スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Segura Viudas 入荷です

ただいま、体を絞っている私ですが…

昨日は2.5km泳いで出勤したら死ぬかと思いました(ーー;)

営業中もお客様の時間帯が重なりに重なって、これまた死ぬかと思いました(^^;)

朝6時半起床で、泳いで、営業中に死にかぶり、おまけにお客様とのお付き合いの後にバー「八点鐘」さんで飲んで(またしても赤ワイン1本飲んでしまった…)午前3時半に帰りましたので昨日は随分とハードで御座いました。

こういう時って命を削って頑張るような本能的な感覚があります。

実はそういった感覚が好きでして、頑張って頑張って今日もしっかり生きたような気がすると何とも言えないスカ~ッとした気分になるものです。

今朝も泳いで出勤したかったのですが、正午あたりまで酒気を帯びていたので運転出来ず断念…。


さて!

昨日まででスパークリングワインの在庫が全部出てしまったのでまた新しいものを仕入れました。

IMG_0791.jpg

セグラ・ヴューダスというスペインのスパークリングワイン=CAVA(カヴァ)です。

飲食関係者の間ではコスパが良いからとあまりにもメジャー過ぎて使いたくなかったんですが(ちなみに味は保障します!)、決め手はおまけでついてくるオリジナルワインストッパーでした。
IMG_0794.jpg

おまけに弱いみたいです(笑)

とはいうものの、当店では常により専門的なストッパーを使っていますので必要ではありません。

欲しいというブログ読者のお客様に、プレゼントしたいと思っています(^^)

数に限りがありますが、欲しい方は取りにいらして下さいね。


それから昨日入れ替えたカウンターの生花。

IMG_0788.jpg

花屋さんの女の子が入荷したばかりで名前がわからないと言ってましたが(笑)その方面に明るい方がいらっしゃいましたら是非名前を教えて下さい(^^;)


昨日、お店でビアスプリッツァーというカクテルを試して見ました。

白ワインとビールの組み合わせなのですが、これが意外に美味しくてビックリ!!

近いうちにドリンクメニューに加えようと思っております☆


では、今日も良い一日をお過ごし下さい。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

9月の店休日は、1日(水曜日)、7日(火曜日)、13日(月曜日)、14日(火曜日)、21日(火曜日)の予定です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

日本最古の酒を復元「鶴亀諸白」

今日も暑いです…。

昨日と今日は、筋肉の超回復を狙って水泳はお休みです。

暑いので泳ぎに行きたいのですが、休憩も必要なんだとか。


さてさて!

数は少ないですが、今回はとても珍しい日本酒が手に入りました。
IMG_0732.jpg

タイトルにもある通り、250年前の日本最古の幻の清酒を復元した「鶴亀諸白(つるかめもろはく)」です。

新潟県新潟市竹野町は上原酒造株式会社が復元したこのお酒、箱の説明書きはこうです…


“蘇った江戸時代・宝暦年間の酒、そして良寛酒寿(りょうかんさかほがい)

 この清酒は、今を去る二百五十年前、江戸時代宝暦年間(1751年から1763年)に醸造された「最古の日本酒」復元を目指したものです。

 その原型は新潟県で発見されました。

 当醸造元では古文書に基づいた試験醸造を繰り返し、計画より五年間の歳月を経て、ようやく復元にこぎつけました。その製法は日本酒本来の古典醸造法とされる古式生もと(キモト)造りを採用しました。つまりこの清酒は現在日本で行われている醸造法の中で極めて古い製法で造られた清酒なのです。

(「生もと」とは伝統的な酒母の造り方で、山おろしと呼ばれる櫂入れ→つまり混ぜる事、の作業を伴い、自然界の乳酸を取り込みつつ、酵母を大量に培養する方法です。人工的乳酸添加等はいっさい行いません)”

 また出来る限り宝暦年間ころの成分分析値に近づくよう試みました。

 その結果、健康の源とされるアミノ酸や乳酸が、通常純米酒の約7倍という驚異的な含有量でしたが、それはこの古典酒復活=日本酒ルネッサンス運動の副産物でした。

 江戸時代の人は、なんと贅沢なお酒を味わっていたことでしょう。

 ところで宝暦年間といえば、わが良寛禅師のお生まれになった時代です。修行時代を経て、越後に帰られた良寛禅師が好まれたお酒が、ちょうどこの「鶴亀諸白」と同じような製法により、同じような味わいと酔い心地を持っていたことは想像に難くありません。

 どうか皆様、この古式豊かな「江戸時代の風味」をご堪能ください。

(良寛禅師・酒の歌)
 さす竹の君とあひ見てけふは酔ひぬ この世になにか思ひ残さむ
 うま酒を飲みくらしけり同胞(はらから)の眉白たへに雪の降るまで

 よしあしのなにはの事はさもあらばあれ共につくさむ一杯の酒
 うま酒に肴持て来よいつもいつも草の庵に宿は貸さまし
 さす竹の君がすすむるうま酒に われ酔ひにけりそのうま酒に


「越後諸白」の召し上がり方

 江戸時代のお酒はアルコール度数で17から18度前後であったと想像しています。ドイツの貴腐ワインを彷彿とさせる成分と味わいが特徴です。酸甘アミノ酸濃厚で旨味成分の豊富なこのお酒は、江戸時代には、アルコール度数で12度前後に薄めて飲まれていたと言われています。確かに、旨み成分の少ない大吟醸や端麗辛口の現代清酒とは違い、薄めてアルコールを落としても、旨みは十分に残っています。食とのバランスも少し薄めたほうがよいのではないでしょうか。

 また、夏にはオンザロックで召し上がるのも一興かと思われます。ぜひお試しあれ。


「越後諸白」のヴィンテージ性と保存性

 このお酒の長期保存性の良好さについては、250年の間、酸化することなく新潟県の古民家の土蔵で保管されていたことからも証明されています。現在は広島の国立醸造試験場にて大切に保管されています。

