スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純米酒のレコルタン☆司牡丹が入荷です

こんにちは!

いやぁ…ドライブ日和ですねぇ。

まだまだ日陰や夜は寒いですが、日中は心地よいです。

昨日は朝9時に起きて11時から仕事に出、マンションに帰ってきたのが午前1時過ぎでした。

そのまま家に帰るのも寂しかったのでちょっと1杯リラックスしようかと、近くのバー「BLACK MIND」に寄りました。

帰り道に前を通ってきたときに、見た事のある自転車がとまっているなぁ…と思っていたら、先日お会いしたりっちゃんでした☆

本当に、軽くビール1杯飲んで看板犬のこまつをなでまわして帰ろうと思っていたのに…

気がつけばビール3杯(^^;)

そして…

思いがけず2時過ぎに呼び出しがかかり、街に出て、結局帰宅したのは午前5時半でした(@_@;)


いやぁ…さすがに今朝は11時起きでございました。。

それにしても街中のお店のシャンパーニュはどこもほとんどがモエばっかり。

もっと安くて美味しいシャンパンはたくさんあるのに、やっぱりブランド力の強いモエが置き易いんでしょうね。

確かにモエはキャンペーン商品も品が良いですし、親会社はルイ・ヴィトンを持つMHLVグループです。

好きな人は当然好きでしょうしね☆

久しぶりに昨夜はモエをいただく機会に恵まれました、やはり辛口シャンパンです。

シャンパーニュと言えば、きましたよ!

エルネス・ラペノー・セレクション・ブリュット

IMG_3209.jpg

前回のブログでもご紹介しましたが、もう一度ご説明をば。

“1869年に設立されたシャンパーニュ地方の老舗メゾン「G.H.マーテル社」

現在自社で所有する畑は約200ヘクタールと、大手メゾンと肩を並べる規模を誇ります。

そのシャンパンはかつて、高級フレンチとして知られる有名レストラン“マキシム・ド・パリ”のハウス・シャンパンを製造、供給していた実績や、フランスで最も影響力あるワイン・ガイド誌“ギィ・ド・アシェット”にもマーテル社のシャンパンが掲載されています。

そのマーテル社が“最もお手頃なシャンパン”として販売をしているのが“エルネス・ラペノー ブリュット セレクション”。

フランス国内の絶大なるシャンパン・マーケットとともにシャンパン好きの英国や米国においても爆発的な人気となっているとのことです。

オーナーのラペノー家が代々に渡り培った伝統的な醸造法で約2年をビン内で熟成させる良質シャンパンは、その価格を裏切らない素晴らしい味わいです!”

見た目はまるで聖闘志星矢(セイントセイヤ)のフェニックス一輝みたいです(笑)

あぁ…おいしそう(じゅるる)


さてさて、久しぶりに純米酒を入れました!

IMG_3210.jpg

高知県の司牡丹酒造が米から作る、その名も『司牡丹(つかさぼたん)』です!!

IMG_3211.jpg

米から作る…というのがポイントで、普通なかなか米から一貫生産するというのは大変です。

多くの酒造会社ではお米の生産農家と契約し、そのお米でお酒を造るというのが普通だと思います。


シャンパンに例えれば、まるで日本酒のRM!!


RMは、レミー・マルタンじゃぁありません!

“レコルタン・マニピュラン”です。


せっかく前半がシャンパンの話で終わりましたので、少しシャンパンに絡めて話をすすめましょう。

シャンパンの場合、ラベルに生産者の形態が記載されているのですがこれが5種類あります。


※NM→ネゴシアン・マニピュラン
  葡萄の一部、または全量を購入し製造する形態

※RM→レコルタン・マニピュラン
  自社の葡萄のみで製造する形態

※CM→コーペラティヴ・マニピュラン
  シャンパーニュ生産者の協同組合のもの

※RC→レコルタント・コーペラティヴ
  葡萄栽培者の協同組合のもの

※SR→ソシエテ・ド・レコルタン
  同族の葡萄栽培者によって生産されたもの

モエはNMですので葡萄を購入して製造されたシャンパンです、そして日本酒も普通はそうやって造られているものが多いはずです。

今回仕入れたシャンパンのエルネス・ラペノーもラベルの下にちっちゃく「NM-285-002」と記載されていますのでやはりNMです。

そして

純米酒 司牡丹は自社で生産した米を使い、自社で純米酒に造り上げていますので、まさに…

まさに!!

まさに!!!!!!

「司牡丹」は純米酒のレコルタン☆なのです~

気に入ったのでしばらく入れておく予定ですが、在庫なくなり次第終了で御座います。

純米酒ファンの皆様、どうぞお早めにm(_ _)m


※3月の月替わり郷土料理は、山形県の「おやき」と熊本県の「一文字のぐるぐる」です。
☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

3月の店休日は、1日(月曜)、8日(月曜)、15日(月曜)、22日(月曜)、23日(火曜)、31日(水曜)です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。