛ェ門が味付に趣向をこらして生み出したのが「具雑煮」のはじまりと伝えられています。

2代目姫松屋嘉久平により屋号を姫松屋として現在に至っています。

「具雑煮」の温和な味は島原の郷土料理として有名です。”


ということらしいです。


能書きはともかく、早速注文です。

天ぷらも食べたかったので単品で天ぷらも注文(^^;)


こちらはメニューなのですが

IMG_3513.jpg

驚きなのが、その熱量!!

一口サイズの小さなお餅が5個入ったのが(並)で、8個入ったのが(大)なのですが

(並)は、たったの260キロカロリー。

(大)でも、390キロカロリーです!?


こちらが(大)で、土鍋で出てきました

IMG_3516.jpg

蓋をあけると、こんな感じ

IMG_3517.jpg

餅の下をほじくりかえすと、具がたくさん!!

IMG_3521.jpg

wikipediaによれば…シロナ、かまぼこ3種類、アナゴ、ごぼう、卵焼き、シイタケ、凍豆腐、れんこん、鶏肉、餅、春菊の計13種類の食材が使われているとか。

ベースはあっさりしていましたが、具からバランス良く味が出ているのでしょうねぇ。

いや、なかなかうまかったです!!

しかも、かなりお腹いっぱいでその後の腹持ちも完璧だったにも関わらず低カロリーなのが素晴らしい!


おまけ

IMG_3515.jpg

天ぷらの盛り合わせです。


そして、「じげ納豆」というのが置いてあるそうでした…。

IMG_3519.jpg

じげ納豆??

何なんだろうと思ってましたが、身近なアレでした(^^)


IMG_3527.jpg

もろキューの、もろみなんですね!?


さてさて、食後は少しドライブです。

思えばおよそ10年前、ちょうど初めての留学に行く直前に生前の祖母と従兄妹達と一緒に島原へ温泉旅行へ行ったことがありました。

島原のある地域では、『鯉が泳ぐ町』と言って水路を整理して鯉を泳がせています。

思い出のその場所へ、行くことが出来ました☆


IMG_3523.jpg

金色の立派な鯉です、水面の反射で見にくいですけど(^^;)

色んな水路に色んな大きさの鯉達が泳いでおりました。

IMG_3525.jpg

しばし、たわむれw


あれからおよそ10年かぁ…月日の経つのは本当に早いものです。

熊本行きの最終便は17:30でしたのでたった2時間の島原滞在でしたが、行って本当に良かったです☆

同行して頂いたAさんに感謝(^^)


そして、熊本に帰ってきたら一応雨は降っていなかったので安心しました(笑)

明日からまた頑張るぞ~!!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

6月の店休日は、1日(火曜)、7日(月曜)、14日(月曜)、22日(火曜)、23日(水曜)の予定です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Aさんの写真がありませんが?

気になりますねぇ~ ( 一一)

No title

>八点鐘さん
そんなに気にしないで下さいよぉぉ。。
プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。