 その保存性の高さについては高濃度のアミノ酸、酸、糖度によるものとされています。

 ですから、貯蔵は特に冷蔵は必要なく、常温保存で充分と考えております。もちろん直射日光、高温は避けてください。地球環境保全の意味からも、品質保全のため冷蔵保存でぴりぴり神経を使うお酒よりも、常温での適正熟成タイプのお酒こそ本来のお酒であると考えています。

 また、ほとんど原酒に近いお酒であることから、この復元酒もまた250年の長期保存には原則的に耐え得るものと考えております。3年、5年、10年と熟成を待ち、封を開ける時のときめきも楽しいものです。長期熟成用酒としてもお試しください。

 同様にワインにおけるヴィンテージ的な意味合いで、醸造年度、醸造地域を明記しました。というのも、このお酒は古典醸造法で造られ、また精米歩合も90%であるため、各年度のお米の出来具合や醸造時の温度などの自然条件にお酒の仕上がりが左右されることが多いからです。”


…引用が長くなりましたが、それだけ長文で説明する価値のある日本酒ってことです!

う~ん、なんてったって長期熟成用酒として保存が出来るというところが素晴らしい!!!

うちで仕入れたものは全て「越後国竹野町 平成二一年醸造」です。

説明書きの通り、高温を避けた常温で保存しておきますので、オンザロック等でお召し上がりいただきたいと思っています(^^)

これは、間違いなく過去からの遺産ですね☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、全て消化しました。

※9月の店休日は、予約次第で決める予定となっております。来月のご予約御座いましたら、今月中にご連絡頂けますと確実です。

ご予約は、電話番号096-352-2002で随時承っております(^^)

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

DASSAIシリーズと福小町、福寿が入荷です

昨日の台風4号、熊本では台風の影響はさほど感じられませんが雨の降り方や風の吹き方が台風独特でしたね。


さて…

今回、追加で日本酒を仕入れてきました(^^)

ラインナップは、こちらです
IMG_0643.jpg

左からいきましょう☆


1.福寿 純米吟醸
こちらは兵庫県神戸市の「神戸酒心館」が醸す神戸伝承地酒でございます!2009年のインターナショナル・サケ・チャレンジで最高金賞受賞の実力派なのですが、創業は1751年。七福神の福禄寿にちなんで、お酒を飲まれた方に富と長寿がもたらされますようにとの願いを込めて、酒銘とされたそうです。

特に今回仕入れたこちらのボトルは、地元兵庫県の選りすぐり酒米を60%まで磨き上げ、名水百選「宮水」で仕込んだ純米吟醸酒!純米吟醸酒ならではの気品ある吟醸香とふくよかな味わいが特徴です。

名水百選「宮水(みやみず)」は、硬度が高くリン含有量も多く鉄分が少ないのが特徴で、灘五郷(兵庫県西宮市・神戸市東灘区・神戸市灘区の大阪湾沿岸の地域)の地酒造りに欠かせない水として江戸時代から定評のある名水です。

お燗をつけるのには適しておりませんが、冷酒ならばピカイチのお酒ですよ\(^o^)/


2.DASSAI 50
前回は1升瓶での入荷でしたが、在庫僅少につき今回は4合瓶での入荷となりました。。

私は本業がアパレルデザインでしたので自然とアパレル関連のニュースにも目が行くのですが、実はユニクロのパリオペラ店オープニングの鏡割りで使われたのがこの山口県旭酒造の獺祭(だっさい)でございました!(何を隠そう、ユニクロの本社は山口県ですもの。)

そんなこんなのDASSAIですが、50・45・39・23の4種類が主力商品です。

数字はそれぞれ精米歩合をあらわしておりまして、23なんてのになると2割3分までお米磨き上げて作った純米大吟醸になりますからおそらく国内でも最も高い精米歩合の日本酒になるのでは!?

その中でも50は生活の中で気軽に楽しんで頂きたいリーズナブルな純米吟醸酒として造られているそうです。


3.DASSAI 39
続いて続きの獺祭(だっさい)磨き3割9分をご紹介!

こちらは精米歩合39%の、華やかさが身上の純米大吟醸酒です。

決して安くはありませんが、値段の価値ある日本酒ですよ(^^)

そもそも“酔うための売るための酒ではなく、味わうための酒を求めて”というのがモットー。

旭酒造の酒造りとは、同社によると…

“旭酒造が酒造りのために持っている技術は機械で代換出来るかも知れません。しかし私達が要求する精度と品質を達成するためには天文学的な価格の機械が必要となります。

技術としても最高といわれる技法をコストを度外視して使っているだけですから酒造技術者なら誰でも知っているものです。しかしこれを毎日の酒造りの現場でやりきるためには良い酒を造ろうとする意志と、このことの重要性を熟知したスタッフ無しではありえません。旭酒造には良い酒を造ろうと言う共通の目的の下集まったスタッフがおり、彼らの心が「獺祭」を支えています。”

とあります。

洗米(せんまい)→蒸米(むしまい)→麹作り(こうじづくり)→仕込み→上槽(じょうそう)→瓶詰め、の各工程で職人達が良い酒を造りたいという思いの下、一生懸命に人間業をふるったお酒が今手元にあるわけです(ジ~ンとくる)。


4.福小町
そして最後は当店ではお馴染みとなってきた秋田県は木村酒造さんの福小町、辛口純米酒です!

デイリーな辛口純米として、一番おすすめしやすいお酒です(^^)v


それにしても今回はこの他にも本当に良いお酒が揃ってます!!

人によって好みは様々でしょうが、うちのお店では30代後半~の落ち着いたお客様でタバコを吸わないお客様から特に日本酒の支持が高いです!

タバコをのまれる方にも日本酒好きはいらっしゃいますが、比較的タバコを吸う方は焼酎を好む傾向が強いようですね???

