スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリオス祭り

さぁさぁ…朝晩長袖で歩いている人も多くみかけるようになりましたね、お洒落の季節です!!!


そんなお洒落な季節のお洒落な飲み物と言えば、ワイン。

タイトルにありますよう、クリオス入荷致しました(^^)

クリオネ(写真、下)じゃあ、ありません!
kurione.jpg





ドミニオ・デル・プラタ社の『クリオス』は、アルゼンチンのワインでキャップもコルクではなくスクリューキャップなのですが、現在アルゼンチンで最高クラスの実力と知名度を誇る女性醸造家のスサーナ・バルボさんが造るワインですので世界中での評価もかなりのもんです!

今回はそんな『クリオス』が4種類入荷しました(^^)
IMG_0977.jpg



この独特なラベル…アレを思い出します、3代目ジョジョ・空条承太郎の帽子飾り
229416.jpg

わかりますか???

向かって右にある手形のヤツです、ちょっと話は脱線しますが実はあれフランスの超高級ブランドHERMESのアイテムがモデルなんですよ。


話を戻しましょう(^^)

今回入荷した4種類(葡萄の品種が違います)をご紹介。

1.クリオス・トロンテス

 あの銀座の3つ星レストラン『ロオジエ』でもオンリストする白ワイン。トロンテスの特徴は何と言っても華やかな香りと爽快な味わいです!実際には少し香りが強過ぎるかなと思うくらいに華やかな香りですが、酸味が強くて個性的。


2.クリオス・カベルネソーヴィニヨン

 カシス・なめし革・ドライフラワー・ブルーベリージャム系の香りがする、カベルネソーヴィニヨン100%の赤ワイン。かのロバート・パーカーJr.も90点をつけるほどの出来の良さ!フルボディですので濃厚です。9ヶ月間フレンチオークとアメリカンオーク樽で熟成をさせており、紫っぽい色をしてます。


3.クリオス・マルベック

 こちらは赤でもミディアムボディですが、このマルベックはとてもバランスが良くまろやかでコクがあり、長い余韻が楽しめます。8ヶ月間フレンチオークオンリーの樽で熟成をさせ、色はダークルビーのようです!


4.クリオス・シャルドネ

 最後の1本はシャルドネの白ワインです、シャルドネと言ったらシャンパーニュ造りでも唯一許される白葡萄の品種ですね!もうこれは万人受けする白ワインと言っていいと思います。穏やかで果実味たっぷりのまとまった白ワインです。まだやってませんが寒くなっての鍋にも相性がいいかも???


そんなこんなで今月はまだメニューブックにオンリストしませんが、本日事務所倉庫からセラーには移し変えますので随時オススメしていこうと思ってます(^^)

ところで、昔使ってたデジカメが出てきたので写真の整理をしていたら料理の写真が出てきました。
14273359_2883632550.jpg

これ、フランスのあるレストランでいただいた“カルパッチョ”です。

『Wikipedia』によると“イタリアの画家であるヴィットーレ・カルパッチョが薄切りの生牛肉にパルミジャーノ・レッジャーノをかけた料理を好んだことから、その料理は彼の名を取ってカルパッチョと呼ばれているという説が有力である”とされていますが、フランスの何箇所かで食べたカルパッチョはどれも大体こんな感じの風貌でございました。

丸くて薄い赤身の上に削ったパルメザンチーズと松の実にルッコラ等のグリーン。

前菜やサラダの一つの形として近く日替わりに加えようかなぁと考えています。

それと、こちら
15340376_3189812411.jpg

こちらはフランスに住んでいた時に良くステイ先で作っていたサラダです、貝柱のソテーとドレッシングで和えた野菜とをサラダ仕立てにして上から削ったチーズを散らしてます。

シンプルなんですがカルパッチョにしてもこちらにしてもチーズがとても良いアクセントに!

ワインに合わせるサラダの開発を推し進めてみようかと考える今日この頃…。

さてさて…そろそろ出勤の準備です。

では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

アデュー(古ッ)


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ちなみにボトルでおいくらですか?

No title

う~ん、まだ決めかねているのですが…通常、うちでは赤でも白でも泡でも1本4,400円(グラスでは全て700円)でお出ししています。

他店を調べたところ、バーを除く飲食店のグラスでは1000円(ボトルでは5~6千円!)でというところが多いので今までの値段で行こうかとは考えていますがまだ決定ではありません。

バーではグラス1,200円、ボトルで6,000円~というところも多いようです。

今回の仕入れを考えると、ボトルで4,000円でもいいかなと思ってたりしますが原価や価値観は人それぞれですので安いか高いかの判断は致しかねます。

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。