スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月21日

いやいや、最近また更新が滞りがちになるところでしたよ(^^;)

国会中継のラジオでやっておりましたが、日本の米が上海や北京で現地のお米の何倍もの値段でも飛ぶように売れる中、何で減反政策なんかするんでしょうねぇ??

某将軍様の国への支援だって、現金じゃなくてお米にすればいいのに…。


さてさて、21日と22日の連休は阿蘇と宮崎まで行って参りました。

今回のブログは、21日のことを。

昼過ぎに準備をして、阿蘇方面までドライブです。

以前も書きました、お知り合いから鍵をあずかっている阿蘇の別荘地へ行ってきたところ
IMGP0664.jpg

何と、残雪がありました!

この日は熊本市内で日中14度位ありましたが、さすが阿蘇です。


それから大観峰へ…
IMGP0675.jpg

う~む
IMGP0686.jpg

まさしく熊本のグランド・キャニオンやぁ~(本物には行った事ないですが)


聞こえてくるのは風の音ばかり
IMGP0689.jpg

新鮮な空気がデトックスな雰囲気です。


それから下道で運転していくこと、およそ4時間。

宮崎市内に着く頃には既に21時を回っておりました。

大学時代の親友を呼び出し、まずは「あんばい」へ
IMGP0696.jpg

宮崎でドラフト・ギネスを飲める稀有なお店です!

地鶏刺し4点盛り
IMGP0697.jpg

そういえば、鶏インフルエンザなんですが宮崎までの往路に何箇所か消毒ポイントがありました。

しかし、消毒ポイントはトラック等の車両のみが入っていく様子でして、私共も止められましたがそのまま通過の指示が出てました。

親友曰く、口蹄疫の時は全車両に消毒が課せられたそうなのですが…。

こちらは、牛のレバー刺し
IMGP0700.jpg

熊本では、当店でも人気の馬レバー刺しが有名なところですが実は馬のレバー刺しは初めてでして。

馬よりも若干あとのほうが血なまぐさく感じましたが、これはこれでありかも。

食べ方は馬レバーと同じで、胡麻油に塩を加えたタレをつけます。

食感は馬レバーのゴリゴリした感じとは違い、柔らかめ。

山芋茶碗蒸し穴子のっけ
IMGP0703.jpg

多分、山芋をすりおろして出汁や調味料でのばして蒸したものに餡をかけてあった様子です。

これは、美味しかった!


そして、2軒目へ。

地鶏もも焼きの銘店「嵐坊」
IMGP0706.jpg

炭火でバリッと焼いてるお兄さん方は何故か皆スキンヘッド!

地鶏もも一枚焼き
IMGP0708.jpg

これを鋏で切ってとりわけます…。

炭火の香りと言い、焼き加減のレア加減といい、絶妙!!

熊本にも宮崎地鶏のもも焼きの店がありますが、良い悪いではなしにとにかく全然違います。

「嵐坊」は、親友曰く「ここより美味しいもも焼きにまだ出会えていない」という事で、私も宮崎地鶏のもも焼きならばここをおすすめしておきます!!

大根サラダ
IMGP0709.jpg

せせり南蛮
IMGP0710.jpg

うちの店でも偶然せせり南蛮(鶏首肉のチキン南蛮)を出してますが、ここのも美味しかった。

南蛮酢に、キャベツは合いますよね。

思わず感心してしまったのが、この包丁ケース(?)
IMGP0711.jpg

雑誌をガムテープでぐるぐる巻きにしてあります(笑)

確かに、鋼の包丁は使わない時は油紙か、なければ新聞紙にくるむので理にかなっている!

3人で生ジョッキ3杯に、もも焼き、大根サラダ、せせり南蛮、おにぎり3個で4千円と良心価格。


続いて向かった3件目は、「CORNER」です。

アーケードの角に佇む、こじゃれたフード&バー。

気になっていたアサヒスーパードライのエクストラコールドがあるではないですか
IMGP0713.jpg

グラスも氷水で冷やしてあって、氷点下の味わいということでしたが、いまいちよくわからなかったものの雰囲気だけで大満足(^^)

ちなみにサーバーには本物の霜がついてます!

こんな感じの
IMGP0717.jpg

店内1Fです
IMGP0719.jpg

ちなみに2Fもあります。

今回はいきつきませんでしたが、ベルビュ・クリークのドラフトも置いてありました。

意外とあなどれない、こじゃれた粋な店が多い宮崎県。

熊本とはまた違う雰囲気です
IMGP0721.jpg

なぜか店頭には、宮崎産の大根と白菜が格安でおいてありました。

ついつい、1個ずつ買ってホテルへ帰りましたけど(笑)

野菜だけでなく食品の値段が高騰しているこのご時勢に、大根1本80円なんて!


レタス巻き発祥のお店「一平」にも行きましたが、今回はシャリがきれた後という事で縁がなく…しかし、プロ野球のキャンプに配達をしているみたいな情報を入手しました。


ホテルに戻ったのが深夜を過ぎておりましたが…翌朝6時過ぎに起床でした。

22日の事はまた次のブログにでも。


では、またお店でお目にかかりましょう(^^)

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

※暫くの間、午後3~5時の営業につきましてはお客様のご予約がある時のみとさせて頂いております。

次回、店休日は未定です。

ご予約の入っていない日を店休日にあてておりますので、是非ご予約のお電話をお願いいたします。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)


↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。