私もご他聞に漏れず、以前タバコを吸っていた頃には焼酎の方が好きでした。調理師専門学校に入った頃から完全に禁煙をして早3年を過ぎましたが、禁煙をしてから半年も経たずに焼酎から日本酒派(より詳しく言えば、蒸留酒よりも醸造酒派)になりましたねぇ…。

何か関係があるのかしらん???


まぁ、それはさておき真夏の冷酒は格別に旨いもんで御座います。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

8月の店休日は、2日、9日、16~19日、23日です。
※ご予約次第では、変更することもあります

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「雪の松島」と「生もと CLASSIC」入荷です

毎日、暑かぁ~(><)

まだ夏本番にもなっていないというのに、、生サンマだの松茸だのが出回り始めています(*o*)


さてさて!

当店初取り扱いの日本酒が2点入荷ですよ~

IMG_0539.jpg

まず1本目は左の「雪の松島」です。

日本酒度プラス20という、とびっきり辛口のうまい酒!!宮城県産のこの美人はネーミングも夏には涼しげで今の時期にピッタリですね(^^)

宮城県人の県民性と言えば…好奇心旺盛で個人主義、そしてドライ!

芋煮会でも有名な宮城県では酒の消費量も結構なものだとか!?

いやぁ…まさに辛口ドライな日本酒が間違いなしの宮城県産です。


そして2本目は右の「生もと(きもと)CLASSIC」。

2年熟成のこの純米酒は燗をつけてもうまい酒!福島県は大七(だいしち)酒造の格調高い1本です(^^)

一般に福島県人というと頑固、そして保守的で生真面目なイメージがあります。

「生もと」も頑固一徹真面目に作り上げられた感じで県民性と重なるところがりますねぇ。。


今日は、カウンターの生花も活け直しです。
IMG_0544.jpg

すすきに似ていますが、パンパスというらしいです???


最後は本日のオススメをお届けしますッ!


7月27日の日替わりオススメ
~刺身~
・海洋性コラーゲン  720円   ・カンパチ     700円
・タコ        700円   ・真イワシ     400円
・ハモ湯引き     890円   ・キビナゴ     480円
・カツオタタキ    520円   

※3点盛り1,200円、5点盛り1,800円で承ります。
~単品~
・豆腐ステーキおろしポン酢       350円
・真イワシ塩焼き            400円
・海鮮お好み焼き磯辺あんかけ      800円
・たこの唐揚げ             700円
・ゴーヤチャンプルー          580円
・ゴーヤチャーハン           630円
・自家製アジ一夜干し          500円
・キビナゴ天ぷら            480円
・ハモ天ぷら              890円
・肉じゃが               430円
・牛タン溶岩焼き            980円
・馬スジとトマトのシチュー風煮込み   700円
・和牛テール煮込み           850円

~本日の自家製燻製~
・スモークサーモンのマリネ       680円
・スモークチーズ            400円
・ビーフジャーキー           400円


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月の店休日は全て消化しました。

8月の店休日については現在検討中です。
予約状況次第で休みを割り振っておりますので、予約のご相談ドシドシ受け付けております!

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

名入りうちわ入荷しました

毎日暑いです(ーー;)

そんな暑い日の昔ながらのエアコンと言えば、やはり「うちわ」ですッ!!!


この度、名入りのうちわを作りました。
IMG_0501.jpg


裏の柄はこんな感じです~
IMG_0502.jpg


男女兼用で使えるような柄にしました(^^)

昔は実家に色んな企業のだとか、新製品のだとかのうちわがあったと思いませんか???

街中でも配ってましたよね、プラスチック製の名入りうちわ。


最近あまり見かけなくなったので少しでも街中に和の風情を取り戻そうと思いまして、浴衣でご来店のお客様には無料でお配りしようと思っております☆

しかも素材は竹製です!!



さてさて今回は短くなりましたが最後は本日のオススメですよ~


7月24日の日替わりオススメ
~刺身~
・海洋性コラーゲン  720円   ・カンパチ     700円
・タコ        700円   ・カツオタタキ   530円
・ウルメイワシ    400円   ・ヤリイカ     700円
・ハモ湯引き     800円   
※3点盛り1,200円、5点盛り1,800円で承ります。
~単品~
・豆腐ステーキおろしポン酢       350円
・キビナゴ丸干し            480円
・鮎塩焼き               650円
・海鮮お好み焼き磯辺あんかけ      800円
・たこの唐揚げ             700円
・ゴーヤチャンプルー          580円
・ゴーヤチャーハン           630円
・自家製アジ一夜干し          500円
・キビナゴ天ぷら            480円
・真ジャク天ぷら            680円
・ヤリイカゲソ塩焼き          460円
・ウルメイワシ塩焼き、又は煮付け    400円
・肉じゃが               430円
・ハモ天ぷら              830円
・牛タン溶岩焼き            980円
・馬スジとトマトのシチュー風煮込み   700円
・和牛テール煮込み           850円

~本日の自家製燻製~
・スモークサーモンのマリネ       680円
・スモークチーズ            400円
・ビーフジャーキー           400円


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月の店休日は、7日(水曜)、14日(水曜)、21日(水曜)、22日(木曜)、26日(月曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

最近入荷したお酒4本

今日は出勤中の車内温度計がなんと38度(!)を指していました(@_@;)

連日車の話題で申し訳ないのですが、今朝はPEUGEOTのRCZに試乗してきましたよ!

1600ccにターボのエンジンなので乗った感じは2000ccクラスかな???

前々から思ってましたが、エンジンの大きさよりも見た目のかっこよさを全面に押し出した車のほうが燃費も良いし税金も安いしでいいんじゃないかと思ってました。

まぁ…RCZは車両本体価格が400万円からなので決して安くはありませんが、エンジンが小さいのでタウンユースにももってこいなカッコ良い車です(^^)

ブレーキ性能はさすがに最新のテクノロジー満載でよく効きました!

う~ん、しかしカッコ良かったです。。


さてさて!

