スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

球磨焼酎案内人養成講座に行って来ました

昨日、12日の日曜日は去年行けなかった“球磨焼酎案内人 養成講座”へ行って来ました(^^)

今月始めに受講手続きを済ませていたものの、たまたまその日に入金した人達の分に関しては入金処理が出来ていなかったとかで、事前に届く予定の受講カードとか受講テキストが届いておりませんでしたが、電話で問い合わせたところ会場でテキストを渡してもらえるということで一安心。

この養成講座は開講4年目。

すでに受講を終了し、試験にも受かった人達は名刺などに球磨焼酎案内人のマークを入れたりして活動しているのだとか。

こちらが会場内の様子
IMG_0852.jpg

今回は52名が参加の様子。

こちらがテキストです
IMG_0858_20100913061937.jpg

全77ページのしっかりしたテキストの中に、酒税法に基づいた酒類と焼酎の定義や説明、球磨焼酎の定義や歴史や製造原理及び工程、球磨焼酎の味わい方、酒と健康に関する項目、そして球磨焼酎ミッション・ビジョンがびっしりと載っています!!!

その中でも関心を集めたのがこちら
IMG_0854.jpg

“がら”と“ちょく”です。

球磨地方独特のいれもののがらは、底だけ素焼きになっていてその他のところに釉薬が塗ってある為、直火にかけることができるのです!

IMG_0855.jpg

また球磨拳という遊びもあるらしくその実演があり、文化と伝統を感じました。


そして、重要なのがこれ
IMG_0853.jpg

味わいに関する指標。

1980年代からシェアトップにたった高橋酒造の米焼酎『白岳』は減圧蒸留革命と呼ばれ、第2次焼酎ブームというものを巻き起こしたらしい。

詳しく書き出すと1日かかる内容なのではしょりますが、うちの料理長もご愛飲(笑)の米焼酎『白岳』はとにかく革命的・画期的商品だったってことです(^^)


そこで球磨焼酎の飲み方なのですが、グラスの形状によっても味が随分と変わります。

・広口のグラス→香りの広がりが良い。飲んだときに複雑な味わいを感じることが出きる。渋さや苦味も感じられる。

・狭口のグラス→香りは抑え気味になる。よりすっきりとした味わいに。

・高さが長いグラス→焼酎の状態が長い時間そのまま維持される。

・高さが短いグラス→時間をおいた変化が楽しめる。

・厚みがあるグラス→甘さ・まろやかさをより感じる。

・薄いグラス→切れのあるシンプルな味わいになる。

…と、これは考えるとなんとなく納得がいきますがこれは舌と唇を考えるとわかりやすいです。

口の狭いグラスの場合、液体が舌に触れて喉をとおるまでの面積が小さいのですが、口が広いと舌全体を通るのでそこで味に変化が出る。

唇に触れるものに関しては、薄ければよりシャープに、厚ければより柔らかく感じますよね。


また、飲み方にも色々とあるらしく氷がとけるのを考えないならば通常球磨焼酎は25度なので、水割りでも5:5なら12.5%、6:4なら15.0%、7:3なら17.5%、8:2なら20.0%という塩梅。

日本の水は軟水でミネラルが少ない分柔らかい味わいで石鹸の泡立ちも良いですが、日本のこういった水で水割りをすると味も柔らかく甘口でまろやかで女性や若い世代向けの水割りになるそう。

ちなみにボルヴィック等の硬水で割ると、キリッとしてキレが出て、渋みや苦味も加わり一般的にはより男性向けの水割りが出来上がるとか。

他にも色々と面白い飲み方が載っておりましたが、こちらはおいおいブログに載せていこうかと思います。

勿論、当店にも資料を置いていますのでご来店いただいてご覧頂いても結構です!


…しかし、最後の試験はマークシートで4択の30問だったのですが、科学や発酵の予備知識がないとちょっと大変だった感じも(^^;)25問以上正解で合格&9月末に合否郵送ということで…久しぶりの試験に緊張してしまいました(ーー;)フー


出勤前に鶴屋のスワロフスキーに寄ったのですが、携帯用サイトがオープンしたようすで早速登録しました。

待ち受け画面にスワロフスキーの実際に商品として売ってある時計ELISの画像をダウンロードできちゃうんです!!
IMG_0859.jpg

これがカラーバリエーションの3色に変化したり、表示も実際の時間とリンクしていたりで…何か得した気分でした(^^)

モバイル用URL→http://swarovski-m.jp

QRコード
SWAROVSKI-mobile-QRcode.jpg

今登録すると、このELISウォッチが抽選で3名様に当たるとか!?

今日と明日はお店は連休をいただいておりますm(_ _)m


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。