スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリュフ塩

どうやら、ブログ三日坊主にならずにすみました(笑)。

今日は、ちょっと珍しい塩の紹介です~。

平成14年に輸入塩の完全自由化が実現してからというもの、デパートやちょっとした輸入物を扱っているお店なんかにいくと本当にバラエティーに富んだ塩をみかけるようになりましたねぇ。

料理屋の仕事にも塩の調合というのがあり、例えば塩にカレー粉なんかを合わせた「カレー塩」、山椒等をブレンドした「山椒塩」、身近なものだと「ごま塩」なんかもブレンド塩の一種と言えますね。

それぞれのブレンドにそれぞれのお店のレシピがあって面白い塩に出会うとワクワクしてしまうのですが、今日紹介する珍しい塩とは、去年末からうちで密かに取り扱っている世界三大珍味で有名なトリュフを使った塩なんです!


トリュフには黒いのと白いのがあって、黒トリュフは“黒いダイヤモンド”なんて形容をしますが、本当に価格もダイヤ並みですからビックリですね!

また、トリュフの香りは“陶酔の香り”と呼ばれています。

そんな香りのダイヤモンドを使ったお塩がこちらです~

IMG_2766.jpg


え…見た目は大したことないですと???


そりゃぁ、これは写真ですから見た目はただの塩の結晶です!

“絵に描いた餅(上の写真のことね)”の香りが気になる方は「おんの字」まで食べに来てください(笑)。


トリュフの香りは、卵料理、肉なんかとも相性がいいですね。


私のおすすめは、香りがニンニクに少し似ているので熊本名産の馬刺しをニンニク醤油の代わりにこのトリュフ塩につけて食べる方法です。

…というわけで、このブログを見てうちで馬刺しをご注文なさった方には特別にトリュフ塩もサービス致します!!

※通常はメニューにも載せていないのでサービスすることはありません。


そうそう、世界三大珍味の話題に関連して日本三大珍味はご存知ですか???

世界三大珍味が、キャビア、トリュフ、フォアグラなのに対して、日本三大珍味は、塩うに、カラスミ、このわた、と言われています。

このわたと言うのは、なまこの腸の塩辛のことです。

今、「このわた」も店で出してますよ!!

今夜も熱燗が美味そうです♪

あ…七草粥食べるの忘れてたorz...



☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、通常の居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。