今日は最近入荷したお酒を一挙紹介です~


まずはコチラ
IMG_0442.jpg

ご存知メディチ家のランブルスコ、『メディチ・エルメーテ・ランブルスコ・ロザート・ドルチェ』

甘めですっきりとしたロゼのスパークリングですね(^^)


次はこちら
IMG_0443.jpg

DASSAI 50 純米大吟醸です~

山口県は旭酒造さんの純米大吟醸、これはうまいです。


そしてコチラが
IMG_0458.jpg

スペインのCAVA、セグラ・ヴューラスの最上級モデル!

通常のセグラと比べると約4倍の値段ですが、その分泡のキメ細やかさとクリーミーさが違います。


最後はコチラ
IMG_0462.jpg

カリフォルニアのロマネコンティことカレラと並んで人気のオー・ボン・クリマです。

うちで扱える値段はこのクラスまでかなぁ…と思いますが、それでも充分に美味しいです(^^)


まぁ…論より証拠、実際に飲んでみて下さいネ☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月の店休日は、7日(水曜)、14日(水曜)、21日(水曜)、22日(木曜)、26日(月曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

夏向けのワインが入荷中です

今年は空梅雨ですねぇ(^^;)

雨音を聞くのが好きな私としては、ちょっと物足りない梅雨となりました。

農作物への影響は大丈夫なのかなぁ???


昨夜遅く、某企業のイケメン御曹司の後輩から連絡があり「会社を立ち上げる事に」なったという連絡を受けました。

出資者は、親御さんです。

まぁ、彼は某企業の2世ですのでいくいくはそうなるだろうと予想はしていたのですが「会社の名前を付けて下さい」という相談でした(@_@;)

あまりにも急な相談でしたので返事はしませんでしたが、何か彼の為になるならと思い考え中です。。


それにしても、商売を始めた人間からすれば、商売人の2世というのは羨ましい。

資格職企業の場合は資格をとらなければ相続が難しい場合も多いですが(特に業務独占資格の場合;医師・弁護士等)、商売人の場合は幼い頃から親の背中を見て育っていますからある意味小さい時からの英才教育を受けているようなものです。

親御さんの経営哲学を傍で感じながら育っているので感覚が違うはずです。

おまけに資本のバックアップが既に出来上がっているので言う事なしですねぇ…う~ん、羨まし過ぎることです。


先述の“業務独占資格”について追記をしておきますが、これは特定の業務に際して特定の資格を取得しているもののみが従事可能で、資格がなければその業務を行うことが禁止されている資格のことを指しています。

つまり、その資格がなければその仕事が出来ないってやつですね。

これに似たものに“名称独占資格”というのがありますが、これは国家資格において有資格者だけがその名称を用いることができるとした法的規制のことを指しています。調理師も名称独占資格になります。

まぁ、早い話がこちらは名称を保護する為のものなので別にそれがなくても業務に従事することはできるってことです(※ちぃとややこしいですが、業務独占資格の場合は、業務独占資格に加えて名称独占資格にも含まれます)。

板前の多くは調理師免許を持っていない人も多いですが、調理師免許をもっていないからといって必ずしも調理師よりは格下かと言えばそんなことはありません。

“名称独占資格”はあくまでも国家資格の「名称を保護するためのもの」というだけで、板前やコックなど調理に従事しているものを一般的にそう呼ぶことに加えて、調理師の場合はその国家資格を有しているという名称を保護するために板前やコックなどの所謂俗称とは別に名称があるってことですね。


う~ん、そんなややこしい話は良いんですがもうすぐ蒸し暑い熊本の夏がやってきてしまいます。。

私としては、今年はロゼスパークリングが気分です!

というわけで、世界史をかじったことがある人はイタリア・ルネッサンスの話で一度は聞いたことがある「メディチ家」のロゼスパークリングを1ケース仕入れます!!

もともと「メディチ」は薬の意味であり先祖は薬学者ではないかとささやかれているメディチ家はルネッサンス期では有名な銀行家でありました。

その後の歴史では子孫がトスカーナ大公国の大公になるなで、多方面で特筆すべき有名人を輩出しております。

その「メディチ家」の末裔が作ったスパークリングワインのロゼは、きっと暑い暑い夏を優雅に過ごすお供に最適だと思われます☆


そして…お店に置き場がないので事務所にストックを貯めていっておりますが白・赤・スパークリングワイン共に新商品も入荷中です。

IMG_3468.jpg

白ワイン、MARINA ALTA(マリーナ・アルタ)
IMG_3463.jpg

世界各国から高い評価と賞賛を受けているマスカット・オブ・アレキサンドリアという品種を使ったスペイン産の白ワイン!

とにかくその優雅な香りはスペイン宮廷の晩餐会で使われるのも納得の1本です!


赤ワイン、Alcanta(アルカンタ・セミドルチェ)
IMG_3464.jpg

こちらは少し甘めの赤ワイン。

こちらもスペイン産ですが、完熟した糖度も充分なモナストレルという黒葡萄を100%使用した濃厚な味と香りの赤ワインです。

赤ワインでは珍しい甘めの赤、食事中は勿論のこと、食後のデザート代わりの1杯にも最適です!


スパークリング、Savia Viva Brut(サヴィア・ヴィーヴァ・ブリュ)
IMG_3467.jpg

Brutなので辛口のスパークリングワインです。

スペイン産のスパークリングワインのことを通称“CAVA(カヴァ)”と呼びますが、そんなカヴァの中でも非常に希少で珍しい有機栽培の葡萄のみを使用したカヴァなんです。

なんと1790年代(!)から有機栽培で葡萄の栽培を始めて、200年後の2004年に有機ワインの証明を取得したという…何とも気が遠くなるような歳月をかけて有機栽培ワインに取り組んできた生産者一門のカヴァなのです。。

フレッシュで透明感のあるライムの香りは、まさに暑い夏にピッタリ!


