スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い遣る

気遣いって何なのか、考える今日この頃です。

世の中に人の数は星の数程ありますが、されて嬉しいことも人それぞれ。


職人仕事というものは、ある程度までならば年数をかけて修行を積めば習得できるものですが。

一方で、気遣いというものはそもそも習得のしようがありません。


昔から、私の所感としてこういうことを思っています。


“金銭的な贅沢は、お金さえあれば誰にでもできる。

お金を使う上で、どこに差がでるかということを決定づけるものこそ他人を思い遣るルールであるマナーなのではないだろうか、と思います。

だから、教養って大事なのでしょう。

そして、その教養を更にどこでどう臨機応変に応用を効かせるのかが「才能」なのではないでしょうか。

「思いやりこそ、マナー。」 ”


これが正解か否か、あるいは良いか悪いかは別として、私はそう思うわけなのです。


日常的にお金の遣り取りというのは行われていますが、その内の半分は気持ちの遣り取りでもあると思うのです。


「有難う御座います」

「こちらからお願いします」

「すみませんが、宜しいでしょうか」

「恐れ入ります」

エトセトラ…エトセトラ…。


気持ち良く遣り取りが出来るからこそ、人に良い印象を与えなおかつくすぶらせ続けない。


他人の気持ちを先読みし、今何をして欲しいのかと考えることこそが気遣いの本質です。

勿論ただ先読みしていれば良いわけでもなく、先を読みすぎるのも良くありませんし、気遣いを出し過ぎるのも考え物なのです。


最近、とある会社の人事担当者さんと話す機会がありました。

面接で一番難しいのがその「人となり」を探り出す事。

採用規格に準拠していることは前提ですが、使い物になるかならないかは仕事の良し悪し以上に気が回るかどうかに左右されることもあるのだとか。


会社や組織というものは、皆が同じゴールを目指してのチームワークです。

同じ目標を達成する為に、個人個人がどう考えどう行動するかはそれぞれの個性ですが、やはり目標が同じでなくては組織としてまとまっているとは言えない。

時には意見のぶつかり合いがあり、喧嘩になっていっても、それはお互いにそれぞれの情熱があるから。

だから、それは「ぶつかり愛」なのだと考えます。


今、何が必要で何をし、何をされたいと考えるか。

丁度良い…が本当に一番難しいのですが、世の中は気遣いだらけです。


色んな失敗や苦悩や成功から、ふとした瞬間にひらめくのがマナーだと思います。

日々、多くの人が他人を気遣い、そして疲れない程度のマナーに溢れていたら、それが“上品”ということなのだと思いました。


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

10月の店休日は、7日(木曜日)、13日(水曜日)、19日(火曜日)、20日(水曜日)、25日(月曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。