スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時代の所為でしょうか

新年があけて早2ヶ月、如何お過ごしでしょうか??

和食居酒屋おんの字の旧店主で御座います。


まぁ、早いもんで2月も終わりそうですね。

熊本では今月19日に、熊本政令指定都市移行記念の熊本城下町マラソンが行われました。

マラソンが大の苦手な私は参加しませんでしたが、普段とは変わった雰囲気の街中で興味深かったです。


更新が滞っているにも関わらず、多い時には未だに20件近くのユニークアクセスが!?

奇特な方々もいらっしゃるものです。。


さて、今回のネタは料理から離れて結婚観です。

とある結婚情報サイトに載っていて面白かったのでかいつまんでご紹介しようかと思います。


まだ「婚活」なんて言葉もなかった1980~90年代前半の所謂バブル期、女性が男性に求める条件は“三高”なんて言われてましたね。


1.高身長、2.高収入、3.高学歴、一流大学を出て一流企業に勤務、そして、外見も魅力的。


パーフェクトな男性をゲットすべく、ギラギラしていた女性の多かった時代です。

男性もしかり、自慢できるような女性を“落とす”ことに躍起になっていた古き良き時代ではないでしょうか。


…あれから約20年。


経済情勢も大きく変わりましたが、恋愛や結婚にまつわる価値観、状況にもかなりの変化がありました。

内閣府の「若者の結婚や家族観に関する調査結果」(昨年5月公表)を見ると、20代・30代の男女で「未婚で恋人がいない」という割合が高く、恋愛や結婚に消極的な、「草食系」の男女が多い現状が明らかです。

< 未婚者のうち「現在 恋人はいない」「交際経験なし」と答えた人 >

・20代男性 65%
・20代女性 51%
・30代男性 74%(そんな!?)
・40代男性 64%


こんな世相の中で、男女が結婚に求めるものも変化を見せているそうです。

例えば、家事や育児の役割分担について柔軟な考え方の男性が増えました。


女性の側でも

・一生バリバリ働いていたい人
・何か働いてはいたいとは思うけれどあくまで程々がいい人
・働くのに疲れてしまい葛藤している人
・結婚後は外では働かないと最初から決めている人

…など、様々なタイプの女性が現れ結婚観が多様化しつつあるようです。


そんな中、最近では「三高」にかわり、三平・三低・三安・三手といったキーワードも出てきたとか!?

★三平

・平穏な生活
・平均的年収
・平凡な容姿(浮気の心配がなく安心するんでしょうか!?)

★三低

・低姿勢(女性を尊重する)
・低依存(家事や身の回りのことができる)
・低リスク(堅実で安定した職業)

★三安

・安らぎ(落ち着ける家庭)
・安定(生活の心配や苦労のない生活)
・安心(夫、子供がいることによる安心)

★三手

・手伝う(家事や育児への積極的姿勢)
・手を取り合う(お互いの協力と理解)
・手をつなぐ(愛情)


所変われば習慣も変わりますが、時代が変われば価値観もやはり変わるのですねぇ。

英雄色を好むなんて言われてきましたが、これでは英雄が出てこない世の中なのも無理がないのかも。


ま、英雄が色を好むか好まないかは別にして、少子高齢化の勢いはますます止まりません。

個人の意見としては、特に三手の様な、物理的な性差を超えて男女がお互いを尊敬し合える存在でいられるという事はとても素敵なことだと思います。


又、高望みすることは良いことだと思いますが、それに見合った人物に自らがなれるように努力しているかも大切!

同様に、平凡であることや低リスクな生き方をすることを、責任回避の姿勢だと思ったり、特に勉強・成長しなくても良い免罪符だと勘違いすることはよろしくありません。


先日のNHKの番組だったかで、上司が部下をどう叱咤激励すれば良いかわからず困っているという内容のものをやっていました。

やれパワハラだ、やれセクハラだ、パワハラやセクハラという言葉が出てきた頃はその言葉が指し示す適切な範囲での使用がなされていたはずなのに、現在は使う側がとんでもない勘違いをしているのかどうかは知りませんが何でもかんでもパワハラやセクハラにしてしまえば面倒が起こらずすむと思ってさえいるようです。

番組ではこのような内容の発言がありました。

「その時の気分で怒鳴ったりしないで欲しい。」
「成績が悪いことで給料泥棒だと言われるのはパワハラだ。」


…?

一体なんなんでしょうか。


「その時の気分で怒鳴ったりしないで欲しい。」

→例えば何か上司に報告や相談がある時に、わざわざ上司の機嫌が悪い時に声をかけるなら怒鳴られても仕方ありません。それは会社の中でなくても夫婦間だったり友人間でもありえる事です。むしろ、人の機嫌に配慮できない部下が空気読めない人なだけです。中には本当に気分屋さんがいて、理屈もへったくれもない事を言う人もいるかもしれませんが、そもそも上司は上司なのですからそれをどうかわしたりたてていくかが部下の品格なのではないかと思います。


「成績が悪い事で給料泥棒と言われるのはパワハラだ。」

→こんな人は何か根本的な勘違いをしています。例えば個人事業であれば、成績が悪ければその分手取りが少なくなります。会社に雇っていただき、会社に食べさせてもらっている以上、成績が悪ければただ飯食わせてもらってるのと同じです!成績を上げられない自分を棚に上げておいて会社の責任にするなんて私は言語道断だと思いますが。


まぁ…こちらも時代の変化なのでしょうか。

先の「三平」なんかでもありましたが、平均・平穏・平凡がそんなに良いと言うのなら。

いっそのこと社会主義にでもすれば、とでも思いましたが。


生きていく事に夢と希望がもてるような社会になるように、景気と政治家が良くなればいいのにですね。


では、またお目にかかりましょう☆

~和食居酒屋「おんの字」の元店主が綴る、現店主の御料理等ブログ。~

☆当店は職人仕事をリーズナブルに、より身近に感じていただけるようご提案する和食居酒屋です。
美味しい生ビールから日本酒やワイン、季節の和食、居酒屋メニューまで御座います。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

本年度より、水曜日が定休日となりました。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。