白、赤、スパークリング共に店内の在庫状況によって他の銘柄になることもありますが(事前にご指定いただければ事務所倉庫から店内へ移送しておきます!)、通常の他のワインと同じくどれも…

・グラスワイン1杯   700円
・ボトルワイン1本 4,400円

にてご提供させていただきます\(^o^)/

これで暑い夏もどんと来い!です~


※本日は通常午後3時から営業のところ「いちのいち通り」の臨時総会が入る為、午後4時半より営業とさせていただきますm(_ _)m

☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月の店休日は、7日(水曜)、14日(水曜)、20日(火曜)、21日(水曜)、26日(月曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

「福小町」と「秋田杜氏」再入荷&自家製ベーコンの仕込み

九州では1箇所でしか取り扱いのない日本酒があります。

ナショナル物産の『福小町(ふくこまち)』と『秋田杜氏(あきたもりし)』です。

去年から使わせていただいている日本酒ですが、この度再入荷いたしました(^^v)

(以前のブログにも載せておりますが、福小町はコチラ→http://onnoji.blog78.fc2.com/blog-entry-17.html

(ナショナル物産傘下の「木村酒造」のHP(PC向け)はコチラです→http://www.fukukomachi.com/

とても歴史のある酒蔵のお酒なのですが、全国的にまだあまり知られていないのが勿体無いほど美味しいんです!

日本酒は辛口だというお客様には間違いなくおすすめできます☆

普段は飽きないように同じものは2回までと決めている店主ですが、『秋田杜氏』に関しては既に4度目のリピートだったりします(^^)

それ位、おすすめの日本酒です~


さてさて!

前回の予告通り昨日は自家製ベーコンの仕込みに入りました。

自家製のハーブミックスを作り…国産の豚バラ肉にすりこみます。

IMG_0260.jpg

塩は、ミシュランガイド3つ星シェフが使用していることでお馴染みのフランス西海岸ブルターニュ地方原産の“ゲランドの塩”です。

9世紀以来、ほとんど機械を使用せずパリュディエ(塩職人)の手によって生産されてきた“ゲランドの塩”の特徴は塩化ナトリウム以外のミネラルの内、特にマグネシウムが豊富なことです!

少し話は飛びますが、大体日本の場合は味覚を5つに分けていますね。

・甘味(かんみ)

・塩味(えんみ)

・苦味(にがみ)

・酸味(さんみ)

・旨味(うまみ)

調理師専門学校でも習うような内容ですので、食に興味のある方であればきっとご存知の話でしょう。

東京の焼鳥屋さんなんかでは特にミネラルに注目をし塩選びをしているところも多いのですが、マグネシウムが豊富な塩の味は“旨味のある苦味”が特徴なのです。

ベーコンは最終段階で燻煙(くんえん;いぶす作業のこと)にかけます。

煙で燻すということは、つまり任意のチップの香りと共に旨味のある苦味もつくことになります。

ですので塩茹でして最後に塩を振る枝豆と同じ様に、旨味のある苦味を先につけておくことで“味の道”を作っておくのと同じ感じですね(^^)

そんなこんなで雑菌が入らないようにコチラを真空パックにかけて…

IMG_0263.jpg

数日の間、ゴロゴロひっくり返しながら冷蔵庫で寝かせたら塩漬けの作業が完成します-☆

楽しみだなぁ~


カウンターの花も、新しくしました。

IMG_0252.jpg

薄紫が梅雨のこの時期に爽やかですネ(^ヮ^)

PS.今年もハモを出し始めました、店主激プッシュの梅肉醤油と共に是非一度お召し上がり下さい!


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月の店休日は、7日(水曜)、14日(水曜)、20日(火曜)、21日(水曜)、25日(日曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

牛タンの溶岩焼き、アンチョビソース

毎日暑い~。

生ビールが本気で美味しい季節になってきました!

真夏はジョッキで飲むビール、真冬は瓶ビールが何となく気分です。


さてさて、牛タンをメニューに入れようと思い仕入れてみました。

IMG_0140.jpg

ちょっとエグイですが(^^;)こうやって真空の状態でやってきます。

これを下処理…

IMG_0141.jpg

こういう下処理の作業を料理屋とかレストランの厨房では「掃除をする」と言いますね(^^)

IMG_0143_20100702174407.jpg

硬い皮をはいで、それから筋を除いたら下処理完了です。


これを薄くスライスしてご提供しているのが牛タンですね。

今では全国で有名になりましたが、昔は仙台で珍味扱いだったとか!?

今回の牛タンは溶岩で出来た溶岩プレートで焼く、溶岩焼きで。

アンチョビソースを添えますので、そちらでお召し上がり下さいね☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月1日の夜9時~放送の『カミングアウトバラエティー 秘密のケンミンSHOW』にて
当店「おんの字」が放送されます!!!


7月の店休日は、7日(水曜)、14日(水曜)、20日(火曜)、21日(水曜)、25日(日曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

おんの字ライター第3弾です!!

昨今、飲み屋さんでも見かけなくなってきたオリジナルライターですが早くも当店では第3弾に!?


いやぁ…今回は思い切ってライターの仕様を大幅に変更しました(^^)

現物が来るまでどうかなぁと思っていましたが、これがなかなか賛否両論(笑)


ギラッギラしております。。

IMG_0226.jpg


今回も300本作ってみましたが、そのうち50本はバー「八点鐘」さんに、それから50本は「Bar;colon」さんに宣伝用で預けて有ります!


ちょっと…思い切りすぎたかな(^^;)

金運がアップしそうなゴールドのライターです(笑)


タバコ用だけに、素材は勿論20金(20禁)!!

無料で差し上げておりますので、ご来店の際はどうぞお声掛け下さい。

※勿論、金で出来ているわけはありませんw


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

7月1日の夜9時~放送の『カミングアウトバラエティー 秘密のケンミンSHOW』にて
当店「おんの字」が放送されます!!!


