スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Form Follows Function

料理と言う言葉は突き詰めると面白いものです。

料理の「料」と言う字は、”ある事に使用するもの”や”目的・理由”と言う意味があります。

又、料理の「理」は”物事の道筋”で「理にかなう」の理なのです。

古来より、人間は物を食品とする為の知恵をしぼってきました。

まず、食品の材料となるものを捕獲したり、採取する為の道具を作り

その材料を切る為の道具を作り

それを調理する為の道具を作り

火をおこし

塩や砂糖や香辛料を発見し

自然の力を借りながら

時には食べられない物を食べて亡くなるものおり

放置されたものの中から偶然に珍味が発見されたり

カビでさえ食べられることを見つけたり

人類史の紆余曲折を経て、少しずつ食べる為だけの行為から、美味しく食べる為の技術が進歩し

それがやがて文化となり

今日に至っては科学や化学の力までを駆使して洗練を極めようとしています…

料理とは、つまり「目的の理にかなった行為」なのです。

東京へ来てやがて5ヶ月が過ぎようかとしていますが、握り寿司の形について特に考えるようになりました。

握り寿司とは、一口で食べるものであり、ネタ・シャリ・サビの一体感であり、口中調味によって完成する料理なのです。

そもそもの握り寿司はおにぎり程の大きさから始まったと記されていますが、現在ではシャリが8~16g、ネタと合わせても20~28gというものが一般的ではないでしょうか。

私が大学時代に強く感銘を受けた言葉に「Form Follows Function」というものがあります、意訳ですが「形は機能に由来する」とでもいいましょうか。

それほどまでに物の形というものは突き詰めると機能美の美学に支配されているものなのです。

自分の握る寿司の形(今は未だあくまでも文字通りの「形」だけですが)を色々なものを見て、色々な物を食べて試行錯誤してきましたが、ようやく理想的な形として見えてきました。

IMG_4793.jpg

あと少し、洗練と再現性の反復によって完成形に近づけたら良いなと思う今日この頃です。

もうすぐ、冬も終わり春ですね。


~和食居酒屋「おんの字」の元店主がたまに綴るブログ~

☆熊本市中央に位置する手取本町和食居酒屋「おんの字」は、職人仕事をリーズナブルにより身近に感じていただけるようご提案する和食居酒屋です。鮮度や温度管理、注ぎ方にまでこだわった生ビール、日本酒やワイン、季節の和食、居酒屋メニューまで御座います。コース料理や飲み放題、お酒のお持ち込み等何でもご相談下さい。

ご相談、ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい↓
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。