6月の店休日は、1日(火曜)、7日(月曜)、14日(月曜)、22日(火曜)、23日(水曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

幻のロゼ、カレラ・ロゼ入荷!!

本日、2度目の更新です!

それもこれも、今日のブログを更新した直後にあるワインが届いたからです!!


ロマネ・コンティって聞いたことありますか??

そうです…あのワインバカからすれば喉から手が出るほど欲しいワイン(ワインなんてどうでもいい人から見れば何で1本100万円もするのか理解不能なワイン)の事です。


以前専門学校時代に付き合ったことのある元ブクロのキャバ嬢はお客さんとポンポン飲んでいたそうですが(羨)

私は当然ロマネ・コンティなんて飲んだことありません(ーー;)


そんな一般庶民の私達にも飲めるロマネ・コンティがあるのです!!

その名も…

米カリフォルニアのロマネ・コンティこと『カレラ』です☆


この『カレラ』にも勿論いくつか種類がありまして、それでもやっぱり輸入元の小売価格で1万円以上はします。

ところがです。

出たんです、うちでも出せる値段の『カレラ』が!


『カレラ ヴァン・グリ・オブ・ピノノワール 2009』
IMG_0123.jpg

しかしこのロゼ、葡萄の出来が良い年だけに造られる非常に生産数の少ないワインでございまして…カレラで人気のジェンセン(葡萄の畑の名前)というボトルに比べると生産数は4分の1以下と言います。

過去に作られたのは2002年、2004年、2005年、2006年で、今回仕入れたものが2009年産です!

思い出せば去年はフランスの葡萄も出来が良く、ボジョレーもボジョレーの域を超えた非常に素晴らしいものでした…。

そんな2009年のピノノワール100%のロゼワイン!
IMG_0124.jpg

3本限定での入荷です。

気になる価格は、1本8,000円でご提供します☆

既に1本は予約で売り切れておりますので、残り2本も時間の問題かと…(^^;)

IMG_0126.jpg

ブロンズがかったオレンジから、薄い紅色。


裏のラベルにはこう書いてあります…

“This is a delightful, European-style dry Rose, made of 100% Pinot Noir. The wine is light colored, fruity, crisp and flavorful. It's spunky and fun, just right for barbeques, picnics and warm weather events.

The Pinot Noir grapes for this Vin Gris are sourced from the following vineyards in California's Central Coast:

San Ysidro Vineyard Santa Clara County 86%
Doctor's Vineyard Monterey County 7%
Laetitia Vineyard San Luis Obispo County 7%”

前半はワインの説明や合う料理で、後半は収穫した土地の紹介ですね。

内容は、「欧州風の100%ピノ・ノワールのドライロゼ。明るい色目でフルーティーな心地よいフレーバー。魅惑的でBBQ、ピクニックや暑い野外イベントにも最適」みたいなことが書いてあります。

IMG_0128.jpg

う~ん、角度や光でも美しさが冴えますね!

百聞は一見にしかず。

この機会に、是非どうぞ(^^)


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

6月の店休日は、1日(火曜)、7日(月曜)、14日(月曜)、22日(火曜)、23日(水曜)の予定です。

↓ブログ拍手にご協力下さい\(^o^)/↓

カルーアのチョコレート

いやぁ…本当に毎日があっという間に過ぎて行きます。

そしてここ数日は帰宅して就寝するのが午前4時過ぎです。

お酒は相変わらず控えていますが、洗剤の手荒れがなかなかしつこいです。

昨夜なんて、お客様からスナックに連れていかれましたが結局ウーロン茶しか飲みませんでした(爆)。


そして、嬉しかったのが…

昨日は常連のお客様から1ヶ月遅れのバースデープレゼントを頂戴しました(^^)

IMG_3551.jpg

とっても素敵な水色のブリザードフラワーです!!

う~ん、ピントのぼかし具合が絵になります。

↓花にピントを合わせた写真はコチラ↓

IMG_3552.jpg

頂いたお客様同様にあまりにも美しいので、お店よりも自宅の玄関に飾りたいくらいです☆

いやぁ…大変結構なものを頂戴しました(^^)本当にありがとうございます!!


今日は営業中にまだ少し乾燥しかけでしたが即席のお茶っ葉でスモークサーモンを出してみました。

普通はスモークチップで燻煙にかけるのが普通なのですが、家庭などで燻煙材がない場合等はお茶の葉を代わりに使います。

スモークチップはバーナー等で直接火をつけるのではなくて、チップ材を入れた金属製の器を下から熱して発火させてやります。

初めて作った割には塩気も悪くないようでしたので、当面は今のレシピで作ってみようかなぁと思っているところ。

スモークサーモンは冷燻なので、燻煙の作業も2日以上はかかるでしょうねぇ。

そしてこちらは、ビーフジャーキーを調味液からあげたところです。

IMG_3549.jpg

食肉中のたんぱく質が変性して、あめ色というか黄金色というか…半透明になってきれいですね(^^)

これから2日程乾燥にかけて、それから燻煙をかけて完成となります☆

作業自体は簡単なんですが、燻製作りって本当に時間がかかりますねぇ。


さてさて。

先月は極秘(?)でかのブランデー・レミーマルタンを使用したチョコレートを仕入れておりました。

終売になってしまったのか次回の入荷が未定なのですが、代わりにお酒の入門編としてあまりにもポピュラーなコーヒーリキュールである、カルーアを使用したチョコレートを仕入れてみましたよ☆

IMG_3547.jpg


前回のレミーボンボンもそうですが、こちらもメニューには載せておりません。

タイミングを見計らって出せる時には出そうと思っているのですが、ブログを見たという一言でお出しします☆

数はそんなにありませんが、なかなか素敵なチョコレートですのでワインやウイスキーをお飲みになる方には特におすすめします。


次なるステップを目指して簿記の勉強や宅建の勉強を始めようと思っているのですがなかなか時間が足りません。。

今日仕事をしたら明日はお休みなので本を買いに行ったり少しずつステップアップに向けた準備をしたいです。

今日はあと6時間したら当店のご常連客の方達が引越しを検討されているそうで、私が住んでいるマンションを見に来るそうです。

うちの管理人さんと一緒に案内することになってしまったので、そろそろ寝なきゃですね…☆

今週の日曜日は街中賑わうといいなぁ。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

6月の店休日は、1日(火曜)、7日(月曜)、14日(月曜)、22日(火曜)、23日(水曜)の予定です。

『手取川 吉田蔵』の入荷です

こんにちは☆

スモークサーモンの仕込み中です(^^)

調味液に24時間漬けて、これからオリーヴ油を塗って乾燥の状態です。

IMG_3541.jpg


ついでに、ビーフジャージーの仕込みの写真も☆

IMG_3542.jpg

半冷凍にした赤身肉をこれから薄く削ぎ切って調味液に漬けるところですね。


さてさて…

↓サーモンをだいたい6時間冷蔵庫で乾燥させた状態です↓

IMG_3543.jpg

少し照りが出ています。


そして…

↓だいたい20時間乾燥させるとこんな感じになります↓

IMG_3545.jpg

水分が抜けてきて、表面の光沢が弱くなってきていますね(^^)

香りもスモークサーモンに近くなってきています☆

これをあと10時間乾燥させたら、次はコレを冷燻(れいくん)にかけていく予定です。


一般的に燻製という作業は、簡単にまとめると次の3つになります。

・塩水などの液に漬ける

・乾燥を行う

・燻煙をかける


燻製は、もともと食材を燻煙(くんえん)にかけることによって保存性を高めることが目的でした。

現在では、保存技術の向上によってどちらかと言えば燻製はその独特な香りを楽しむことが主流となってきています。

食材は、温度、水分、栄養の3つの要素によって雑菌が繁殖します。

普通食品には栄養がありますので、温度を管理するか(例えば冷凍食品)、水分を管理するか(例えば干物や塩漬け)すると保存性が高まります。

食品保存の水分の考え方は、専門的には水分活性(すいぶんかっせい;awとも言う)の管理であり、水分活性とは食品中の自由水の割合のことをあらわしております。

詳しい話になってしまいますが、食品中には炭水化物やタンパク質等と結合した「結合水」と呼ばれるものと、移動が容易な「自由水」というものが存在しています。

微生物は、この「自由水」が適量以上あると繁殖しやすい環境が整うので、逆に自由水を減らしてやれば雑菌等の微生物の繁殖を抑えることも出来ます。

塩水につけるのも、乾燥させるのも自由水の割合を減らす行程ですね。

そして燻煙という作業は香りの良い木材等を高音に熱し、その時に出る煙を食材に当てて香りをうつすのと同時に煙の中にある殺菌・防腐成分を食材に浸透させる効果があります。

まぁ…以上が燻製作りの簡単な概要です。


さてさて、タイトルの通り新しく純米酒を入荷しました☆

IMG_3544.jpg

右は以前のブログでもご紹介した「北翔」の再入荷、そして左が今回初めて取り扱う石川県は吉田酒造店の「手取側 吉田蔵」という日本酒です。

同蔵元にはお二人の杜氏(もりし)がいらっしゃいますが今回仕入れた純米酒は前社長のご子息である吉田行成氏が醸し出すお酒です。

スキヤキなんかが合いそうな日本酒ですよ。

そう!

当店には馬スキヤキがありますもの(^^)v

是非是非、お試し下さい☆


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

6月の店休日は、1日(火曜)、7日(月曜)、14日(月曜)、22日(火曜)、23日(水曜)の予定です。

純米酒『北翔(ほくしょう)』入荷です☆

こんにちは!

熊本は随分と暑い日が続くようになりました。

買出しの車内の温度計では30度近くを記録することも…!?

暑い日はビールに限りますね(^^)

でも、最近頼んだ代行さんが言うには若者のお酒離れが進んでいるとかいないとか。。

お酒を飲まない、車を持たない、給料は生活できる分だけあればそれ以上を望まない、中間管理職が一番人気…

あらら…

なんか大丈夫か!?と思ってしまいます。。

少子高齢化が進むのは自然な流れとしても、先の代行さんの弁を借りるとするならば

“子供が少ない上におまけに野望の無い若造ばっかりじゃ、質が悪い上に選択枝の無い飲食店と同じ”

(※あくまでも代行さん個人の意見です、そうじゃない人がたくさんいることを切に望みます!!!)

…だそうです。。

料亭や割烹の最近のボウズ(板前の卵)も、ちょっと忙しいとすぐに蒸発するらしいですし、すると何ですか?

最近の若造は暇な店で修行したいんでしょうか(ーー;)

私はもともとアパレルの人間ですから板前とはちょっと事情が違いますが、昔の板前なんて1日に20時間近く働かされた上に給料は10万円あるかないとかの世界だったと聞きます。

今じゃたいした仕事も出来ない結果も残せない学歴も職歴もないボウズが下手すりゃいっぱしの大卒と同じ位の給料をもらうくせに、手じゃなくて口ばっかり動かしてしまいにゃ勝手に蒸発するとか聞かされるとちょっと心配になってしまいます。。

楽な仕事なんてあるはずありません。

楽して金儲けなんてしてもちっとも身にはつきません。

若い頃の苦労は買ってでもしろ、と言います。

私が言いたいのは、せっかく時間的にも自由でガッツもあって肉体的にも精神的にもみなぎっているはずの10代後半~20代前半の時期に自ら進んで仕事のやりがいを見つけられないということは非常に勿体ないことだということです。

私が勤めた最初の会社で言われた事があります。

「会社に行って、与えられた仕事を満足にこなして、それで充分だと思うな。そんなのはあくまでも当たり前過ぎるくらい基本中の基本だ。与えられる前に仕事を見つけ、自分ではなくクライアントを満足させて、上司を納得させる結果を残してやっと仕事が出来たと思え。それが出来ないのに給料をもらうのは恥だと思え。」

今じゃあこんなこと言う人は少ないかもしれませんが、身が引き締まった思いをしたのを今でも覚えています。

逆にそんな程度じゃ甘っちょろ過ぎて話にならないという方もいらっしゃるかもしれません。

要は、そこでどう思うかが本人の仕事に対する姿勢なのだということです。

仕事に対して真摯な姿勢を持った人は、必ず成長し周りから認められます。

会社というものは大きかれ小さかれ皆が本来同じ目標に向かって努力していくものです。

その過程でどういう道順をたどり、どういった戦略で結果に結びつけていくのかが個性なんだと思ってます。

私もまだまだですが、たくさんの失敗が許される若い時期にたくさんの失敗をし、たくさん考えてたくさん経験を積んで成長の糧に出来るような若い人がたくさんたくさん増えてくれることを祈ってます。


わ~。。

前置きが長くなりました(汗)


タイトルの通り、純米酒の『北翔(ほくしょう)』が入荷いたしました☆

当店では初めて取り扱うことになった日本酒です。

新潟県村上市の大洋酒造株式会社さんの純米酒です。

その味わいは、“米の旨味を引き出しつつも純米酒特有の味のおもみは感じさせない、まろやかで旨味がありやさしい越後美人のような酒”と評されるように非常に清く滑らかです。

こんな素敵なお酒を醸す杜氏の皆さんも、たくさん苦労しながら職人になったんでしょうねぇ…。

そんな事考える晩春の夜長でした。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

5月の店休日は、6日(木曜)、10日(月曜)、17日(月曜)~19日(水曜)、27日(木曜)です。

ザ・マッカラン10年、とび六、蝉入荷です

こんにちは!

先日、お客様からシンプルで洒落たバーに連れて行っていただきました。

藤崎宮方面にあるビルの3階なのですが、名前失念…。

ちょうどこの日初めていらっしゃった女性のお客様方と皆で5人です。

IMG_3344.jpg

野菜のディップ、豆腐をベースにしたディップがついてきました。

IMG_3346.jpg

和牛の味噌漬け、甘めの仕上がりです。

IMG_3347.jpg

牛モツのアラビアータ風、アラビアータは唐辛子をきかせたトマトソースの事。牛モツはトリッパではありませんでしたが優しい味付け。

連れて行っていただいたお客様と色々話が出来てとってもとっても楽しく有意義な時間でした(^^)


さてさて…

IMG_3343.jpg

今日はお酒が3本入荷ですよ!

左から出羽桜の微発泡にごり生酒の『とび六』です。

去年、山形の出羽桜からは試作品として微発泡日本酒が出ておりましたが今回は“おり”を絡ませてにごり仕様です!

そして、我らが熊本からは通潤の古酒『蝉(せみ)』で御座います!

矢部産の契約栽培米(山田錦、レイホウ)を精米歩合50%まで磨き上げ、柔らかな口当たりの辛口に仕上げた「蝉」です。

発売元サイトにはこう書かれています…

“春、山あいの小さな棚田で生まれました。

夏、里山からしみ出てくる清水をいっぱいにすい、蜩の声を聞きながら秋の実りを迎えます。

冬、雪の中を杜氏の手で純米吟醸酒に生まれ変わりました。

それから一年、酒蔵でつくつく法師を子守唄に豊かな味わいの古酒に成長しました。

山里の四季を経て、ようやく「蝉」は皆様の前で鳴き始めます。”

発売以来大好評の純米吟醸酒です、おすすめ!

そして、最後はスコッチのロールスロイスの別名を持つ『ザ・マッカラン』の10年です。

当店ではマッカランが発売するメイプルリキュール『AMBER』もおいてあります(メニューには載せてません、ブログの読者様だけ限定です)。

マッカランと言えば、マーマレードも出してましたが過去に一度味見したようなしてないような???

とにかくスコッチウイスキーの中でも別格の味わいです。

個人的には贅沢にコーラで割るのもオススメです(^^;)


おまけ↓

手前の2つは、ドライフルーツのいちじくと世界3大ブルーチーズで知られるイギリスのスティルトンです。

現在のチーズ盛り合わせに使っていますよ、ワインをご所望の方に是非おすすめです☆

ところで…寝る前にチーズを食べると奇妙な夢を見るという話、ご存知ですか??

2005年にイギリスで被験者200人を対象に1週間の検査が行われました。

寝る前30分以内にそれぞれ20gのスティルトンを食べた被験者の過半数が奇怪で鮮明な夢を見たということです。

今度、やってみようかな??

ちなみに、スティルトンをチェダーチーズに変えて実験したところ被験者の約3割が有名人の夢を、レッドチェダーを食べた被験者の約6割は子供の頃の夢を見たそうです。

ふ~む、不思議ですねぇ。


☆当店は、月替わりで全国各地の郷土料理を紹介する和食居酒屋です。
美味しい生ビールからワイン各種、季節の和食、居酒屋メニューもたくさんあります。
また、アンチエイジングをテーマにした料理を開発&提供中です。
早い時間からゆっくり飲食を楽しんで頂けるよう、午後3時より深夜まで営業しております。

4月の店休日は、5日(月曜)、11日(日曜)、21日(水曜)、22日(木曜)、29日(木曜)です。
プロフィール

初代 of おんの字             (1981年生)

Author:初代 of おんの字             (1981年生)
Address:熊本市手取本町2-7
       和光ビル2F
Tel:096-352-2002

平成21年、熊本市中心部の大劇ビル傍『いちのいち通り三番街』にオープンした和食居酒屋「おんの字」です!月替わり全国各地の郷土料理、王道和食を中心に幅広く職人和食を提供しています。こだわりの生ビール・焼酎・地酒・ノンアルコールカクテル~ワインまで!水曜定休、営業時間につきましてはお電話でのご相談により従来通り15時から開店する事も可能です!宜しくお願いします!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。